アースデイ平城京2009

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,297
「アースデイ平城京2009」が奈良市の平城宮跡資料館講堂で、
「平城遷都祭2009」と同時開催で4月25・26日の両日開催されました。













 
環境社会新聞社の「環境パートナーシップ協会」の一員として、弊社も「炭焼き達人」の
パネル展示をしました。
荒れた竹林を整備する「竹林整備活動」をスポーツと捉え、企業がスポーツ活動を
支援するように、「竹林整備活動」を支援しましょうと、訴えました。

 竹は、成長が速く6~7年で枯れてしまいます。 今問題となっている放置竹林は、
枯れた竹が折り重なり足も踏み入れられない状況にあります。 竹が成長する段階
で当然、二酸化炭素を沢山吸収して成長します。
 ところが、枯れて朽ち果てると再び二酸化炭素を放出していまいます。 
そうなる前に間伐をして、その竹を「炭」にして、農業等に活用します。
土に戻して二酸化炭素を隔離するのです。 地道な炭素隔離です。
 そのような「竹林整備」を応援してください。

    自然流炭焼き窯「炭焼き達人」
  
 株式会社テサキ製作所
 代表取締役 手 崎 貴 之