ばねの起源

2011/08/22 15:00
投稿者: nozaki カテゴリ:ばねの歴史

 人類が道具を使うようになり、その過程で材料の弾性を利用した製品を作ってきました、
紀元前13世紀・トロイの遺跡より金製の装飾品が発見されました。

BC8th頃には金属製の錠が使用されており
以降、腕輪(防具)・弓・投石器・罠等をに
使用され、BC3thには握り鋏(青銅製・鉄製)が登場したと
されています。

日本では縄文時代には短弓、弥生時代には長弓の使用が「魏志倭人伝」にも
記されています。
また、この頃から竹を二つの折ったピンセット状の「折箸」が登場しましたが、
一般に用いられることは無く、神器だったようです。


 




 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:Re:ばねの起源
nozaki様

お世話になっております。
朴@府立産技研です。

ばねにまつわる記事を楽しく読ませていただき、有難うございます。

産技研では、メカトロニクス分野の担当しております。
最近では、移動機構、ハンド機構をモータのマイコン制御で動かすシステム
などの研究開発も行いました。このような機構では、主にリンク、ギアが主な
要素となるのですが、ばねは、その弾性による復元力ならびにエネルギーの
蓄積により、簡単な機構で運動の制御を可能とする重要な機械要素です。

記事にアップされておられる多種多様なばねの製作例からも、その重要さが
わかります。

今後ともよろしくお願い致します。
投稿者: park on 2011/08/23 13:42
コメント:Re:Re:ばねの起源
 こんにちは、朴さん
お世話になっています。

(有)加賀スプリング製作所・野崎です。
楽しんで頂いたようで、嬉しかったです。

数年前に「日本ばね学会」の技術講習会で
聞いたお話「ばねと材料の歴史年表」と
「ばねハンドブック」等を読んでいるうちに、
興味を持ちました。

本当にばねは重要な機械要素だと理解できますよね。

---
代表取締役 野崎武士

投稿者: nozaki on 2011/08/23 14:30