付加価値ではなく、負荷価値!

  • 投稿者:  
  • 表示回数 1,960

先日、某テレビ番組で、“デザインの工夫でこんなに便利に” といった特集があり、思わず “へぇー、スゴイ!” と見ておりましたが、次第に・・・

「今まで生活の知恵で知らず知らずに工夫してやっていたことを、デザインが解決してくれるってことは、知恵を使わなくて済む」 ということ???

いろんなことが便利になり過ぎて、人間の能力が衰えてきはしないかと心配になってきました。


子供や高齢の親たちと接していると、適度な負荷というものがとても大切に思えます。

もちろん苦痛を伴うほどの負荷はいけませんが、本人が出来ることや、やろうとしている事にまで手を貸すのは、決してその人のためにはなりません。

企業は商品やサービスの付加価値を高め、一般人はお金を払ってその恩恵を享受するわけですが、そのバランスがひどく偏ると、いずれはお金も回っていかないように思います。

なので、これからは付加価値ではなく、“適度な負荷で成果が上がる” ただ便利なだけではなく人間の能力を高めるような 「負荷価値」 のある商品やサービスが増えるといいなぁと思う今日この頃です(*^^*)