ゼンマイバネについて

2010/12/22 12:00
投稿者: nozaki カテゴリ:ゼンマイバネ
接触型ゼンマイバネ うず巻ばねは,断面一様な細長い材料を一平面上にうず巻形に巻いたばねです。そのばね作用は,はねの→端よりトルク(回転モーメント)を与えることによって,材料には曲げモーメントが生じ 曲げの弾性変形を,トルクに対する角度変位として利用することによって行なわれるもので、限られた容積(香箱)に多くのエネルギーを貯えられるという点で利用価値が大きい特徴を持っています。

材質はSUS301EH,SUS301,SUS304,硬鋼線を圧延したフラットワイヤー、リボン鋼等が使われています。

材料は長方形断面の帯状のもの,円形断面の線状のものが用いられますが,材料の単位体積あたりのエネルギー蓄積が大きく,限定された空間に入れやすいので帯状の材料すなわち鋼帯などを用いるのが有効です。

非接触ゼンマイバネうず巻ばねには各巻面が互に接触しないものと,接触するものがあります。非接触形うず巻ばねは時計のひげぜんまい(振動性),自動車のウインドウレギュレータなどに使用され、接触形は非接触形に比べて回転角は大きくとることができるので,時計やコードリール・車のシートベルトリトラクターなどに使われています。



タグ:ゼンマイバネ シートベルトリトラクター SUS301EH



 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。