和紙商 小野商店

生野・東成地域のモノづくりを詳しく知ることのできる展示会とは

2011/10/27 21:00
投稿者: kawate カテゴリ:展示会情報
毎年、この時期に『モノづくりフェスタという展示会が開催されます。

当社の事務所のある生野区やお隣の東成区の
地元のモノづくりを詳しく知ることができる展示会。

毎年、両区民センターで交互に行われるのですが、
今年は東成区民センターで開催されます。



当社も大阪商工会議所の東成・生野支部が母体の
異業種交流会フォーラム・アイのメンバーとして
出展することになりました。

期間中、地域のモノづくりご興味がある方は是非、お立ち寄り下さい。
ご来場、心よりお待ちしております。

※このブログの続きは下記のリンク先をご覧下さい。

続きを読む…

西梅田のブリーゼブリーゼで現在開催中のクリエイティブ・エキスポは本がテーマ

2011/10/24 15:00
投稿者: kawate カテゴリ:イベント
現在、大阪・西梅田「ブリーゼブリーゼ」で開催中のクリエイティブ・エキスポ
今年2月に続き、今回は1階から6階にかけて『本』がテーマ。

本を構成するデザイン、文字、写真、イラスト、印刷、紙などのコンテンツと
本のあるライフスタイルや空間を提案する展示になっています。



当社も5階パブリックスペース、
『本を育てる(Print & Paper)』で小規模ながら展示中。
その向かいには本をテーマにした、
坤柄紙(こんがらし/kongara)の新作が展示中です。

期間中、ご都合宜しければ、お立ち寄り下さい。
心よりお待ちしております。

※このブログの続きは下記のリンク先をご覧下さい。

続きを読む…

伊勢・外宮近くのギャラリーで坤柄紙の『ひかりと影の調性』展が開催中

2011/10/03 13:00
投稿者: kawate カテゴリ:展示会情報
2ヶ月に渡る奈良での坤柄(こんがら/kongara)紙の展示が終了し、
今度は間髪入れずに伊勢の外宮近くにあるギャラリーで
「ひかりと影のtonality(調性)」というテーマで展示することに。

展示会場は大正ロマンの洋館を思わせる建物で内部は実にモダンな雰囲気。
kongaraには申し分ない空間です。





先日、搬入・設営も無事終了し、本日より展示が開始。

少し遠い場所と思いますが、
期間中、お伊勢参りに行かれるに際は、是非ともお立ち寄りください。
ご来場、心よりお待ちしております。

※このブログの続きは下記のリンク先よりご覧いただけます。

続きを読む…

明日香村内にキャンドルを灯す飛鳥光の回廊でkongaraを出展

2011/09/21 18:00
投稿者: kawate カテゴリ:展示会情報
先月、明日香村の奈良県立万葉文化館での坤柄(こんがら/kongara)紙の展示に続き、
今回は2日間に渡って、大判和紙の6連タペストリーや小型行灯の新作を
同施設内の空間に展示することになりました。

先日、一日かけて展示する坤柄(こんがら/kongara)紙を設営。

これだけの平屋の広く、大きな空間なので、
レイアウトが難しかったですが、何とか無事終了しました。



今月の展示は『飛鳥光の回廊』というキャンドルナイトの一環。
このイベントは明日香村の地域全体で行われるとのことです。

期間中、明日香村内はろうそくの優しく、
幻想的な灯りに包まれることになりそうです。

※このブログの続きは下記のリンク先をご覧下さい。

続きを読む…

高難度のコプト風ノートを手製本するワークショップ

2011/09/12 18:00
投稿者: kawate カテゴリ:ワークショップ
先日、扇町マテリアル会議のメンバーの皆さんと
コプト風ノートという手製本でノートを作る
ワークショップに参加してきました。

会場は京都五条の清水寺に行く道にある、
清水焼の窯元陶泉窯さんの2階をお借りしました。

今回、ワークショップの講師はかもめやさんの渡邉さんが担当。
長時間、付きっきりで教えていただき、ありがたかったです。





自分好みの紙素材を各自持ち寄り、
私も好みの和紙を何点か持って行きまして、
まずは中身の折りと表紙の貼り込みからスタート。

続きを読む…

空間演出用の大判和紙をクモの巣状に作製してしまう手加工の凄み

2011/08/31 19:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙の作製事例
先日、手漉きで作製を対応させていただいた
空間演出に使用する大判和紙の事例。

納期が非常にタイトで一時はどうなるかと思いましたが、
何とか対応できて、良かったです。



これは和紙の三大原料である三椏(みつまた)の繊維を使って、
クモの巣状に作製したもの。

これを紙と言っていいものかどうか、大変悩ましいのですが・・・、
存在感のある、斬新な質感の和紙になったのではないでしょうか。

この和紙は中国・北京にあるホテル内に日本料理店を併設するとのことで、
その空間演出用の素材として、お使いいただけるようです。

続きを読む…

照明デザインをさらに際立たせるための紙漉き技法

2011/08/23 01:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙の作製事例
先日、紙自体に総柄の市松柄を透かしで入れた和紙を
手漉きの特注で作製させていただく機会がありました。

この和紙はこの後再加工され、
透け感を生かした照明機器に生まれ変わるとのこと。



このように透かしを入れて、紙を漉くこともできるのも和紙の特徴的な技術。

主に各種学校や大学では卒業証書に校章や校名を、
免状・賞状用紙ではマークやロゴや飾り枠を、
懐紙用紙に家紋をに入れてみたりと、透かしは色んな用途に使われています。

紙の中にこういった透かしを入れることができる事を
少し知っておくだけでデザインする際の表現の幅が広がるのではないでしょうか。

『透かし入りの手漉き和紙作製』の詳細は以下の通り

・・・・・

続きを読む…

奈良明日香村の万葉文化館で出会う坤柄紙と日本の原風景

2011/08/16 19:00
投稿者: kawate カテゴリ:イベント報告
先日、奈良県明日香村にある県立万葉文化館で開催の
七夕祭り・10周年記念に坤柄紙(こんがらがみ)
展示させていただく機会がありました。





こちら施設は昔の遺跡の真上に建つ、平屋建てのかなり広く、
持っていった大判和紙の坤柄紙が全然足りないくらい大きな空間。

搬入が半日のみ、展示は11時間、撤収が2時間以内と短く大変でしたが、
七夕祭りの来場者も比較的多く、色んな方々にご覧いただいて良かったです。

続きを読む…

夏季休業日のお知らせと期間中の対応について

2011/08/11 15:00
投稿者: kawate カテゴリ:お知らせ
毎日毎日、暑い日が続いておりますが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

当面、この暑さが続きそうですね。
お体、くれぐれもご自愛ください。

さて、今回は和紙商小野商店の夏季休業日と
期間中の対応についてのお知らせです。

8月12日(金)は午前中のみの営業で午後から
8月13日(土)から16日(火)まで、お休みをいただきます。ご了承下さい。

・・・・・

続きを読む…

空間演出に使用する別注可能な大判和紙とは

2011/08/05 13:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙の作製事例
ある会社の会議室の空間をLEDを組み合わせて演出するため、
襖紙よりも大きめの変形サイズの和紙を別注で
お作りする機会がありました。



打ち合わせ当初は通常の襖紙程度の大きさでお考えでしたが、
和紙でも大きなサイズで漉く事も出来ることをお伝えしました。

一転、紙原材料の色留め、紙を漉く大きさ、紙厚など仕様を決め、
完全な別注の大判襖紙をお作りすることに。

続きを読む…


上に戻る