ばねに於ける低温焼なましの注意点

2010/08/25 11:00
投稿者: nozaki カテゴリ:熱処理
低温焼なましの目的より、有害な残留応力の除去という観点から、低温焼なましはばね成形後なるべく早い時期(ばね成形直後が理想的とされている。)に行わなうことが良いされています。残留応力を内在させたまま放置すると、応力腐食、遅れ破壊といったトラブルを招く可能性が高い。特に高強度材ほど残留応力が高いので注意が必要です。

 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。