ぴちょんくんの裏話を聞いて

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,569
ダイキン工業のキャラクターである「ぴちょんくん」に秘められた話しを聞きました・・・ 今日、近畿経済産業局・関西経済連合会・大阪府が主催した、
「異業種連携セミナー:コンテンツで経営イノベーション」を聞いてきました。

その中でダイキン工業営業企画本部の酒井課長さんがぴちょんくんの誕生から
現在に至るまでの壮絶なドラマをお話しされました。
今から十数年前は国内シェア5%で6位だったのが、今はぴちょんくんのおかげでルームエアコンのかなりのシェアと知名度を築きあげたとのこと。

そしてコンテンツの大切さをしみじみと話しをされていました。
特にその中で、酒井課長さんが強調されたこと、3つ・・・
①ブランド力
②常識を変える力(常識にとらわれない)
③社内で大きく変えていくのは、若い社員と女性であると。
 (ぴちょんくんは女性社員のアイデアとのことです)

一般にキャラクターの寿命はよく3年と言われているそうですが、
ぴちょんくんはもう10年以上人気があり、「もうどうにでもして~」という捨てられキャラを
ずっと貫いているそうです。これが安定した根強い人気の原点だそうです。

コンテンツひとつが会社を大きく左右するのですね。
今日もいい勉強になりました、感謝!

PS.
ちなみにグッズの販売売り上げだけで、年間4億円あるそうですよ!