デザイン活用支援 oidc(旧大阪府産業デザインセンター)

表示中のカテゴリー : 大阪大学からのお知らせ    ※欄外のカテゴリブロックにて別のカテゴリの記事もしくは「すべて」を選べます。

デザイン活用支援(oidc)

  • 投稿者:  
  • 表示回数 1,047
デザイン活用支援(oidc)

BMBは、公益財団法人大阪産業局が無償で提供する、中小企業および小規模事業者のための情報発信サイトです。(平成20年度より運用開始)

BMBは、BtoBビジネスに携わる経営者自らが書き込めるブログや各種SNSリンク機能等を有し、自社商品やサービス、強みなどを発信することで、企業の信頼性を高め、問合せや販売促進等につながる動きを促進します。

投稿数を増やすことで、google等による検索結果の上位に表示される確率が高まり、自社ホームページへの誘導などが見込めます。
また、会員内外の交流や最先端技術等の理解促進のため、勉強会(セミナー)を大阪技術研との共催により開催しています。
 

公益財団法人大阪産業局
企業支援事業部 経営支援チーム
デザイン活用支援担当/川本
E-mail:bmb@oidc.jp

コンシリエンスデザイン看医工学による「深紫外線殺菌装置」の発表 ご案内

コンシリエンスデザイン看医工学による「深紫外線殺菌装置」の発表
コンシリエンスデザイン看医工学による「深紫外線殺菌装置」の発表

●日 時:7月28日(木) 14:30~15:30
●場 所:大阪大学 吹田キャンパス 銀杏会館3階 会議室B(大阪府吹田市山田丘2-2)
●内 容:記者発表会
●発表者:川崎和男(プロジェクトリーダー)・澤芳樹・河田聡

◆概要
この度、コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座では、研究開発を進めてまいりました、「深紫外線を用いた殺菌装置」の製品化開発に成功しました。これまでも深紫外線が強い殺菌効果を持つことはよく知られていました。

大阪大学フォトニクスセンターでは、その人体への実用化を目指し、滅菌・殺菌の生体への影響について研究を実施してまいりました。ここに製品化の目処をつけ、商品化発表をいたします。

「コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座」では「完全無菌・抗体保健」をテーマとしており、従来の医工連携では全く不可能であった製品化・商品展開に対し、デザインを中軸とした「デザイン・看護学・保健学・医学・工学の連携」による研究開発を目標・目的としています。

◆詳細
下記URLからPDFをダウンロードしてご覧下さい。
http://www.kazuokawasaki.jp/press/shosai.pdf

◆お問い合わせ
大阪大学大学院医学系研究科コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座
担当:舩山俊克 <特任助教・博士(工学)>
e-mail:funayama@sahs.med.osaka-u.ac.jp