電位差の少ない場合に選定する単巻変圧器

2014/06/18 12:00

単巻変圧器のメリット 小形-軽量化 

 一次入力電圧と二次出力電圧の差(電位差)が少ない場合は、単巻変圧器を検討しましょう。小形-軽量化が出来るためです。ただし注意点として、一次-二次間の絶縁が必要な場合は採用できません。
 



 しかも定格電圧が、低圧の場合にお勧めします。この辺りは、プロ(専門化)の選定範囲になります。

製品仕様

事例番号1335(FileNo01-1485)

単相単巻降圧変圧器(オートダウントランス) 

単相 29.3kVA

周波数:60Hz

時間定格:連続   

 一次電圧:195V 150A    

 二次電圧:154V 190A    

耐熱クラス(絶縁種別)H種 

盤収納向けケースなし 

単巻変圧器

質量約55kg

JEC-2200 JEM-1310 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせは今すぐ!

 

営業tel: 06-6415-7022  代表tel: 06-6417-2441  
fax: 06-6415-7023  

http://www.jibu.co.jp/   e-mail: info@jibu.co.jp

〒660-0083 兵庫県尼崎市道意町6丁目48-3

 

 

 

 

同じカテゴリの事例一覧:

同じタグで関連付けされたの事例一覧:

 

 

 

 

 

治部電機の現場ブログ JIBトランス☆フォーマーブログ
ビジネスマッチングブログ  
mixi(ミクシィ)やってます! ツイッターやってます。ご自由にフォローしてください。
トランスのレンタル専門店「レンタルトランス.com」 アモルファス変圧器専門店「アモルファストランス.com」
リーケージトランス専門店「リーケージトランス.com」 試験用変圧器専門店「テスティングトランス.com」

 

[コメントを投稿する]
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。