(株)メガセミナー・サービス

株式会社メガセミナー・サービス-rss 株式会社メガセミナー・サービス
株式会社メガセミナー・サービス

■中小企業経営者様へ、新規事業で必要なファクターを提供中!
次世代技術を用いた新規参入情報を提供している、メガセミナー・サービス。

メガセミナーでは、まず市場のニーズ情報を提供し、それを活用する先行企業の実際例と「なぜその行動を取ったのか、意思決定の判断基準・裏づけ」を、そして実際例から周辺ビジネスへの広がりの可能性と意思決定のための根拠情報を、体系的に学習できるように構成。

大阪は、お好み焼き、コンビニ等を生み出した、アイデア満載の町!メガセミナーでは大阪らしい実用的な切り口で、先端技術で事業を起こす経営者の方に、実際例の対比に焦点をあて、使える新規参入のヒント情報を提供しています。『 エネルギー・水・食料 』の技術探索をテーマに、最新事例やノウハウ、現場の声などもふんだんに盛り込みつつ・・・
メディアに取り上げられていない最新情報 【業界の裏情報】 を発信していきます。
メガパンフレット無料★−>http://www.megaseminar.jp/post_order.html

■ 2010年度、セミナーの開催予定 ===

ボトルウォータービジネスの市場・技術動向とビジネスチャンス
http://www.megaseminar.jp/2010/ms19a/20101029.html

中東北アフリカサハラ以南“水ビジネス”の最新動向とビジネスチャンス
http://www.megaseminar.jp/2010/ms19a/20101028.html

東南アジアインド“水ビジネス”の最新動向とビジネスチャンス
http://www.megaseminar.jp/2010/ms19a/20101027.html

中国“水ビジネス”の最新動向とビジネスチャンス
http://www.megaseminar.jp/2010/ms19a/20101026.html

アジア新興国アフリカ“水ビジネス”の最新動向とビジネスチャンス
http://www.megaseminar.jp/2010/ms19a/20101025.html

==下記、開催終了

藻類系バイオマスの工業利用における最新動向とビジネスチャンス
http://www.megaseminar.jp/2010/ms19b

集光型・集熱型太陽エネルギーシステムの市場動向とビジネスチャンス
www.megaseminar.jp/2010/ms18b

電気自動車 及び 部品・素材の市場動向とビジネスチャンス
 www.megaseminar.jp/2010/ms17b

 
 

---------
■株式会社メガセミナー・サービス 会社概要■
代表者:橋本 伸夫 設立:2008年8月
事業内容:時代にvividな環境・エネルギーにおける大型セミナーの企画・運営業務
所在地:大阪市北区神山町2-1 若杉梅田ビル6F
TEL:06-6363-3359 FAX:06-6363-2278
<URL>
http://www.megaseminar.jp/(セミナー企画・運営)

【東京開催】植物工場ビジネスの事業計画とコスト削減戦

2010/04/19 11:00
投稿者: megaseminar 
(2010年4月19日 11時00分)
 
株式会社メガセミナー・サービス(本社:大阪市北区、代表取締役:橋本伸夫)は、東京・芝公園・機械振興会館にて、『植物工場ビジネスの事業計画とコスト削減戦略』を開催致します。
 
<開催趣旨>
国の政策「新経済成長戦略」では「植物工場の普及拡大」が明記され、ビジネスチャンスが広がってきました。経済産業省と農林水産省は「農商工連携研究会植物工場ワーキンググループ」を発足、異業種からの参入も増え、人工光源の技術進歩による品種改良など、最新の栽培技術や市場動向を押えることは必須です。

本セミナーでは、1日目に、利益を確保するための事業採算性の見通し、2日目には多様な人工照明システムにおける栽培技術、3日目はLED照明システムの栽培技術からみた選び方・導入の進め方を、約17時間に渡り、植物工場で新規参入する経営者様、事業採算が合う技術導入を進める担当者様へ、その選定と活用法を
詳しく解説致します。


皆様のご参加お待ち致しております。

続きを読む…

植物工場セミナーの講義内容について

2010/02/12 00:00
投稿者: megaseminar 
お世話になっております。メガセミナー・サービスです。

今回は、植物工場セミナー第二日目
「植物工場の事業採算性と具体的戦略」について

実際に新規参入する場合、予算計画で必要なことは・・・

①イニシャルコスト
②ランニングコスト

の2点です。

そこで、植物工場の方式別におけるコスト比較を、
対象植物、立地、販路からみた植物工場 成立の条件という視点から
講義致します。

また、比較的小規模なモデルケースとして、
次世代(中・小規模)植物工場 事業モデルを詳説致します。

対象;
エンジニアリングメーカー、ゼネコン、ハウスメーカー、食品メーカー、農業資材メーカー、
商社における採算計画のための情報をお探しの新規担当者の方。 


続きを読む…


上に戻る