大阪府産業デザインセンター

表示中のカテゴリー : 産業デザインセンターお知らせ    ※欄外のカテゴリブロックにて別のカテゴリの記事もしくは「すべて」を選べます。

大阪府産業デザインセンター

  • 投稿者:  
  • 表示回数 613
大阪府産業デザインセンター

BMBを運営する大阪府産業デザインセンターは、中小企業の皆様の商品開発や経営の高度化をデザイン面からサポートする大阪府商工労働部の産業支援機関です。産業界向けのデザイン相談や指導、セミナーの開催、研究・開発促進、情報発信等を行っています。

OIDCメールマガジン登録
大阪府咲洲庁舎


商品開発やデザインに関してお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

大阪府産業デザインセンター

〒559-8555
大阪市住之江区南港北1-14-16  咲洲庁舎25階
TEL: 06-6210-9491 FAX: 06-6210-9505
E-mail:info@oidc.jp

中小企業のデザイン経営Vol.2 【中尾食品工業編】

本動画は、ものづくり中小企業がデザインを活用して自社の強みを活かしたオリジナル商品を企画開発し、企業のブランド力やイノベーション力を高めていくための方策を紹介するものです。

当センターが監修・発行する新商品開発マニュアル「中小企業デザイン開発思考」の11の商品開発プロセスに沿って「中小企業のデザイン経営」を学ぶ内容となっています。

今回は、新商品開発の具体的な実践事例として、堺の中尾食品工業株式会社が開発したプロテイン配合のこんにゃく麺「SHAPE MEN」を取り上げ、その開発プロセスを、中尾食品工業の中尾友彦社長、および、セメントプロデュースデザインの金谷勉代表へのインタビュー形式で紹介しています。

「デザイン総合相談」の産学連携から新たな化粧品容器が生まれました!

大阪府産業デザインセンターでは、府内中小企業のデザイン活用高度化に向けて「デザイン総合相談」を実施しております。

この度、当センターの「デザイン総合相談」を契機に、オッペン化粧品株式会社様と大阪市立デザイン教育研究所様の産学連携から新たな化粧品容器が生まれ、2月1日に販売に至りました。

学生の新しい発想によるデザインが、化粧品容器開発につながった産学連携の好事例として、開発経緯に関する報告会を3月9日(水)、大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)50階 迎賓会議室にて開催しました。

「デザイン総合相談」の産学連携から新たな化粧品容器が生まれました!