塗装系亜鉛フレークコーティング

2010/07/02 15:00
投稿者: nozaki カテゴリ:防錆処理
 ジオメット処理済バネ塗装系亜鉛フレークコーティングは、商品名ダクロタイズドと呼ばれています、米国ダイヤモンドシャムロック社の開発した低温焼付塗装の一種のことです。この処理(以下ダクロ処理)は6価クロム化合物で結合した塩で高い耐食性を有する銀白色の被膜を形成し、電解反応の工程がないため、水素脆化の危険がない等の特徴がある。このため、自動車部品としてのばねにはかなり普及しているようですが、めっきに比べコスト高になります。
 
最近では亜鉛メッキ後のクロメート処理やダクロ処理で生成する6価クロム化合物の環境問題がクローズアップされ、6価クロムフリーのジオメット(株式会社日本ダクロシャムロック)、プログレート(株式会社椿本チエイン)、ドルフレーク(アイシン化工株式会社)などが開発されています。
 
ダクロ処理工程は、バスケット方式とハンガー方式があり、小物ばねは前者で行われており、これの工程は、被処理物の洗浄錆落とし後、バスケットに入れてダクロディップに浸漬塗装した後遠心振切りを行って余滴を除去したのち、金属表面温度を260~330℃に加熱して焼付けを行う。通常はこの作業を2回繰返すことによって素地への付着ムラを無くす方法を取られています。
 


 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。