大阪信用金庫の取材を受けました

  • 投稿者:  カテゴリ:取材
  • 表示回数 84

大阪信用金庫の取材風景

大阪信用金庫の取材を受けました

多くのメディアに取材された経緯などを大阪信用金庫さんがインタビューさせていただきたいとの事で取材撮影を受けました。

気仙沼のこと、復興のこと、サメ革のこと、キジビスのこと、SNSやプレスリリース、靴のこだわり、履き心地のこだわり、色々なことを収録いただきました。

 

今回のキーワードは「念ずれば花開く」。

この言葉は詩人 坂村真民の詩の一節に出てくる言葉です。

これは、ただ念じていれば夢が叶うという意味ではありません。

何事も一生懸命に祈るように努力すれば、道は開ける、夢や目標が叶うという意味です。

また「念」という字を分解してみてください。

「今」と「心」になりますよね。

これは、目に前にあることを一生懸命にやるということです。

まさに「実践」ですよね。

何事もチャレンジ、実践あるのみです。

「念」とは「今の心」であり「今、目の前にあることを一生懸命やること」を表しています。

新宿屋は「念ずれば花開く」を実践し、多くのメディアに取材されるようになりました。

しかし、新宿屋単独では夢が叶わなかったと思います。

キシビズさんおよび多くのサポート機関、さまざまなプロジェクトチーム、皆様のご支援をいただいたおかげで夢が実現しました。

本当にありがとうございます。

新宿屋はまだまだ走り続けます。

これからも引き続きサポート下さいますようお願いします。

 

大阪信用金庫さま、撮影スタッフ様、本日は取材いただきありがとうございました。

今回の取材で話した内容が、誰かのお役に立てれば幸いです。

 

宮城県気仙沼産のサメ革を使用した手づくりの婦人靴 黒

新宿屋は、大阪ものづくり企業の靴職人が本物のシャークスキン(サメ革)で靴を製造しています。

サメ革は革製品の中でも比較的、水気に強い革であり、表面には細い網目状の凹凸があり独特な質感をしています。

とても深い黒、漆黒なマット雰囲気ですが、使用しているうちにツヤが出る経年変化が楽しめます。

宮城県気仙沼産のヨシキリザメの革を使用。

革製品は殺生を想起させるとして仏事には敬遠されますが、サメ革については四つ足動物ではなく、また海水の塩で清められているという理由から冠婚葬祭や品格を重んじる式典などでも使用されています。

普段履きから冠婚葬祭、入学式、卒業式、パーティ、同窓会、ショッピング、ビジネスにと、あらゆるシーンで使用できるシャークスキン婦人靴。

おすすめの逸品です。

 

品番2330 シャークスキン(サメ革) 婦人靴 クロ

足幅4E、ヒールの高さは約3.5センチ。

税込132,000円(税抜120,000円)

 

外反母趾、甲高でも特別加工で仕上げることが可能です。

足の悩み、靴の悩み、相談承ります。

オンリーワンの履き心地、オーダー承ります。

新宿屋 馬車のマーク

ネットオーダー承ります