設備はトータルコストで考えて採用

2018/05/14 10:00
投稿者: jibu カテゴリ:三相アモルファス変圧器

 生産性の向上が叫ばれて久しい。働き方改革にも関連する考え方だ。

これらの考え方は、未来を見据えた視点が必要で、目先のイニシャルコストから運転に関わる費用(ランニングコスト)から廃棄に至るまでのアプローチが不可欠です。そのスパンが3年、5年、10年の時もあれば、100年の計を考えることも必要ではないでしょうか。

 目先のイニシャルコストを優先して、設備を選択してしまうと、トータルコストでの差が著しく出てしまいます。

その代表例が、原発だという方もおられるでしょう。

採用から廃棄(リサイクル)まで、最適な変圧器が有ります。

採用からリサイクルコストまでを考えたアモルファストランス



アモルファス変圧器は、ランニングコストでも従来品との比較で圧倒的に優位になっています。

コストメリットで選ぶのなら、低損失型変圧器が最適です。

環境に優しいアモルファストランスは、近年加速度的に普及が進んだことでリサイクルシステムも確立されています。

環境に優しく‐リサイクルシステムも確立しているアモルファストランス

今日も元気に参りましょう!

[コメントを投稿する]
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。