株式会社山田製作所

株式会社山田製作所

株式会社山田製作所

当社は昭和34年4月に、プレス加工を主として創業をはじめました。
以来、お客様のニーズに応えるべく、板金加工、製罐加工、機械加工と技術革新を行い、現在では自社による省力化機械の設計製作もおこなっております。
徹底した3S活動をベースにQMS及びEMSの継続的改善と更なる技術の追求を続け、心のこもったモノづくりを通じて、人を育てる企業文化の創造と社会への貢献を目指していきます。
年間100社以上の見学者が訪れてくれる企業です。
匠企業 in BMB
今日の見学社





今日は、
有限会社アグリサポート様(愛知県海部郡)
株式会社奥田合成様(愛知県海部郡)
合資会社トビシマ製作所様(愛知県海部郡)
株式会社サトー様(愛知県名古屋市)
株式会社中農製作所様(大阪府東大阪市)
から6名様が見学に来てくださいました。

3S・5S活動をどう定着させるのか
など、「徹底とことん」を話し合いました。

遠方のところ
ありがとうございました^ ^
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社






今日は
毎年恒例の白鳳短期大学 専攻科 地域看護学専攻の学生40名さんと先生2名が来てくださいました。

すでに看護師の皆さんです。そして保健師の資格の為に学ばれています。

看護師はもちろん、保健師で地域産業での健康に関わるお仕事につかれます。

世の中小企業で働く社員への助言者として、また中小企業経営者のよきパートナーとしのご活躍を期待しております。
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社は海外からオンライン②





今日は、
一般社団法人海外産業人材育成協会(AOTS)
「日本企業の5Sによる組織変革事例紹介」
による、オンライン工場見学会です。

・パキスタン🇵🇰、マレーシア🇲🇾、インド🇮🇳、タイ🇹🇭、エジプト🇪🇬、インドネシア🇮🇩、スリランカ🇱🇰、ネパール🇳🇵、バングラデシュ🇧🇩、ガーナ🇬🇭、ベトナム🇻🇳、北マケドニア🇲🇰
12カ国、46名さんが参加されています。(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社は海外からオンライン①





今日は、朝からオンライン見学会
受講者は、メキシコ🇲🇽、ペルー🇵🇪、パラグアイ🇵🇾から30名様です。

一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)さん主催の見学会がこの2年間コロナ禍で開催できていません。

そこで、オンライン見学会です。
事前撮影した動画を見てもらいそして質疑応答です。
しっかりと伝わりました。
ありがとうございます😊(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社





今日は、京都府立亀岡高等学校より
先生が見学に来てくださいました。

学校の改革を応援したいですね。

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社





今日は、愛知県ら愛知中小企業家同友会より、
11/17(水)に開催される「あいち経営フォーラム」の実行委員会の皆さんが来てくださいました。
10分科会の一つを担当させていただきます。
熱く語りに行かせてもらいます。

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社





毎年2月の恒例として、海外産業人材育成協会(AOTS)さんアテンドで海外から見学に来てくださいます。
しかし、全世界に広がった新型コロナウィルス感染症でこの2年間は開催できていませんでした。

そこで、オンライン見学を開催しょうということでその撮影に来てくださいました。

大手前大学 大森先生
AOTS            竹内さん
ありがとうございました😊(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社





今日は、
一般社団法人大阪府経営合理化協会の
第20期二世塾の皆さまが見学に来てくださいました。
時期社長になられる後継者の皆さん。
現在の社長(親父さん)や古い社員さんとの葛藤もあるでしょう。
今日の見学と講義は少しのヒントになったとおまいます。

株式会社エマナックさま
協和ステンレス株式会社さま
株式会社キャットアイさま
株式会社三和歯車さま
望月商事株式会社さま
株式会社千田さま
一般社団法人大阪府経営合理化協会さま

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社





今日は
地元から北口精機株式会社18名さまが見学に来てくださいました。
北口社長は、社員の自主性・自発性を大切にした社員教育に熱心な方です。
今日来られたリーダー達は真剣な姿勢で参加されていました。さすがです。

同じ町内会
互いに切磋琢磨しながら頑張っていきましょう!
ありがとうございました^ ^

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



今日の見学社





今日は、奈良市から
株式会社ノトスクリエイティブホームさま
ライフラインサービス株式会社さま
が見学に来てくださいました。

安全について
整理ではもったいないという葛藤
など多くの意見交換が楽しかったですね。

ありがとうございました😊

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



東京からワイデクル管理ボードを見にきてくれました


先日出展した新価値創造展2017で名刺交換させていただいた
東京の会社の方が実際に使用しているワイデクル管理ボードを見に
山田製作所まで来てくれました
非常にありがたく嬉しく思うと同時に、いいと思ったときの行動力に
驚愕しました。見習わないとダメです

ワイデクル管理ボードは工程や進捗管理に多大な貢献ができる
商品です。多くの企業で見える化に貢献して業務の効率化にお役に立てること願っています


(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



大阪勧業展2017に出展します


http://www.osaka.cci.or.jp/kangyo2017/
来週18日19日
マイドームおおさかにて行われる
大阪勧業展2017に
山田製作所とワイデクル事業部が別々で出展します
山田製作所では、リニューアルしたホウ吉課長が自社の技術力をPR
ワイデクル事業部は情報管理で3つ商品を提案します
19日はイケメン現場男子の高倉湧麻君がはじめて展示会に参加
ワイデクルを宣伝します
自分も、ドキドキして出展していた頃の気持ちを思い出させてもらいます
ぜひ見にきてあげてください



http://www.yamada-ss.co.jp/
http://y-decl.com/


(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



経営指針の実践進捗確認


9月14日15日と中小企業家同友会全国行事
青年経営者全国交流会IN茨城に参加してきました


全国の経営者から社員共育をテーマに経営指針実践を議論してきました
指針書は作った時がスタートでありどう実践していくかが重要であるとのこと

指針書の行動目標へのPDCAをどうしているかとの議論の時に
山田製作所の指針書とワイデクルパルフェ帳を話したところ
好評をいただきました
確かにこのワイデクルパルフェ帳は自社の経営指針による
行動目標の管理をもっとわかり易くしたいとの思いから始まっています



やっぱり同友会です。県は違っても指針経営と言う共通言語があり
その実践者はワイデクルパルフェ帳の意義をすぐに理解してくれます

http://y-decl.com/

(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



新商品発表です



ワイデクル事業部3つ目の商品が9月からの展示会でいよいよ発表します
この「ちょくレポ」は、山田製作所が9年前より行っていた加工進捗報告サービスを整備し、商品化したものです
仕事を依頼する側からすると一番の心配は「やってるのかな?」「どこまで進んでるのか?」です
そこで、顧客に安心を提供するために考えたのが進捗報告サービスです
毎週1回から2回進捗状況を写真で報告するサービスです
これにより、顧客は安心され、また製作段階で設計上の問題が発見されたり、製作中の不具合が見つかったり
なかには進捗報告のおかげで立合いが無くなったりと非常に好評をいただいておりました
依頼される側としても顧客より納期確認がある度にバタバタと情報を集めるなどの無駄な仕事が無くなっています
しかし、写真を撮ってパソコンにダウンロードして報告は結構手間がかかっています

そこで今回開発した「ちょくレポ」はスマホで、簡単に報告ができたり、はじめに工程表と一緒に報告できたりと
便利な機能が満載です

山田製作所で実証済みの安心を提供するちょくレポをぜひお試しください
10月より無料モニターを開始します
ご期待ください

http://y-decl.com/
(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)



情報の伝達


情報の伝達不足により製品の不適合が発生しました
この時は議事録もしっかり取っていたのですが話の掛け違いでの発生です
これを機に社内の情報伝達のフローを見直したところ
ワイデクル管理ボードを使っているものの情報伝達の不備が沢山発見されました

いろいろ、議論を聞いていたのですが、結局は
展示会でワイデクルをプレゼンする時に言っている
「予定の完了までにやるべきことを全て洗い出し、いつまでに誰がやるかを見える化し
全体で管理する」
結局ここに帰ってきます
ワイデクル管理ボードの有効性をもっともっと深く追求する必要を感じ、
9月からの展示会に向けて、プレゼン方法を再度見直すきっかけができました

ワイデクル商品は社内にある情報不足によるムダを排除します
http://y-decl.com/(この記事には画像があります。画像部分は外部ブログサイトで見れます。)