桜の妖精 by オフィスしのも

  • 投稿者:  カテゴリ:アート
  • 表示回数 195

オフィスしのも おやつ 桜の花の塩漬け ぼたん桜 八重桜 桜の妖精 イラスト マスコット キャラクター コーヒーブレイク アドリブおやつ

オフィスしのもには 約十年来「桜の妖精」がいます。桜のシーズンに舞い降りるかわいいマスコットです。

 

オフィスしのも おやつ 桜の花の塩漬け ぼたん桜 八重桜 桜の妖精 イラスト マスコット キャラクター コーヒーブレイク アドリブおやつ

2022年も3月末。さくらの開花をあちらこちらで発見するようになったので「桜の妖精」をご紹介します。
桜といえば 薄紅、淡墨など淡いピンクの印象があります。
そんな花びらが少しずつひらひらと舞うなかで芝生に腰をおろしてお花見を楽しんでいたら 随分冷えてきて寒いくらいだったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

寒々しさが伴うのも魅力の桜に 今年は暖かみを感じるような色あいが欲しいと感じています。
暖色混じりのサーモンピンクのように。

しかし色名にサーモンが入るとまた気分は別物になってしまいますね。
そんなことを考えながら画材をみていてふと手にしたのは 長年手をつけず 顔料がわりにととっておいた化粧品たち。

オフィスしのもに化粧っ気がないのに これまで折に触れ何か必要性に迫られ「プチプラコスメ」なるものを購入し残ってしまいました。 
お肌にはすでに不向きでも紙の上にいかに定着するかの実験を楽しみましょう。

化粧品の色味の効果で 絵の具やペンで混ぜたり重ねたりして生み出す色とは異なるピンクを表現できます。
また紙に定着をさせる方法も素材(化粧品)により違うので 今後楽しみたいです。

 

偶然 八重桜やボタン桜を摘ませてもらえる年は桜の花の塩漬けを作ります。
八重桜はソメイヨシノより濃いピンク。桜の花の塩漬の貯蔵瓶にラベルをつける際「桜の妖精」を刷り込むだけで 穏やかな気持ちになります。

今年の春はこれまで以上に桜の表情が気になる。
そんな時こそ「桜の妖精」のアレンジを膨らませてみたいと思います。