和紙商 小野商店

大阪の中小企業とクリエイティブとのコラボレーションの今を知る冊子

2013/04/09 15:00
投稿者: kawate カテゴリ:マスコミ・メディア掲載
大阪のクリエイティブを支援する公的機関の「メビック扇町

先日、発行された最新版の冊子には
OSAKA CREATOR 2013 - メビック扇町から始まる協働のカタチ」というテーマで
大阪のクリエイター達と中小企業とのコラボレーション17の事例が掲載されています。

冊子「OSAKA CREATOR 2013 - メビック扇町から始まる協働のカタチ」に掲載の大判和紙kon-garaの取り組み

また大判和紙を使ったタペストリー「kon-gara(コンガラ)」の取り組みについても取材があり、
巻頭の4パージの当社と私も写真入りで掲載していただきました。
ありがとうございました!

続きを読む…

33年に1度のご開帳でお披露目される寺院御本尊の空間を彩る大判和紙

2013/03/15 11:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
先日、ある寺院のご本尊と本堂の空間を演出する
kon-garaを大判和紙で作製し、納めるため尾道まで伺ってきました。

瀬戸内海を一望できる尾道千光寺からの眺め

瀬戸内海を一望でき、山頂に位置する風光明媚な大宝山千光寺

今回、33年に1度ご開帳される御本尊千手観世音菩薩と
それに先駆けて行われた法要の空間演出を
同寺の石碑に刻まれている曼荼羅と梵字をアレンジし、
切り込みを入れた別注のkon-garaをタペストリー型で作製。

続きを読む…

墨文字のかすれまでも繊維で表現してしまう手漉き和紙の技術力

2013/02/26 15:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙の作製事例
昨年からやり取りしていた免状用紙がほぼ完成。

紙の色や厚み、漉き合わせのデザインまで全てオーダーメイドの手漉き和紙。
やっと完成に漕ぎ着けただけに感慨深い免状用紙となりました。

墨文字とかすれを漉き合わせた、手漉き和紙の免状用紙をオーダーメイドで作製

この免状用紙はある武道団体がお使いになり、
大会時や昇段試験の際の合格者にお渡しするとのこと。

続きを読む…

国内外の現代アートが集結したトランスナショナルアート2013のkon-gara出展作品

2013/02/09 18:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
先日、大阪府立江之子島文化芸術創造センターで開催の
現代アート展「Transnational Art(トランスナショナルアート)2013」に
大判和紙のアート作品「kon-gara」を出展させていただきました。

国内外のアーティストが出展する現代アート展「トランスナショナルアート2013」に大判和紙のアート作品「kon-gara」を出展

国内外の現代アートが多数出展され、
様々な表現方法知ることができ、
またアーティストとの交流でいい刺激になりました。

続きを読む…

紙全体の荒々しい素材感が特徴的な空間演出用の手漉き和紙

2013/01/25 16:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙の作製事例
先日、ある手漉き和紙の作製を支援させていただきました。

原料に楮を多めに配合し、紙を漉いた後、
光に通した時の透け感が雲龍柄になるというというもの。

外資ホテルの空間演出用に使用する楮入りの手漉き和紙

外資ホテルの空間演出用に使用する楮入りの手漉き和紙

続きを読む…

心斎橋の大丸百貨店北館14階で開催のアートストリームに出展した新作のコンガラ作品

2012/11/22 11:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
事前選考を経て、先月アートストリーム2012に
坤柄紙(こんがらし/kon-gara)の新作を出展、
3日間の会期が無事終了しました。

多数のご来場、誠にありがとうございました。

会場は大阪心斎橋にある、
大丸百貨店心斎橋店北館14階のイベントホール。

眺望も良く、申し分ない出展場所でした。
場所柄か、来場者も比較的多かったように思いました。

アートストリーム2012、NO.59のkon-garaブース

続きを読む…

和紙特有の素材感が特徴の凸版で印刷した手漉きの名刺

2012/11/12 15:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙製品の作製事例
以前、四方耳付きの手漉き和紙を使った名刺の作製事例。

一枚漉き手漉きの和紙名刺は2種類のデザインで作製

名刺の表裏とも和紙特有のザラザラした素材感が特徴の一枚漉きの名刺。
樹脂板で凸版を個別に作製し、表面のみ黒色だけで印刷しました。

一枚漉きで手漉きの和紙名刺、紙表面のザラついた素材感

紙自体に少し柔軟性があり、
箔押し加工や活版での印刷でも相性が良さそうな気もしました。

続きを読む…

大阪天満宮近くの料亭「相生楼」で開催された花伝サロンの空間を坤柄紙(こんがらし)で演出

2012/10/18 16:00
投稿者: kawate カテゴリ:イベント報告
大阪天満宮近くの老舗料亭「相生楼」で開催される花伝サロン。
市内の美術画廊ギャルリムスタシュが毎年2回主催するイベント。

今年の3月には女優の渡辺エリさんをゲストに迎え、
川端康成さんの「伊豆の踊り子」朗読会を開催した際、
大判和紙のタペストリー型アート「坤柄紙(こんがらし)」で
空間演出させていただきました。

[⇒]大阪天満宮近くの料亭「相生楼」で開催、
伊豆の踊り子朗読会を飾る坤柄紙(こんがらし)展示の様子


大阪天満宮近くの老舗料亭「相生楼」で開催された花伝サロンの空間を大判和紙の坤柄紙(こんがらし)で演出

今回はスピリチュアル系でテレビなどで有名な江原啓之さんを
ゲストに迎えての講演会があり、同じように空間演出させていただきました。

続きを読む…

光の陰影を見せるテキスタイルデザインのような透け感が特徴の手漉き和紙とは

2012/10/02 20:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙の作製事例
以前、作製を支援した照明のシェード用に
使用されることになっていた手漉き和紙の事例。

全体的にグレーかかった和紙に
画像のテキスタイルデザインのような透け感を持たせ、
照明の光を通して陰影を見せるという和紙の表現方法。

テキスタイルデザインの透け感を漉き合わせで表現した、照明のシェード用に使用する手漉きの和紙

通常、この和紙は無地のグレーですが、光を透過させた時にのみ
画像のようなテキスタイルデザインの柄が現れるのが特徴です。

続きを読む…

大阪産業創造館で開催されたトラディショナルクールフェアの展示風景

2012/09/19 16:00
投稿者: kawate カテゴリ:イベント報告
先日、市内にある大阪産業創造館で開催された、
トラディショナル・クール・フェア」が無事終了しました。

多数、ご来場いただき、誠にありがとうございました。

半日だけの商談会形式のイベントでしたが、
色々な分野のバイヤーさんとお話しする機会を持つ事ができ、
大変有意義でした。

産創館側もこのような伝統産品+モダンという切り口が
初企画とのことでしたが、なかなか良い商談会だったと思います。

大阪産業創造館で開催のトラディショナルクールフェア、和紙製の丸背上製本ノートを出展、ブースにはらせん状の連続柄で、穴の開いた、透け感のある大判和紙を使って空間演出

大阪産業創造館でのトラディショナルクールフェアの出展風景。和紙商小野商店のブースでは和紙製の丸背上製本ノートを出展

続きを読む…


上に戻る