パレットでの荷物搬送で問題点はありませんか?

2013/02/14 10:00
投稿者: tsutae カテゴリ:物流保護資材

商品の保管や搬送で、パレットに積んだ梱包物が崩れないように様々な対策をされていることと思います。そのような中で、下記のような問題点を経験されたことはありませんか?



パレットに積載した荷物の上段で、梱包用の結束バンドを縦方向に固定する場合、強い引き締めにより段ボールの角部分にバンドが食い込むことで箱を破損したり、擦れて傷をつけることで荷主(お客様)よりクレームとなることがあります。

パレット上の荷物が崩れないようにストレッチフィルムでグルグル巻きにしますが、開梱時にフィルムのゴミ嵩が大きいため手間と処理費用の負担による問題から、荷主(お客様)より改善を求められる場合があります。

このような問題に対して、弊社の紙製角あて材エッジボードが有効です。板紙を積層した硬めの物流保護資材で、L型の細長い形状ですので段ボールの角に当てることで結束材の締め付けによる損傷を防ぎ、パレット積載物の四隅に角あて材を使うことでストレッチフィルムの使用量を軽減することができます。(横方向に対して角あて材と結束バンドを併用する方法もあります)

角あて材自体が紙製ですので、廃棄時は段ボールと同様に古紙回収として処理することが可能で、荷主(お客様)での負担軽減につながります。



紙製の角あて材は、梱包物や貨物の形態、輸送環境にあわせて厚み(強度)と巾、長さが任意で選ぶことができます。別注で加工しますので、ある程度の注文数(ロット)が必要となりますが、使い勝手の良さから、様々な企業での物流に使用されています。

商品の詳細につきましては弊社ホームページサイトをご覧ください。
http://www.moriyas.co.jp/eco_sizai/products/edge.html

もりや産業 又は、 エッジボード で検索してください。 

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。