バネの不動態化処理

2010/07/09 15:00
投稿者: nozaki カテゴリ:防錆処理
 不働態処理済みバネ不動態とは金属の表面に酸化した皮膜ができ、内部を酸による腐食から保護する状態のことで、非常に酸化力の強い酸にさらされた金属表面に不動態ができる場合があります。
酸化膜が形成されていれば不動態と呼ばれており、ステンレス鋼の表面に形成される酸化皮膜もこの不動態化皮膜に当たります、ステンレス鋼の耐食性はこの皮膜に起因します。
ステンレス鋼は本来、空気に触れることにより、ステンレス鋼自体が不動態化皮膜を生成していますが、二次加工、溶接などで局部的に強固な皮膜が失われるともあります。
このような場合には最終工程で不動態化処理を施し、強制的に均一で強固な皮膜を形成させて腐食の防止に役立てている。

ステンレスバネへの具体的な不動態化処理方法は「硝酸、その他強力な酸化剤を含む溶液への浸漬」が多く取られている方法です。
 


 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。