上に戻る

伝統医療研究所

伝統医療研究所-rss 伝統医療研究所

伝統医療研究所

出来る限り身体に負担の少ない自然な方法で、治療難民を救済し、豊かな人生を送る人が増え、アカルイ社会を実現することを目指しています。

 

具体的には、世界各地の伝統医療に関する英和翻訳・通訳業務の他、商品開発を共同で行います。

中国最古の薬物書に『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』があります。“神農”とは4000~5000年 前と言われる古代中国の神で、身近な草木の薬効を調べるために自らの体を使って草根木皮を嘗め、発見した薬によって多くの民衆が救われ、神農は薬祖神とし て祀られるようになりました。神農のように世界各地域に根ざした様々な伝統医療を試し、「どこにいけば、何をすれば良いかわからない痛みや、原因不明の不 調でお困りの方に、楽になるきっかけをみつけてもらう」為に情報を提供します。ご紹介させて頂く「医療」とは、生命と病気、そして治療についての理論が有 り、この理論が再現性を持っているものです。病気を治す為、生命や病気のしくみ等を明らかにし、治療方法を決め、その方法は、誰が行ってもうまくいき(再 現性)、考え方の辻褄が合っているものをさします。(西洋医学以外のものも含みます。)

 

  • 情報をもとに商品化したい
  • 一緒に一から開発したい
  • 一緒にイベントを開催したい
  • 講演等で通訳・翻訳をしてほしい(主に英語→日本語)

と言ったご相談をお待ちしております。

 

特に専門としているのは、東洋医学、中医学ですが、他の医学に関しても実績があります。

  • 目のツボ、健康維持の為のツボセミナーと講演(徳島、大阪)
  • チベット医学 脈診に関する講演の通訳(日本中医学会)
  • インド伝統医学に関する商品開発(現在進行中) など

 

伝統医療研究所 畠中 恵美

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-6-2-201
TEL: 070-5077-6325(9月1日より電話番号がかわりました)