大阪府産業デザインセンター

表示中のカテゴリー : BMB勉強会    ※欄外のカテゴリブロックにて別のカテゴリの記事もしくは「すべて」を選べます。

大阪府産業デザインセンター

  • 投稿者:  
  • 表示回数 434

大阪府産業デザインセンター

BMBを運営する当センターは、中小企業の皆様の商品開発や経営の高度化をデザイン面からサポートする大阪府商工労働部の産業支援機関です。産業界向けのデザイン相談や指導、セミナーの開催、研究・開発促進、情報発信等を行っています。

OIDCメールマガジン登録
大阪府咲洲庁舎


商品開発やデザインに関してお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

大阪府産業デザインセンター

〒559-8555
大阪市住之江区南港北1-14-16  咲洲庁舎25階
TEL: 06-6210-9491 FAX: 06-6210-9505
E-mail:info@oidc.jp

ORIST技術交流セミナー・ビジネスマッチングブログ第48回勉強会報告

「AIを活用した故障対策の初歩」-MATLABを利用した異常検地・故障予測・原因解析のご紹介-

去る7月20日、製造現場でのAI活用を模索されている方に対して、大阪産業技術研究所によるAI研究事例の紹介、並びに、AI等の数値解析ツールで定評のある、マスワークス合同会社の「MATLAB」を使った異常検知と予知保全の方法を紹介しました。
当日は、オンライン開催でしたが、参加者52名+9名(講演者、事務局含む)と盛況で、AI活用・導入に対する関心の高さが窺えました。

アンケート結果(26名)
・web形式でのセミナーについて:良かった92%

  • これまでも他の主催者でセミナーを受けてきましたが、組織の作り方や、発注の仕方、ベンダーとのやり取りで気を付けるべき点などの説明が多く、ここまで技術的な点まで踏み込んだ説明がなかったため、非常に参考になった。特にMATLABの細かい機能まで説明してもらえて非常に良かった。
  • 弊社は産技研に近いですが、遠隔地からの聴講であっても移動時間も不要なので、時間の有効活用になると思います。

・今回のセミナーで何か得るものがありましたか:あった100%

  • MatLabやMathworksといったツールの特徴がよくわかった。また、事例も具体的でどのようなことを行なうべきであるかわかりやすかった。
  • 破面解析についてのORIST様の取り組み概要が分かりました。

【 パート1 】
「圧力ゲージを対象とした異常検知までの事例紹介」 30分
大阪産業技術研究所:喜多 俊輔 氏 , 朴 忠植 氏

AIの知識を深めたり活用を考えたい方が、知りたくても世の中になかなか情報が上がってこない、AIを導入していく際の背後にある苦労する部分、失敗が起こりそうな部分について焦点を当て、一つの事例として紹介します。
今回の事例では、ガスボンベの残量を表示する圧力ゲージを例に取り、自動で異常を検知する仕組みを考え、その問題点を検証しました。

以下のようなステップにより、AIを利用したシステム運用を考えました。
1.モニタリングシステムの構築 → データ収集に利用
2.画像処理手法と学習モデルの構築 → 撮影された画像(圧力ゲージの針)から数値データを取得
3.時系列データからの異常検知判断
圧力ゲージを対象としたAI利用による異常検知までの事例紹介

ORIST技術セミナー・ビジネスマッチングブログ(BMB)第48回勉強会のご案内

ORIST技術セミナーBMB第48回勉強会

昨日「大阪府新型コロナウイルス対策本部」より、新型コロナウイルスの感染の影響を考慮し、「大阪府主催のイベントや集会を当面、1か月間(3月20日まで)は、開催中止又は延期する。」との方針が発表されましたので、本イベントの開催を中止(延期)させていただきます。

なお、本イベントは、新型コロナウイルス感染の終息が確認されましたら、再度開催を予定しておりますので、ご了承いただきますよう、よろしくお願いします。    BMB事務局

ORIST技術セミナーBMB第47回勉強会開催報告

報告が遅くなりましたが、去る11月19日(火)、グランフロント大阪 さくらインターネット株式会社様にセミナールームをお借りして実施したORIST技術セミナーBMB第47回勉強会。
非常にマニアックなテーマでしたが、熱心な23名の参加がありました。

ORIST技術セミナーBMB第47回勉強会

ORIST技術セミナー・ビジネスマッチングブログ(BMB)第47回勉強会

ORIST技術セミナー・ビジネスマッチングブログ(BMB)第47回勉強会

ORIST技術セミナー・ビジネスマッチングブログ(BMB)第47回勉強会
Webサービスを止めずに継続開発するためのソフトウェア技術
〜コンテナ化・テスト自動化・分散型バージョン管理〜

ORIST技術セミナー・ビジネスマッチングブログ(BMB)第46回勉強会(報告)

去る9月17日(火)、マイドーム大阪4階セミナー室にて「ORIST技術セミナーBMB第46回勉強会」が盛況に開催されました。
テーマは、「AI・IoTに関する契約実務の最前線と知財戦略」~AI技術とIoT技術を契約と知財で守るための戦略とは~

内田 誠弁護士・弁理士(iCraft法律事務所)によるAI・IoTに特化した知財セミナーは、かなり専門的な内容でしたが、40名の定員を上回る参加となり、企業の知財担当者の関心を十二分に満足させる内容でした。

内田 誠弁護士・弁理士(iCraft法律事務所)

ORIST技術セミナー・ビジネスマッチングブログ(BMB)第45回勉強会(報告)

大阪府産業デザインセンター、(地独)大阪産業技術研究所は、令和元年8月6日(火)マイドームおおさか 4階 研修室にて ORIST技術セミナー・ビジネスマッチングブログ(BMB)第45回勉強会を行いました。

今回の勉強会はキッズデザイン協議会との共催により、「こどもOS発想法」を学ぶワークショップを行いました。

当日は、キッズデザイン協議会の会員企業や大阪の中小企業、関西の大学生など、18名の方にお集まりいただき、こどもOSランゲージ、および、こどもOS発想法の講座の後、コクヨさんご提供によるテーマ(理想のワーク環境)で、和気あいあいとグループワークを行いました。

こどもOS発想法「理想のワーク環境」