デザイナーが知っておきたい和紙に香りや機能を付加する加工方法。

2010/07/27 11:00
投稿者: kawate カテゴリ:和紙への印刷
人の五感には、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚があります。
また和紙には人に与える代表的な感覚があります。

視覚的として、『和紙の色』『柄・模様』
触覚的として、紙の持つ『素材感』『紙厚』が挙げられますが、
『香り』という嗅覚的な内容を和紙に付加する事が
出来るようになりました。

以下のような印刷や加工を施すことによって、
マイクロカプセル化した『香り』や『機能』を和紙自体に
付加する事ができそうです。



※続きは下記の和紙商小野商店のブログページをご覧下さい。

[⇒] デザイナーの方がこっそりと知っておきたい
和紙に香りや機能を付加する加工方法。


和紙商小野商店 河手

: : : : :

◆ご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

『企業ブランディングを和紙で彩る。』
【和紙商小野商店のサイト】も宜しければ、ご覧下さい。

◆和紙・小間紙に関するお問合せ、マスコミ取材のご依頼などは
【和紙商小野商店のお問合せフォーム】から連絡下さい。

[tag: デザイナー 和紙 香り 機能 加工]
[コメントを投稿する]
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。