明晃印刷株式会社

明晃印刷株式会社

明晃印刷株式会社

昭和初期から創業の弊社は大型の活版印刷機械を設置している珍しい工場です

現在は色々なデザイナー様 専門学校の生徒達が工場見学に訪れます

色々なデザイナーズ雑誌等にも取り上げられ全国から注文を受けております

また弊社はNHKの以前全国ドラマ小説の「いも・たこ・なんきん」の舞台にも使用された本当にレトロな建物です

現在は本当に活版印刷というものが見直されたくさんの人たちが活版印刷の魅力について語られるようになりました 

是非一度大阪の人であれば工場まで足をお運びくださいませ

弊社 工場の参考文献
 http://www.opus-design.jp/flip/item_104.html
 http://d.hatena.ne.jp/printing_consultant/20100510
■ http://kengaku.osakazine.net/e263696.html
■ http://tabiazarashi.cocolog-nifty.com/today/2010/05/post-7211.html
■ http://zuko-labo.jugem.jp/?day=20100419

本日は午後から産経新聞の取材です

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,121


本日は午後から産経新聞の方が

工場に来られます

午前中に仕事をとりあえずめどをつけようっと

本当に毎日 毎日 工場見学依頼や

メールにての色々全国各地からの企画 提案事項

大変楽しい毎日を送っています

金曜日は実験活版印刷予定しいています

さてさて 写真を活版印刷で印刷をすると・・・どんな感じになるのかなぁ ワクワク

豊中市に城跡あるんですよ

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,224



不覚でした

城マニアの私が豊中に城跡があるなんて

忘れていました

先週の母校理事会にて先輩の落語家さんから

曽根と言う所に城跡があると・・・・

本日少し午前中なんですが サポって行ってきました

おおっっっ 凄い なかなか良い感じでしたよ

是非一度皆様もご覧ください

大阪府豊中市曾根西町4-4-15です

豊中市が管理しているみたいです

先輩 ありがとうございました!!

 

終わった・・・良かった

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,080


ふぅ・・・終わった 昨日の私のスピーチ

持ち時間は3分間

みんな 先輩方は真剣にこちらを見ている

私の前にしゃべられる人会長さんなんか

本当に場馴れをしたスピーチ

私にはそんな余裕はありません・・・汗

そやそや 最初に少し砕けよ・・・「私はこんな大勢いの先輩の前で

お話がしたことが無いので メモを読ませていただきます」と

なんとかなるもんですね・・・笑


自分にお疲れです

ありがとうございます 感謝感激・・・

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,189


活版で作って良かったと

お客様から感動を頂いた

twitterから知り合った色々なお客様から活版の案件が

毎日メールで入ってくる

商品を親父 おかんで色々と試行錯誤しながら完成させる

お客様に送付して感激のメールを頂いたり ブログに載せていただき

それを見た色々な人たちからたくさんの問い合わせを頂く

本当に素晴らしい環境を与えていただき皆様 感謝です

むっちゃ(大阪弁)うれしいです

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,412
おはようございます

昨日はメールにて活版印刷の印刷を注文頂いた

新潟のイラストレーター様と愛知のデザイナー様に

出来上がった活版の印刷商品を送付いたしました

「うわ・・すごいすごい 活版印刷の名刺 届きました 感動」

というメールを頂き本当に感動しています

本日も14時~工場見学に来られます

昨日は東京のデザイン専門学校から見学の依頼

大阪の学校ではカリキュラムに入れたいと・・・

本当に毎日刻々と色々と面白くなっています

なんで工場見学を積極的にするのか。。

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,108
おはようございます

昨日は大阪の大手専門学校の先生から

お電話を頂きました

「工場見学いいんでしょうか?」 是非おこしくださいと

先生は本当に喜んでおられました 生徒に生の現場を体験できる

と言う事は貴重で今はなかなか工場見学させてくれるところはありませんと・・

私が積極的に工場見学を推奨するのかと言いますと

これは 私の息子 小学生が以前ある工業製品に興味があり

その工場に行ってみたいと言う事で早速行った事があります

子供の興味っていうのは本当に大切だと私は思うんです

自ら欲したものですから・・・

その工場に行った時 すごくショックをうける対応でした

平日は業務に支障がありますから・・・

5人以上でないと対応いたしません・・・

一切道具類に対して手を触れないでください・・・

息子は「もういいゃ・・」と

このことが本当に私の心に残っています

平日・人数制限はともかく・・・少しでも体験できるように道具ぐらいは

触らせてあげたかった・・

こういう事から私は出来るだけ 駄菓子屋の感覚で工場を開放しょうと思いました

よっしゃ やるだけやってみよ

  • 投稿者:  
  • 表示回数 1,965
本日は午後からの打ち合わせ

デザイナー様の案件で写真を活版印刷でという案件

オフセット印刷の場合はできるだけ細かい画素数で

鮮やかに仕上げますが活版の場合は逆です

線画 画素が少し粗い方がベストなんです

版画のような印刷になると思います

私自身が楽しみ 楽しみ

活版印刷の事なら・・・

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,581
はじめまして

活版印刷が少しにぎやかになっています

twitterにてつぶやき出しましたら本当に全国各地の活版ファンから

たくさんの注文をメールで頂いております

弊社は是非一度工場に来てくださいというのをモットーとして

本当に毎日新進気鋭のデザイナー様からデザイン学校の生徒さんまで

たくさんの人が来てくれています

ワイワイとにぎやかに昔ながらの活版印刷を一度ご覧ください

よろしくお願いいたします

愛を振り撒き続ける事






今年も「愛」を届けることができた

僕はこのカードを「愛」だと考えている 「愛」は続けないと意味が無い

色々と意見は言われるけど僕は僕の意志がある

前澤さんみたいにお金を振り撒けないけど僕にはこの「愛」を

振り撒ける事ができる 今年3度目の「愛」も無事に完了した

賛同していただける企業様にも本当に頭が下がる思いである

実は僕はこの歳になって 特に今年は入院するという事態を経験し

生きる・生きているという現実を再確認できる時間を神様から頂いた

大袈裟な言い方も知れないがもう一度命を頂いた感じがする

今この時間 生きているという実感 本当にありがたいと感じる

今回のプレゼントのメッセージの中に闘病中の方も何人かいた

僕はその気持ちも実際体感したのでヒシヒシとわかる

ずっと入院されてる方が今年も僕の「愛」を受け取ることができて

すごくうれしいと言われた 僕も本当に嬉しい

家族の方々が今年も「愛」を心待ちにしていますと言われた

毎年楽しみにしてくれているという 僕はこの歳になり「生きている意味」をいつも考える

若い時のような「欲」はもう段々と無くなってきている

難しい話かもしれないが 自分が生きていて如何に人のなんらか

役に立っているのか 自分が存在を誰かが心待ちにしてくれるのかと

その部分を生きる支えというか 意味や意義を感じている

この世に産まれてこの歳まで生かせて頂いた事の感謝

宗教的な感じでは無いがその部分を心に刻みながら自分のできる限りの「愛」

をもっともっとたくさんの人に対して振り撒き続けようと思う




(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



商品と言わない ひとつひとつが作品だと言う




俺の仕事はすべて商品とはあまり思っていない 

なんか響きが嫌い 商いの品物で商品 それはそれでまっとうなのかもしれないが

なんやろ 響き的に好きやない 昔からずっとそれは言ってきている

俺は作品を作っていると自負している 何を偉そうにとたくさんの反感を頂いてるのも

俺は重々承知しているが 俺は俺であるから別に何を言われようが後指さされようが

別にかまへんかな。 色々な企画を自分で考え自分で実行しそれは俺の責任でもあるし

全部俺に帰ってくること 俺は誰の真似もしたくないし独自で色々と産み出す

だからアホな企画や無茶なことも全然する それって最終俺の撒いた種やし 最終誰にも

迷惑かけてへんしごちゃごちゃ言われてもなんも俺はかまへんで

話を最初に戻すと このアップした可愛いポストカードは実は一本の学校の先生からの電話から

始まった 大阪市立デザイン教育研究所の先生からの一本の電話

どうしても会ってほしい若手の生徒がいるのですがと・・・

あっ全然俺いいですよ 来てくださいと返事 早速来たのは 赤松佐助君という

俺の息子とおない歳 若干20の若者デザイナー 

色々とポートフォリオを拝見させていただき 本当に可愛い繊細な絵をたくさん描いている

これからの子やなって思った ほんで俺になんの頼みやと

その子障害者の施設に自分の描いたポストカードを俺の活版で作って販売をしたいと

え? なんで販売やねんと俺 理由を聞くと簡単であった

版代金や紙代金 印刷技術料 最終製本代金を自分なりに算出したら到底学生の身では

支払えないと ということはさ これすべて俺が゜色々と交渉してまぁ俺の紙や印刷の技術代金は

こんなええ企画に金はいらんし 他の会社とも俺がすべて交渉したる

それでみんなが君の行動に対して協賛してくれたらすべて無料であげたれやと俺

その子もそうなれば 販売する意味も全くなく 障害の子供たちひとりひとりに行き渡るので

本心ですと まかせろ 俺がなんとかしたるから 君のその温かな気持ちをこれからも持ち続け

自分の作品を通して世の中の人ひとりでも笑顔にしてみ それが実はアートのチカラっていうもんやと

俺にまかしとけ



今は環境のせいでよし 悩むな 大丈夫やで





盆が明けてから本当にたくさんの相談がくる

俺も出来る限り経験値から色々とアドバイスしていこうと考えている

そう 俺は一回 死んだ身やし そのことをしっかりと自分に噛みしめながら

生かされたというこの時間を大切に生きていこうと考えている

本当に退院しとてから自分が変わった 考え方がゴロッと一転した

良い意味でこれからの人生は「丁寧」を心がけて生きていこうと考えている

今後自分の人生のテーマは「丁寧」というこの2文字をキッチリと認識していきたい

丁寧に生きるということは一日一日を噛みしめて生きていこうと考えている

そうそう病院のベッドで 俺の病室は重体の方々の8人部屋で俺自身もかなり

苦しい状態ではあったが隣人は今日か明日にでもという感じの人が多かった

そういう病室に一週間近く昼夜を共にするとやはり考え方や自分の今の生きてきた

プロセスを否が応でも考えさせられる時間がたっぷりとある

ずっと寝てる 天井は真っ白 身体は管だらけ 身動きもなかなかできない

おしっこも尿瓶 これは俺にとっては結構屈辱的な感じで苦労した

でも救急車で搬送されて一週間 約24時間×7日 168時間 ずっと寝たままの状態

色々と考えてしまうことも多かった

なので相談にくる子に対しても色々と濃いアドバイスができるようになってきた

色々と今悩んでるけど それは仕方ない事やと思う 環境のせいでええと思っている

こんなにどんより曇った毎日の中でテンションを維持するのは通常の何倍もパワーが

いる だからそんなに今テンションが上がらなくてもそれが普通やと思ってたらええ

まな板の鯉とはよく言うがこんな環境下どーにでもなるわと腹くくった方が強いと思う

バタバタしなくて今は良い 君だけではない 世界の人みんなこんな感じ

他人の芝に怯えなくてもよい 自分は自分時間をキッチリと過ごせばよい

一日くれてまた一日 コツコツと過ごせばその繰り返しで今は良い 

焦ったところで何も始まらないし 何も世の中は変わらない

だから今は心配いらんからデンとしとったらええ 間違ってないから
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



長雨でしたね 本日は少し明るいかな・・




おはようございます

本当に長いと雨がふりましたね

今年は本当に色々と異常続きで・・・

何かいろいろと生きている意味を考えさせられる日常です

お盆も明けて弊社はコツコツですが朝から機械をいい感じの音で

コツコツと回しています

この音色とインクの匂い・・・ そして淹れたてのコーヒーで一杯

この上ない贅沢だと思います

本日も頑張っていこうと思います この幸せに感謝しながら


Autumn is coming soon

#活版印刷 #活版 #明晃印刷 #活版デザイン #グラフィックデザイン #紙雑貨 #名刺 #名刺デザイン #名刺オーダー #名刺制作 #名刺作成 #高級名刺 #素敵な名刺 #Letterpress #結婚式招待状 #結婚式アイテム #ネイルサロン #ヘアーサロン #ネイリスト #スタイリスト #ロゴ制作




私を選んで頂いたのだからこそ「丁寧に」心がける







昨日もたくさんの方が見学に訪れた
本当に嬉しいことに私のテレビや
投稿を拝見頂きわざわざ遠方より

会社にまで足を運んでいただけるという
昨日嬉しかったことは「高崎さんのお仕事は
本当に繊細で丁寧に作られてますね 見ていて惚れ惚れ
します」と言われた事 

ここは私は今本気で妥協をしたくない所なのである
もっともっと「丁寧」をと自分に目標を持っている
たくさんの活版印刷会社はあるけれどおそらく一番私の
会社がコストがかかっていると自負している

まず素材に関しても絶対に金属を使う これはコストは高いが
やはりエッヂがかなり気になる 本当にコストを考えると
硬質の樹脂でも対応はできる でも私はそこは違うのである
それとコストがかなりかかる重ね刷りという技法

これは最低でも2回は色を同じ場所に圧力をかけて印刷したい
1度とは言わず2度や3度 圧倒的に色が息を吹く
これは実際機械を操っているとわかる

やはり後世に残る私は名刺もしかり消費財商品とは
一切考えて仕事はしていないポリシーもある

私を選んで頂いたなら心いくまで作品として後世共に
残して行きたいのでその部分は曲げたくは今後も無い


(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



君は本当のチャレンジャー








先日グラデーションの活版実験を試みた

何かもっと可能性が無いのか 常に考えている

先週は写真(遺影)の以前の実験活版も掲載をした

こういったものは実はオーダーではなく自分の思いつきが多い

金箔の活版印刷のトライも弊社のみだと思う

昔から何か化学反応的なことを頭の中で常に考えている

偉そうな事いうと通常仕事脳の容量の中に常に「遊び」を考えている

そうそう 料理でもそう 何か違う味を発見したりするのが好き

定番は定番でもいいが やはり可能性という言葉が゜俺は好き

海外の友達からもYou are a real challengerと言われる

常に頭の中を柔軟にし 何か気になることがあれば実行する

これは実は自分の幅が広がる事で 仕事が楽しく深くなる要因でもある

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



神様からの時間





本日は父の日 俺の親父も健在で嫁の親父さんはもう亡くなって数年経つ感じ

昨日両方の親父にプレゼントを贈った 

俺も忙しさというか いちいち親父に会うのも照れくさいし

ここはクロネコにお任せということで鰻を宅配で送った

そうそう最近 親父も手術をしてめっきりおじいさんになってる感じで

俺は会わないとあかんと思いつつも・・・やった

なかなか会う機会も無いのに でも会わなあかんし ・・・

今日打ち合わせでお昼会社にいてると宅配便が会社に届く

それも冷凍専用なのですぐに手配しないといけない よく見ると親父の

住所の欄に俺の会社の住所・・・おいおい 間違ってるやん 俺

このまま転送しても食品が傷むし・・これは俺に持って行けってことなんかなって

会社を出て車に積み込み 親父の家まで 親父は巨人阪神の試合をテレビで見ていた

お・・なんや珍しいなって 笑 手術どーやった 元気にしてるんと俺

親父もテレビを見ながら俺に 仕事はどないや コロナはどないや影響あるんかと

他愛も無い会話を30分くらいしてお茶を頂いて また来るわと俺

親父 俺の車のとこまで見送ってくれて あっ また再放送やてな また俺もでるんやなと親父

なんか30分やったけど 神様は俺にええ時間を与えてくれた
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



前向いてる人は自然と人を魅了する






先日言われた言葉 高崎さんはええよな 上手い具合に色々と案件や

話や人に恵まれて・・・と なんでそんなに上手くいくのですかと

笑 いやいやちっと待つてな 俺 なんもせんとそんなに上手く転がっていけたら

反対に天才やん 違うねんで 実はコツコツと努力もしてるんよ

それをわざわざ外に言うてN無いからそー見えるんよ

特に俺はエーかっこしいやから そういう泥臭い所を隠すねんな

かっこ悪いやんか その部分は見えん方がカッケーやん だから色々と

実は動いてるよ この歳になっても色々と仕掛けを考えてるしそれなりに

努力や自分に対してのプレッシャーや 色々と自分なりに課してるよ

人間て自分に対してプレッシャーやノルマを自分自身に課しないとやっぱり

惰性になってしまう 惰性と言うか俺の場合は何のために存在しているのか

わからなくなってくる だから色々と試行錯誤する どーやったらこの大きな石(大きな案件)

が動くのだろうとか それなりに動いてる やっぱり止まっていても何も始まらない

動いてナンボという俺のポリシーもある 動く事行動を起こすことにより何かを引き寄せる

躍動や行動を起こす人間は自然と魅力が産まれてくる そうそうこれは本当の話で

動いて努力して前向いてる人は自然と人を魅了し引き寄せるのは経験上確かである

なので大きな一歩より昨日より着実に半歩でも前に向かう事を忘れてはいけない

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



小さな頃から何が変わったのか





最近本当によく思う事

好きな事をしておかないと時間も無いという事

これと言って取ってつけて好きな事は無いけど

小さい時って遊びの宝庫やつたと思う 夏休みなんかーほんま

思い出すだけで・・・楽しみしかなかった

いやいやでも俺ほど自由で好き勝手やってきた人生もないけど

仕事という毎日の日常の中でふと思うこともある

このままでええのかなぁって

仕事は本当にありがたいことにモノを創るという仕事に

従事している自分が不思議なほどありがたく思う

こんな自分を想像すらできなかった 自由に色々な事業を立ち上げては

次の事業と色々と好き勝手展開して それもヤケドもせず人に恵まれた

おかげで失敗もせずこれまでやってこれた そこには感謝しかない

でも何かしらちとこの頃思う事もある 俺は自由人やけど俺と同世代の友人は

ほとんど会社のサラリーマン 勤め人 お前はええよな いつも自由で・・・

お前はほんまいつもそんな調子で生きていけてええよな 俺らなんか

会社にしがみついて生きていかな この歳でやめたら途方もなくなるわと

なので俺はあまり同年代のやつとはつるまない マイナスな言葉しか出てこないから

自由ってなんやろね ほんまこの頃よく思う あー最近聞いてよーわかるなって

歌詞はある 「真夜中のダンディ」って曲の歌詞 深いなって思う

暗い女の部屋でマヌケな肌をさらし

おぼえ始めの味でうなじを真っ赤に染めて

世慣れたウソもつけない頃は 色気の中で我を忘れてた

中途半端な義理で親父のために学び

他人の顔色だけを窺い拍手をあびて

泣かない事を誓った日々は 無邪気に笑う事も忘れてた

真夜中のダンディーダンディー 俺は生きている
悲しみのダンディーダンディー
汚れた瞳の Brother・・・
このホホを濡らすのは 嗚呼 雨だった

友は政治と酒におぼれて声を枯らし

俺はしがらみ抱いてあこぎな搾取の中に

生まれたことを口惜んだ時にゃ

背広の中に金銭があふれてた



真夜中のダンディーダンディー 風が吹いている

悲しみのダンディーダンディー

同じ顔の Brother・・・

追い風にあおられて 嗚呼 逃げてゆく


愛と平和を歌う世代がくれたものは

身を守るのと知らぬそぶりと悪魔の魂

隣の空は灰色なのに 幸せならば顔をそむけてる

夢も希望も現在は格子の窓の外に

長い旅路の果てに魅惑の明日は来ない

可愛い妻は身ごもりながら

可憐な過去をきっと憂いてる

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



何が正しいのか






時々わからなくなることがある


先日の京都でのこと うちの優加に連れて行かれた染織工房

もう創業も恐ろしいくらい昔 そのままの技法で今も受け継がれている
俺は正直 あーこれないなって・・ビジネス脳に切り替わる

親父の姿を投影してしまう 俺は15年前 東京でビジネスを大きく展開していた
大阪の活版印刷工場の親父は・・もうデジタルには太刀打ちできない

設備投資も出来ない 廃業の道を選ぶか お前が帰ってきてどうするのかという選択があった
俺は迷った 東京は俺の躍動の場でもあった 楽しいし もっとデカい事したかった

でも俺の親父は俺の親父 大阪に戻った その現場を見た時 先日の染織工房とかぶった
これでは無理やろなって・・・ 俺はビジネス脳だけはある いやいやビジネス脳しかない
ある意味明日からどないでも食うてはいける

大阪に戻って活版の色々な仕掛けやメディアの露出 おそらくすべての局には
出演を果たしラジオ 新聞もパーフェクトにすべての記事に出た それは俺には容易い事
コロナで海外には出れないが俺には海外からのオファーがかなりきているし

今実際ネットには掲載できない大手企業様の活版案件もかなりきている
10年で親父が廃業と嘆いていた活版を俺はある意味どういう風に変えたのか・・・

この頃そういう思いに駆られることがある(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)