明晃印刷株式会社

明晃印刷株式会社

明晃印刷株式会社

昭和初期から創業の弊社は大型の活版印刷機械を設置している珍しい工場です

現在は色々なデザイナー様 専門学校の生徒達が工場見学に訪れます

色々なデザイナーズ雑誌等にも取り上げられ全国から注文を受けております

また弊社はNHKの以前全国ドラマ小説の「いも・たこ・なんきん」の舞台にも使用された本当にレトロな建物です

現在は本当に活版印刷というものが見直されたくさんの人たちが活版印刷の魅力について語られるようになりました 

是非一度大阪の人であれば工場まで足をお運びくださいませ

弊社 工場の参考文献
 http://www.opus-design.jp/flip/item_104.html
 http://d.hatena.ne.jp/printing_consultant/20100510
■ http://kengaku.osakazine.net/e263696.html
■ http://tabiazarashi.cocolog-nifty.com/today/2010/05/post-7211.html
■ http://zuko-labo.jugem.jp/?day=20100419

本日は午後から産経新聞の取材です

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,208


本日は午後から産経新聞の方が

工場に来られます

午前中に仕事をとりあえずめどをつけようっと

本当に毎日 毎日 工場見学依頼や

メールにての色々全国各地からの企画 提案事項

大変楽しい毎日を送っています

金曜日は実験活版印刷予定しいています

さてさて 写真を活版印刷で印刷をすると・・・どんな感じになるのかなぁ ワクワク

豊中市に城跡あるんですよ

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,301



不覚でした

城マニアの私が豊中に城跡があるなんて

忘れていました

先週の母校理事会にて先輩の落語家さんから

曽根と言う所に城跡があると・・・・

本日少し午前中なんですが サポって行ってきました

おおっっっ 凄い なかなか良い感じでしたよ

是非一度皆様もご覧ください

大阪府豊中市曾根西町4-4-15です

豊中市が管理しているみたいです

先輩 ありがとうございました!!

 

終わった・・・良かった

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,167


ふぅ・・・終わった 昨日の私のスピーチ

持ち時間は3分間

みんな 先輩方は真剣にこちらを見ている

私の前にしゃべられる人会長さんなんか

本当に場馴れをしたスピーチ

私にはそんな余裕はありません・・・汗

そやそや 最初に少し砕けよ・・・「私はこんな大勢いの先輩の前で

お話がしたことが無いので メモを読ませていただきます」と

なんとかなるもんですね・・・笑


自分にお疲れです

ありがとうございます 感謝感激・・・

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,284


活版で作って良かったと

お客様から感動を頂いた

twitterから知り合った色々なお客様から活版の案件が

毎日メールで入ってくる

商品を親父 おかんで色々と試行錯誤しながら完成させる

お客様に送付して感激のメールを頂いたり ブログに載せていただき

それを見た色々な人たちからたくさんの問い合わせを頂く

本当に素晴らしい環境を与えていただき皆様 感謝です

むっちゃ(大阪弁)うれしいです

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,494
おはようございます

昨日はメールにて活版印刷の印刷を注文頂いた

新潟のイラストレーター様と愛知のデザイナー様に

出来上がった活版の印刷商品を送付いたしました

「うわ・・すごいすごい 活版印刷の名刺 届きました 感動」

というメールを頂き本当に感動しています

本日も14時~工場見学に来られます

昨日は東京のデザイン専門学校から見学の依頼

大阪の学校ではカリキュラムに入れたいと・・・

本当に毎日刻々と色々と面白くなっています

なんで工場見学を積極的にするのか。。

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,192
おはようございます

昨日は大阪の大手専門学校の先生から

お電話を頂きました

「工場見学いいんでしょうか?」 是非おこしくださいと

先生は本当に喜んでおられました 生徒に生の現場を体験できる

と言う事は貴重で今はなかなか工場見学させてくれるところはありませんと・・

私が積極的に工場見学を推奨するのかと言いますと

これは 私の息子 小学生が以前ある工業製品に興味があり

その工場に行ってみたいと言う事で早速行った事があります

子供の興味っていうのは本当に大切だと私は思うんです

自ら欲したものですから・・・

その工場に行った時 すごくショックをうける対応でした

平日は業務に支障がありますから・・・

5人以上でないと対応いたしません・・・

一切道具類に対して手を触れないでください・・・

息子は「もういいゃ・・」と

このことが本当に私の心に残っています

平日・人数制限はともかく・・・少しでも体験できるように道具ぐらいは

触らせてあげたかった・・

こういう事から私は出来るだけ 駄菓子屋の感覚で工場を開放しょうと思いました

よっしゃ やるだけやってみよ

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,034
本日は午後からの打ち合わせ

デザイナー様の案件で写真を活版印刷でという案件

オフセット印刷の場合はできるだけ細かい画素数で

鮮やかに仕上げますが活版の場合は逆です

線画 画素が少し粗い方がベストなんです

版画のような印刷になると思います

私自身が楽しみ 楽しみ

活版印刷の事なら・・・

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,676
はじめまして

活版印刷が少しにぎやかになっています

twitterにてつぶやき出しましたら本当に全国各地の活版ファンから

たくさんの注文をメールで頂いております

弊社は是非一度工場に来てくださいというのをモットーとして

本当に毎日新進気鋭のデザイナー様からデザイン学校の生徒さんまで

たくさんの人が来てくれています

ワイワイとにぎやかに昔ながらの活版印刷を一度ご覧ください

よろしくお願いいたします

テレビ取材を終えて





金曜日のテレビ取材も無事終了いたしました

今回でテレビの取材は通算で15回目になりました

やはり慣れというか だいたいの進行もわかってきて

本当にアッという間の撮影でした でも本当に楽しかったです

話が尽きないというか もっともっとたくさん話がしたかった感もあります

今の自分が本当に皆様の御蔭でここの立ち位置におれる事

自分には正直 実力はなく ただ大きな 「運」だけは持つている確信している

運も実力のうちとは言うが 俺は本当に祭りのやぐらの上で踊る人で

影で本当にたくさんの人の世話の上で このわがままな自分がいると思う

まだまだやりたいことは山ほどある コツコツと一歩ずつ確実に進もうと思います

今回のテレビ放送は 8月21日 BS-TBSテレビ 日曜日11時半から30分になります

是非良ければご覧くださいませ
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



【15回目のテレビ出演と連載記事】





今月に打ち合わせに入り7月から撮影に入る
その番組も出演は今度でシリーズ2回目

視聴者のアンケートで再度見たいという要望で
新規で撮影するらしい もう一回見たいと思われる

事は俺にとっては大変うれしい事

冗談で 「それは俺のキャラですかね」とボケると
真剣な対応で返してくれる そこはツッコんで
欲しかった 笑

今回で通算15回目のテレビ コマーシャルも2回ほど
出させていただいた 本当に幸せなアホキャラやと俺は思う

また別件で今回ある商社様の連載記事にもさせて頂く
何回かに渡って俺の生き様を連載してくれる

はて 参考になるんかなぁ 笑

そうそう来年は明晃印刷も創業で70年になる

70って・・すげー会社やなって他人事の様に思う

毎日が楽しくつて仕方ない すべての人に感謝します
また追って色々とご案内させていただきます(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今君が存在している奇跡







んで私たちは生きてるのですかって言われた
生きている意味ってなんですかと
こんな脳天気な俺に

何のために生きてるのかやて・・
そりゃ何のためなんやろなーわからんわ
多分この地球上のどんな天才でも

わからんと思うわ 一番の難問ちゃうか
でもな そんなんわかったら反対に怖いで

まぁ俺の考えとして生きてるというかさ
生かされてるっていうんかなぁ

この世に人間として生まれたということはな
ものすごい確立とありたくさんの複雑な時間が
交差しながら偶然が偶然を重ねて「君」という人間が

誕生したんやと俺は思うんや かなり神秘的やろ
宝くじの当たる確立よりもっともっとすごい確立やで
君が誕生したお父さんお母さんの出会いもさ

君が誕生する偶然も本当に神秘の積み重ねやと俺は思うねんで
お父さんお母さん秒単位ですれ違ってたら君はこの世におらんねんで

だから誕生したことに対して何かしら俺は意味があると思うねん

人間てある意味自由やん不自由と言いながらもこの世が嫌なら
いつでも自由に消える事はできるやん

反対に生き続けるというのは苦しみのが多いのと違うかな 
だから そこに意味を見出す必要は俺は無いと思うねんで
そこを掘り下げても深く深く考えてもなー

蟻地獄的にいやいや天文学的になってしまうと思うのよ
産まれてきた人間はそこから確実に死に向かって進んでいくやん

生と死は一本の線のような感じやないかなと俺は思うわけよ 
その線の意味を色々と悩むよりもさ

偶然と奇跡で誕生した君が
一生という短い時間を色々な形に自分なりに描いていった方が

いいんちゃうかな 

そんなに複雑に考えんでも 
気楽に俺みたいに生きたらええねん どうせ線は尽きるのやから
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今の1秒1秒を大切にしようと思った






俺はいつも常々思っている 完全にポジティブシンキングな脳天気だけど

本当に俺程幸せな奴おるんかなぁっといつも感じて生活をしている

これは嘘でなく この年齢で色々とたくさんの経験を重ねてきて

まともにも「真面目」という一線から外れ 自分の好き勝手生きて

時間にも束縛はされず 労働やお金にも縛られず 自分の思うがままに

生きれている 以前も何度も俺は話するけど俺は歴史の話が本当に好きなので

結構自分の前世とかを色々と知りたいなと思うけどおそらくかなり苦労をされた人では

と感じる こんなに自由に生きてこれて

今本当に感じる事は 1秒1秒でも大切に感じ 感謝をいつも感じながら

昆布出汁みたいに噛みしめながらじっくりみっちり生きていこうと思う(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



活版印刷の名刺





自分の仕事に誇りがあるなら絶対に名刺にはお金をかけた方が良い

これは営業トークではないが本当にそう思う

俺の製作している活版印刷の名刺 渡すとそこから話は盛り上がる

お客様の発注頂いた名刺を納品して俺はその後の事を色々と尋ねる

どうでしたか その後名刺を作って・・・と

ほとんどの回答が 「お金をかけて作ってよかったです」と 名刺を渡すと

わー 素敵な名刺ですね すごい可愛いとか しっかりした名刺 ですねと

会話がそこから始まるらしい 相手さまが名刺を出すのをかっこ悪いとまで

思わせてしまう名刺 本当にその仕事で成功していきたいなら俺は絶対に

第一印象でリードした方が勝ちやと思う 相手に感動や印象をつけてしまえば

もう半分勝ち取ったも同じやと俺は思う

ペラペラの名刺は登録してポイって捨てられる運命やけどやっぱりこだわった

活版名刺は大体の人が捨てずにコレクションしている

そう考えるとお金をかける価値や意味はあると俺は考える(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



自分の身体の一部






活版印刷に俺が携わってもうかれこれ15年程になる

機械もはり10数年つきあっていれば実は簡単に見えて

色々とコツや技量やある程度の技を知らない間に身につけている

特にインクの調合とか圧の具合 機械の調子もスイッチを入れて 「音」でわかるように

なってくる 車の整備士と似ていてエンジンをかけてだけで

車のどの部分が不具合なのかある程度予測できる

機械は本当に正直で 電機を入れると音の違いも感じとれる

あっ 今日はご機嫌やなとか なんか重たいなとか不思議に感じる

面白いもので体の一部のような感じもする レバー一つをとっても

軽く感じる日やぎくしゃくする日もはっきりとわかる

以前は海外に招待していただき同じ機械を何度も触った

電機を入れて稼働させるとやっぱりまったく違う生き物のよう

日本に帰って俺の機械を触ると安心する 本当はもう色々な

自分でマスターした機械の技術を若い子に伝承しないといけないのは

わかってるけど実はあまり触られたくないのが本音

俺の機械なのでやはり機械も俺のコツやクセが満載されているのである

本当にビックリするほどの「微調整」が自分の中に組み込まれているので

反対に誰かが少しでも触るとわかってしまう それくらい惚れこんでいる

でもその部分を解消するにはもう一台機械を入れなければいけない

俺は自分の機械を触られたくない (この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



画家ジュゼッペ・アルチンボルド





タリアミラノの画家ジュゼッペ・アルチンボルド
は神聖ローマ帝国皇帝に仕えた画家であった
昨日は実験として模写を活版印刷してみた

立体感が出てずっと自分のテスト作品を眺めていた
俺は本当に「超空想家」なので絵の中に入ってしまっていた
想像で色々と頭の中がグルグルと回る

どんなことを考えてこの時代この奇妙な絵を描いたのだろうか
民衆はこの絵をどう捉え また皇帝はどう感じたのか

また今のこの時代になっても受け入れられまた興味を沸かせる
その画風とはどういうものなのか コーヒーを飲みながら

グルグルとその当時の社会を空想していった


時折クスッと笑う自分もいた


多分頭の中に少し焼き付いたのだろう 昨夜は夢を見た
その時点で俺は本当に単純やと思うけどね 

たくさんの野菜や様々なものが顔になった人が夢の中にいた
すごい世界やなーと感心して自分を鏡でみて野菜やったので

声をあげて飛び起きたオチはついたんやけど

たくさんの時代に夢を馳せるのもある意味時間旅行をさせて頂いた(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



恋愛相談





恋愛の相談も色々とされる

なんで俺なんかに聞くん 笑 まったく参考にならんのに 笑

でも色々と相談に乗るとまたたくさんの面も見えてくる

俺は基本的に今が楽しかったらええんちゃうと言う楽観主義

未来の事なんてわからないし 先行きはどーなるかも

縁が無ければそれまでやし 縁があるなら続くしな
そんなこと今心配してても始まらんやろ

ずっと好やから・・・でもやはりその確証はさ
時間が経たたんと誰もわからんのよ

本当にその人を好きと思うならさ
一日一日ベタな話になるけどな

「愛」を継続していかないとあかんのよね
継続するということは決して簡単な事ではないんやで
山もあれば谷もあるしさ 笑

過ごした時間はやがて
「チカラ」になり 確実に固い結束にもなるんやで

だからベタな話やけどさ
二人の時間をもっと大切に感じて行けばええんちゃうかな(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



言葉は潤滑油








先日社会人1年目の女の子が相談に来た

どうしても 会社の人間関係がうまくいかずぎくしゃくして



悩んでいると 上司や同僚に相談しても抽象的な回答ばかりで

どうしていけばいいのかわからないと



そうそう今の若い世代は抽象的なアドバイスをするより

具体的に「これ」って感じの回答の方が納得すると思う

まぁまぁそしたらちょっとお酒でも呑みながらと言って



俺はその子を居酒屋に連れて行った 色々と注文がをして

その子の前にビールや食べ物を店員の若い女の子が運んできた

ただ運ばれてその子は黙ってそれを見ていた 俺はひとつひとつ

声をかけた 



ビールが運ばれる 「ありがとうね」 

食べ物が運ばれる 「わーうまそーやな」



まぁ俺はしゃべるのが好きやからあれやけど

その相談に来た子に言うてみた 



なぁなぁ 今あの子がビール持って

来たやろ 君と俺の違い何かわかるか 彼女 えっなんですか??

君は運ばれてきたのを当然と思ってるやん 



そりゃ客やし金払うからさ

当然やと思うけど 一言さ 「ありがとう」って俺 言うたら



あのバイトの女の子 ニコって笑ったやろ 

具体的に言うたらさ 人間の関係ってその差なんよ 

相手のことを考えて言葉を添える



恥ずかしいかもしれんで でも口に出して伝える いわば人間の

関係も機械に例えれば言葉は潤滑油なんよ 

一言添えるだけで



油を注いだように人間の関係も滑らかになるんやで だから具体的に言うとな

明日からでもええやん「ありがとう」って言葉(潤滑油)をたくさん

使ってみ そしたら少しずつ回らなかった機械も回り出すよ(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



「野球」







毎週本当にガチの試合で投げているので
真剣勝負の野球

みんなバリバリの前高校球児の若者
その中で投げているので毎回緊張感は半端ない

またその中で俺は得られるものが多い
俺は社会に出で組織に属した事が今まで無い

協調性の無い子供ということで単独で色々と
育ってきた でもこの小さい時からやっている

「野球」というゲームはチームは9人で行うもので
その中の協調性が無ければ勝ち進めない

バントなどはその最たるもの 自分を殺して
味方を進塁させるという犠打

息の合った連係プレー 素敵なスポーツに出会え
そのスポーツを通して色々と学ばせていただいている

ありがとう「野球」そして「チームメイト」(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)