国立国会図書館のWARPに沢山のインターネット情報が

2019/10/31 08:00
投稿者: takashima カテゴリ:情報発信

国立国会図書館では、国立国会図書館法に基づいて、インターネット資料収集保存事業(WARP)により、2002年より日本国内のウェブサイトを収集・保存しており、消えてしまった過去の情報も見ることができます。

社長の日記 >>>>> https://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=3043



 

 

[コメントを投稿する]
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。