からくりの研究

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,774

からくり人形を3次元CADで復元をしてます
江戸のハイテク技術、からくりに興味があり、懇意にさせていただいている、 日本からくり研究会 理事 東野進氏の監修・指導のもと江戸時代のからくり技術を復元しています。

茶運人形


「茶運人形」のからくり機構やカム構造を3次元CADでデータ化し、ひとつひとつの部品の組合せや動作を検証。データからモノづくりの最先端技術であるRP造形装置を使用して製作し、壊れない、虫や湿気にもつよい、高い精度で正確に動く「現代版からくり人形」を作成し、2005年 東京江戸博物館で実演も行いました。

ぜんまいの動力とカム構造で動くからくり人形の技術の高さにはいつも脱帽させられます。

[tag: からくり 3次元CAD]