大師の里・彦左衛門のあじさいまつり

  • 投稿者:  
  • 表示回数 2,821
日本人が、昔から大切にしてきた水! 
三重県多気郡多気町の「立梅用水」(たちばいようすい)、
江戸時代後期に貧しい農民を救うために、丹生村地士
西村彦左衛門が私財をもなげうって全長30kmもの
農業用水を完成させたのだそうです。

そうして出来た「立梅用水」に感謝し、これからも皆で大切に
守っていく証の、「大師の里・彦左衛門のあじさいまつり」が、
6月14日に行われました。















地元の農機店「たかお」さんのブースに、 ちょっと場違いな
自然流炭焼き窯「炭焼き達人」を展示させてもらいました。

この地域でも放置竹林が問題になっていて、間伐した竹材を、
「竹炭」にして利用しようと言うことで話が盛り上がっていました。





地元の人々が大切に守ってきた「立梅用水」を紹介します。
岩山をくり抜いて工事が行われました。
この素掘のトンネルには、 当時東大寺の大仏殿の建立の
ために掘られた水銀の坑道が、水路と交差しているそうです。

















「あじさいまつり」の時だけの、用水ボート下りが大人気です。 
写真は、トンネルを抜け出たところです。















村の人たちは、この用水で米をつくり、野菜を育て、また遊び,
地域を結ぶ地域用水として役立ててきています。
古い歴史の中で、用水を守りながら農村の秩序を確立し、
農業と農村の文化の礎を築き上げてきたのです。
この地域の人々の固い絆と共同体の意識を強く感じました。

来年の「大師の里。彦左衛門のあじさいまつり」には、
是非一度お出かけください。都会にはない農村の元気を
もらえますよ!


自然流炭焼き窯「炭焼き達人」

株式会社テサキ製作所  代表取締役  手 崎 貴 之