フセハツ工業株式会社

フセハツ工業株式会社

フセハツ工業株式会社


ばねの総合メーカーです。

・大阪の東大阪で、半世紀以上にわたりバネを製造して参りました。

・東大阪市は全国屈指の中小企業の街です。長年に渡り培った中小企業のネットワークがあります。

・生産の4割が自動車関連です。その他さまざまな一般産業用ばねを6割ほど生産しています。

・自動車関連では、クラッチの重要部品であるワイヤーリングリターンスプリングを主に生産しています。

・一般産業用バネは、洗濯バサミやキーホルダーのような雑貨系のバネから、ガスの弁やバイクのサスペンションなどに使用する精密バネまで生産しています。

押しバネ引きバネ薄板バネ等を1個の試作からお請け致します。

少量多品種もお任せください。必要なときに必要な数量だけ納品する体制を整えております。

短納期でも柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。

メッキ組立作業(アセンブリ)までを一貫して承ることにより、コストダウンをご提案いたします。

溶接プレス加工も行っています。

ばねの設計や計算でお困りの場合は、お気軽にご相談ください。最適な仕様をご提案いたします。

材料や表面処理の選択にお困りの場合は、お気軽にご相談ください。最適な仕様をご提案いたします。

専属の営業担当者制で、お客さまの「ものづくり」を最後までサポートいたします。

フセハツ工業株式会社
〒577-0046 東大阪市西堤本通西1丁目3-43
TEL:06-6789-5531(代表)
FAX:06-6789-5536、06-6788-8266
ホームページ:http://www.fusehatsu.co.jp/
匠企業 in BMB
フセハツ工業社員ブログ~東大阪未来プロジェクト2022 最終プレゼン会に参加しました!!~ 


皆さんこんにちは!!
フセハツ工業HP担当です!!

2022年の9月10日に近畿大学附属高等学校で行われた
「東大阪未来プロジェクト2022」の最終プレゼン会に参加してきました!!

『東大阪未来プロジェクト』とは?
SDGsに取り組みたい大阪の企業と「SDGs達成の担い手育成」教育を進める近畿大学附属高等学校を繋ぎ、持続性のある事業構想を生み出すことと、実践的な学習の機会を作ることを目的としたプロジェクトです。

本プロジェクトは、今年の5月から8月にかけて、社会活動に関心のある近畿大学附属高等学校の生徒が、地元で活躍する企業を取材。その取材で、企業が所有する技術力や資源を理解し、それらを地域課題の解決へどのように活かせるかを考え、9月10日(土)の最終プレゼン会にて地元企業へ提案を行いました。
当日は高校生が7チームに分かれてプレゼンテーションを行い、取材にご協力いただいた企業様をはじめとする審査員がフィードバックや表彰を行いました。1
1PR TIMESE「【レポート】高校生と企業が共にSDGsを考える「東大阪未来プロジェクト」最終プレゼン会を実施しました」
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000034801.html ( 2022年 9月20日 閲覧)


合計8チームのプレゼンを聞きましたが、どのチームのアイディアも素晴らしいものでした。
自分達で解決すべき課題を選択し、取材を行った企業の事業と絡ませて出した問題解決案は全て現実的かつ実現可能可能性が高いものでした。更に解決案を提案するだけではなく、解決案内で発生するリスクマネジメントをしているチームもあり、
レベルが高く、内容か濃いプレゼンと感じることができました。



全チームのプレゼンを聞きいて、私は終始度肝を抜かれました…
内容、話し方、PowerPointのスライドの質と様々な所を見て聞きましたがどこを取っても素晴らしく、是非とも別の機会があれば高校生の皆さんはこの経験を大人になっても生かして欲しいと思います。

それと同時に、私も負けていられないと感じました。
高校生の皆さんは我々社会人にとって非常に良い提案をしてきました、それに誠意をもって応えていくのが我々社会人の役割ではないかと考えます。そしてその提案に応えていくためには再度勉強しなおすべきと考えることができました。今後新しい世代の人たちが社会を引っ張っていく存在になると思いますがそれに負けじと私も勉強して皆さんと今ある社会の問題について取り組めたらなと感じます。

この様な機会を提案していただいた株式会社ストリートスマート 様、株式会社masterpeace 様、そして近畿大学附属高等学校の皆様、本当にありがとうございました。

ご縁がございましたら微力ではございますがお力添えさせてください。


>株式会社ストリートスマート HP

>株式会社masterpeace HP

>近畿大学附属高等学校 HP
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



ばね知識 1-1 「ばね」について~そもそもばねとは~



「ばね」という部品は、「ボールペン」、「洗濯ばさみ」、「自転車」といった世の中の様々なところに存在しております。
そんなばねですが、「そもそもばねって何?」と聞かれたとき、皆様はどうお答えしますか??

ちなみに昔の私なら、「伸びたり縮んだりする部品」としか言えなかったでしょう。
※あながち間違いではないと思いますが(笑)

では、本来「ばね」とは何なのかというお話をこれからしていこうと思います。


ばねの定義

ばねとは何なのかということでインターネットで定義を調べてみると
下記のようなものが出てきます。

「たわみを与えたときにエネルギーを蓄積し,それを解除したとき,内部に蓄積されたエネルギーを戻す
ように設計した機械要素。」

JIS B 0103:2015 ばね用語より

しっかりとJIS(日本産業規格)で定義が決められていました。

また、広辞苑などではこの様に説明されています。

広辞苑より
ばね発条・撥条】 (ハネ(跳)の転) ①鋼などの弾性を利用して、ひずみエネルギーを蓄え、または衝撃を緩和する作用をするもの。形により板ばね・コイルばね・竹の子ばね・渦巻ばねなどがあり、また、圧縮ばね・伸張ばね・ねじりばねに分ける。スプリング。

大辞林より
ばね [1] 【発条・弾機】 〔「はね(跳)」の転〕 (1)鋼など素材の弾性を利用して,衝撃や振動を緩和したり,エネルギーをたくわえて動力に利用したりするのに用いるものの総称。形状によって,コイルばね・渦巻ばね・板ばねなどに分ける。スプリング。 (2)足や腰の弾力性。「足の―が強い」 (3)ある行動や結果を導くきっかけとなるもの。「住民運動が―となって基地が撤去された」

要は「変形させて力を溜めたり、溜めた力を放出する働きをする部品」といった
所でしょうか。


では「ばねの定義」というものが分かったところで、
つぎは「ばねでできること」について、「ばね知識 1-2 「ばね」について~ばねの重要性~」でお話していきたいと思います。

次回更新までしばらくお待ちください。



フセハツ工業社員ブログ~もうすぐ夏の終わり~ 



⇧最近日本酒にハマっています(笑)

皆さんこんにちは!!

フセハツ工業HP担当です!!


久しぶりのブログ投稿です👍

6月から8月と非常に暑い夏が続いてますね…

外に出ると熱波が襲いかかってくるので毎日恐ろしいと思いながら外出しております。

最近あまりにも暑かったので鶴橋にある行きつけの喫茶店「WAKO」さんでチョコソフトを
頼みました👍

普段はアイスコーヒーなのですが冷たいものを食べたいと思い注文したのですが、その結果



⇧が出てきました(笑)

斬新の一言に尽きます(笑)
とっても美味しかったですよ(`・ω・´)

そんなこんなで今年は喫茶店で涼んだりと避暑しながら行動することが多い夏となりました。

しかし、そんな暑さが終わる季節に差し掛かってきました。

高校野球や花火といった夏のイベントが終わって行くにつれて夏の終わりを感じます。
最近セミの鳴く声も聞こえなくなり夜になるとコオロギ?の鳴く声が聞こえてくるのでもうすぐ秋になるんかと
思いながら過ごしております。

残暑がまだまだ続きますが皆様体には気をつけてお過ごしください。




さて秋ごろの弊社でのイベントですが、
11月18日・19日で東大阪のイベント
「オープンファクトリー こーばへ行こう!」が開催されます👍

今年も参加し、皆様にばね工場を見ていただけたらと思っております(^^♪

詳細の情報は随時HP又はSNSで確認できるよう配信していきますので少々お待ちください♬

それではまた次回お会いしましょう✨


(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



2022年 奈良県私立 智弁学園中学校 工場見学



2022年 奈良県私立 智弁学園中学校 工場見学


6月15日、奈良県私立 智弁学園中学校の皆さんが工場見学に来られました!!

智弁学園の皆様は2020年の10月にもお越しいただいており2年ぶりのご来社
ということになりました。

本来は昨年も来ることになっておりましたが、新型コロナの影響で中止となってしまいました…
こうして改めて来ていただけたこと、心よりうれしく思います。


今回の工場見学は、社長ではなくすべて私が担当させていただきました。
会社の説明、ばねの説明、そして工場見学の後の質疑応答と緊張しかございませんでした。
お話しする内容も常に分かりやすいようにと心がけてはいましたが少し言葉が詰まったりと
あたふたしてしまう場面もあったかと思います…

しかし智弁学園の皆さんは最後まで真剣に話しを聞いてくださいました。
質疑応答も色々と考えて質問をしてくださり本当に感謝しております。


今回の工場見学は智弁学園の校外学習ということで授業の一環で勉強しに来られたかと存じますが、
私自身も勉強になりました。

「人に何か伝える時の難しさ」「他者に対する意識」など改めて考えていかないといけないなと
実感できた1日でした。

この様な機会は恐らく滅多には無いですが
次があればこの経験を生かして行きたいなと思います!

重ね重ね申し上げます。
この度はご来社頂き本当にありがとうございました!!!



会社説明の様子



工場見学中



質疑応答中
少しだけエキスパンダーの体験もして頂きました👍



>智弁学園中学校・高等学校HP











(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



立命館大学 工場見学




6月3日、立命館大学の皆様が工場見学に来られました!

今年最初の団体様の工場見学です。

今回、12名の学生さんがご来社され
例年通り、会社説明を行ったのち、工場見学を行いました。

皆様真剣に説明を聞いてくださり、それだけでも嬉しかったのですが、
見学終了後の質疑応答では私が聞いてきた中では過去一番クラスで
沢山のご質問を頂きました。

皆様からご質問を頂くことは、客観的に見た工場はどう思っているのかなど、
社内で改善する点や新しい発見をする手掛かりを見つけることができるきっかけになります。

また、皆様のご質問に我々が答えることができれば皆様にもっと町工場のことを知っていただけ
ると思うのでもっともっとお応えしていきたいと思います。


年が明けて半年がたち、ようやく団体様の工場見学を行うことができました。
今年の前半はまたコロナの関係で延期や中止など多くございましたが、またこの様に
工場見学が再開できたこと、非常に嬉しいです。
これからも、来て下さる皆様のために町工場の魅力などをお伝えできるように頑張って参ります。
のでよろしくお願いします!!!

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



フセハツ工業社員ブログ~規格標準ばねについて~ 


⇧桜が咲いていたころに天満橋を散歩した時に撮った写真です

皆さんこんにちは!!
フセハツ工業HP担当者です(^^♪

桜が段々と葉っぱに代わってくる時期に
なり、同時に「暖かさ」も段々「暑さ」に代わってきました
が皆様いかがお過ごしでしょうか?



前回のブログで、私はどちらかというと暖かい季節が
好きと言いましたが、
最近暑すぎません(・・?

初夏というのならまだわかるのですが
春にしては暖かすぎないか?と感じてしまいます…

半袖の服で出社しようかまで考えてしまいました💦

しかしここで半袖にしてしまったら、夏耐えれない
身体になってしまうと、根拠はございませんがそう考えてしまい、
長袖シャツにジャケットを羽織って出勤です。

今年の夏はどうなってしまいますのやら…(-_-;)

さて、今回のばねのお話しですが、
弊社でばねをご注文して頂いた際、納期は約2週間となります。

しかし、「大至急ばねが欲しい!」、「短納期でばねを製作して欲しい!」
といった依頼も時々いただきます。

そこで弊社では、その短納期などに少しでも応えるべく、
「規格標準ばね」というものをご用意しております。

「規格標準ばね」には下記のような種類がございます。

①規格ばね1mのシリーズ

②実用標準ばねのシリーズ

③キーホルダー用二重リング各種

④洗濯バサミ用ピンチリング各種


特に②の実用標準ばねシリーズは、押しばね(YS-C)、引張ばね(YS-E)の二種類があり、
日本ばね工業会制定のYSK実用標準ばねの規格品のシリーズで、お急ぎの場合、ちょっとした間に合わせに、
試作品の参考として多くの方に購入していただいております。




また①の1メートルばねシリーズも自分で好きな長さにカットして加工したいという方に
ご購入いただいております。



上記のようにすぐにばねが欲しい!!と考えておられる方がいらっしゃいましたら
お気軽にご相談下さい!
皆様のご連絡、心よりお待ちしております。


ばねの通販(規格標準ばね) お急ぎなら・・・


>店頭でのご相談(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



フセハツ工業社員ブログ~暖かい季節とばねの熱処理~


皆さんこんにちは!!

フセハツ工業ホームページ担当者です。

寒い季節が終わり、ポカポカ陽気の日々が訪れましたね…

天気のいい日に散歩すると風が心地よく感じます(^^)/

寒い時期は布団から出るのも億劫になり仕事中凍えそうなときも
時々ありました。

工場内も朝は冷え込んでいて
暖かい場所と言ったら暖房器具付近か「テンパー炉」付近と感じます。

テンパー炉とはばねの焼入をする電気炉のことですが
今回はその電気炉を使った「ばねの熱処理」についてお話したいと思います。



ばねの熱処理のことを正式には「低温焼きなまし」といいます。

低温焼きなましとは、冷間成形ばねを成形したのちに行う熱処理工程で

この工程を行う目的は下記の通りになります。

1.硬鋼線、ピアノ線、ステンレス鋼線などは加工硬化を起こしているので、この材料の機械的性質を改善させる

2.ばねを加工した際、加工部分に有害な残留応力を生じ、ばねの寸法変化の増大、疲れ強さ及び耐へたり性を低下させるので、その有害な残留応力を除去する

上記の様のことから、低温焼きなましはばねの製作をする際、非常に重要な工程となっております。
また、ばねの材料や形状によって、焼入の温度も変わるので温度の間違いにも気を付けております。

この様に弊社では大きなテンパー炉が2台、小さなテンパー炉が1台の合計3台あり、毎日
フル稼働でばねの焼入を行っております。

また、弊社では「ばねの熱処理のみ」の注文も承っております。

ばねの性質改善等を考えている方はお気軽にご相談ください✨


>ばねの熱処理


>ばねの熱処理サービス

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



「鉄鋼新聞」に弊社の記事が掲載されました! 日本列島情報ネット 最先端機器から家電向けまで ばね製造のフセハツ工業



2月3日の鉄鋼新聞に弊社の記事が掲載されました!!

日本列島情報ネット
最先端機器から家電向けまで ばね製造のフセハツ工業

現場ルポ

ばねメーカーのフセハツ工業(本社・東大阪市、社長・𠮷村篤氏)は、1946年(昭21)に東大阪市(当時は布施市)で創業。半世紀以上にわたり様々なばね製品を製造・販売しており、大阪には同社からのれん分けしたばねメーカーも多い。

同社工場では、2~3メートルの大型ばねから米粒サイズまで、幅広いばねを製造している。最先端機器から身の回りの家電まで、人々の暮らしを支えるばねの製造現場であるフセハツ工業の工場を訪れた。(山浦 なつき)

 

同工場が位置するのは大阪府と奈良県にまたがる702号線沿い。月産量は40トン前後で、35%が自動車関連向けとして、残り65%が産業機械・天文台・アミューズメント関連施設向けなどとして全国各地へ出荷される。

また日本で唯一洗濯バサミ用のピンチリングばねを製造しており、刑務作業者向け部品として貢献するなど、その向け先は幅広い。そのため工場内にはレトロなマシンから最新のものまで、約80台のコイリングマシンが現役稼働中だ。

自動車向けの特殊なばね「ワイヤーリング」

自動車関連のばね製造を担うのは第一製造部。ここで主に作られるのは「ワイヤーリング」と呼ばれる特殊なばねで、ミッション車のクラッチカバーの皿ばねの支点となる。見た目は平凡なリング状だが、真円度・平面度は非常に精密なものが要求される。線径は3.0~5.0㍉、内径は110~310㍉とサイズは様々だ。週に500~1千個製造しており、一般車両だけでなくトラックや大型バスにも用いられている。

任意のばね材を巻き取り、輪状に溶接、強度向上のためなました後、バリ取りや検査へ進む。この際、最も難関となるのが溶接だ。ばね材は普通鋼より高炭素であるため、溶接すると折れやすくなる。リング形状を維持しながら、長年のノウハウにより最適な溶接を行い、溶接部について90度曲げ破壊検査とオリジナル試験機による全数検査を実施している。

𠮷村社長は「ワイヤーリングの溶接部が折れた場合、クラッチが作動しなくなり大事故につながる恐れがある。『折れ』を防ぐため、徹底した品質管理で、ユーザーに安心していただいている」と話す。

 産業機械や一般向けのばね製造を担うのは第二製造部。中でも同社が高シェアを誇るのが、誰もが一度は座ったことがあるであろう、美容院や歯医者の自動昇降椅子に用いるばねだ。大手理美容椅子・医療関連椅子メーカーに直接納入している同事業は、コロナ禍の影響を受けにくく、同社の柱の一つとなっている。

 同製造部は他にも、小ロット多品種でばね製造を行っており、取引先は800社以上。設計段階での引き合いが多く、ピアノ線・硬鋼線・オイルテンパー線など数多くの素材から適切なものを選定し、巻き数や熱処理・めっきの有無など処理方法を決める。スムーズに提案・試作・シミュレーションを図るためにも、日々、営業・設計・製造の連携を大切にしている。

自前主義

ばねの加工や検査に必要な治具を自前で製造していることも同社の大きな特徴だ。第三製造部では研磨関連機器や、ばねを垂直に立たせるためのカッター関連機器などをオリジナルで作成している。

社員の平均年齢は20~30歳代と若く、足元ではベテランから若手へばね作りのノウハウを丁寧に継承しているところ。同時に、工場内設備の更新も毎年行っており「社員が働きやすいよう、従来の機械をコンスタントに整備すると同時に、自動化に長けた機器を積極的に導入している」(同)と語る。技術の継承と工場の最適化に力を入れることで、ユーザーの一つ一つの注文に真摯に対応している。



 引用文献

山浦 なつき「日本列島情報ネット 最先端機器から家電向けまで ばね製造のフセハツ工業 」鉄鋼新聞、2022年2月3日。




記事切り抜き(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



フセハツ工業社員ブログ~東大阪国際芸術展に行ってきました!!~



皆さんこんにちは!!
フセハツ工業HP担当です!!

1月29日の土曜日に大阪市西区京町堀にある
「飛行船スタイル」で開催されている。

「東大阪国際芸術展」に行ってまいりました!!

この展覧会では東大阪の町工場で作られた製品が芸術品として
展示されていました✨

参加した企業は16社で、弊社も参加しました。

早速、各企業様の展示品を見て回ったのですが…



「技術」と「芸術」が一緒になっているような感じがして
非常に考え深いなと見ていました。
(私、芸術ド素人です、見方が違っていたらごめんなさい💦)



そして弊社の展示品を見させていただきました。



今回、弊社からは押しばね、引張ばね、洗濯ばさみ用ピンチリングをご提供
させていただきましたが、まさか写真のように吊るされて展示されているとは
思いませんでした。

なんか暖簾みたいで後ろに映る影も芸術に見えてきます。
なんでも「技術」はギリシャ語で「テクネー」といい、「芸術」を含む技術一般を意味するらしく
この2つの言葉は「見せ方」「モノの本質(使い方?)」とかで変わってくるのかなと思いました。
※個人的な意見です💦

この企画は大阪大学さんが主催で「技術」と「芸術」を通した初めての試み
でした。

来年度は規模を拡大して開催したいとのことだったので、もし来年度も
ありましたら是非とも参加させていただきたいなと思います。

この度は素晴らしい作品をありがとうございました。

この展覧会は2月5日まで開催されています。
まだ日にちはございますので御時間がございましたら
写真ではなく実際に見ていただけたらと思いますので
宜しくお願いいたします!!


>東大阪国際芸術展 公式ホームページ

>会場:飛行船スタイル ホームページ(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



フセハツ工業社員ブログ~謹賀新年 2022年もよろしくお願いします!!~



皆さんこんにちは!!
フセハツ工業HP担当です!!

あけましておめでとうございます!

1月6日より今年度の営業を開始いたしました✨

今年度も「ばねの総合メーカー フセハツ工業株式会社」を
何卒よろしくお願い申し上げます。



さて、皆様は年末年始どの様にお過ごしになられましたか?

私は大みそかと元旦は家でのんびりしておりましたが
1月2日以降は学生時代の友人と遊びに行ったりしておりました。

ただビックリしたのが3日は梅田に一人で買い物に行っていたのですが
急に友人から電話がかかり「梅田におるから合流な」と連絡が来ました。

長年一緒にいた友人で合流の際、「行動パターンはお見通し」、「梅田にお前がおるオーラを感じたから呼んだ」と言われ
正直発信機でも付けられてたんとちゃうかと思うくらいビックリしました…
もちろん、付いていませんでしたが(笑)


ただこうして遊ぼうやと言うて呼んでくれる友人がいてくれるのは本当に嬉しく感じています👍
大学を卒業して離れ離れになりましたが、こうして長期休暇の時期に再会して学生の時の話や
仕事の話などをすることが楽しみなんです👍
いつも感謝しております。

ただ、最近また新型コロナの感染が拡大してきたのでこのような楽しみもお預けに
なりそうです…

本当に気兼ねなく遊びに行ける日が来るのを切に願います。


さて、このように私事のブログになってしまいましたが

最後に「フセハツ工業のブログ」に関するお話を少しだけしたいと思います。

弊社のブログは、主に「社員ブログ」、「工場見学や行事」、を中心に記事を書いていきます。
「社員ブログ」は私や社員の日常がメインの記事になってしまいますが、
「工場見学や行事」では弊社イベント事などの記事を書いていきたいなと思っています👍


今年度もこのブログで皆様に色々な情報を発信していけたらなと思います。

これからもよろしくお願いします!!(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)