コマーシャライザー

2009/03/29 00:00
投稿者: hojo 
 某セミナーの宿題で、コマーシャライザーという写真とコピーを入力するだけで自動で動画CMを制作できる、というサービスを試してみました.

見てみると、決まった流れと、エフェクトがあって音楽なども準備されています.テーマがいくつかあってそれぞれに写真の枚数やコピーの数も決まっていますので、それにあわせて写真やコピーをいれるだけでCM動画が制作されます.
試しに手持ちの写真を入れてみましたが、一見キチンとしたCM風のものがつくれます.

ただ、サンプルの動画を見ていてもどれも同じような感じで、あまり印象に残るものがありません.

基本的にCM等の広告は、クライアントが何をどうお客さんに訴えたいのかを、CMを制作するディレクターがクライアントから汲み取り整理して作り直して、結果としてCMや印刷媒体というカタチに仕上げます.
プロセスを見ていると、カタチにする作業はその最後の1工程で、そこでのスキルは当然必要ですが、CMとしての勝負はそれ以前のプロセスでほぼ決まります.

結局、このサービスはその最後の部部だけを簡単に出来るようにしたもので、その表現自体も向こうまかせになります.そのため、パッと見はそこそこに出来ていますが、内容がぜんぜん伝わってきません.
このサービスで効果的なCMを創ろうとすると、自分の意図をうまくシステムが準備したフォーマットに落とし込んで、写真やコピーもフォーマットにあわせて準備し直すなど、結局イチから制作するのと手間的にはほぼ変わらないでしょう.

実際に商売されている方のCMもアップロードされていましたが、店の什器や小物を全部百円均一で揃えた様な印象で、ものすごくチープに見えました.まあ、何も考えずに広告代理店に丸投げすると、同じようなものになるのかもしれませんが、、、.

結局、セミナーの宿題はMacに付属のiLifeで制作しました.
このソフトも簡単に動画を作れる機能があって、ほとんど手間をかけずにできました.(今回初めてiMovieを使いましたが、ホント簡単です)
iLifeも同様にシロウトが出来合いの素材を集めてそれなりの作品を作れるようになっているのですが、いかにコンセプトやメッセージを伝わるようにするか、という表現の部分にユーザーが集中できるようにデザインされています.

デザインのプロセスで考えると、iLifeはカタチにするまえの考え方を整理してそれをどう表現するか、というディレクター業に専念できるようになっていて、手を動かすデザインオペレーター業の部分はかなりソフトが肩代わりしてくれます.
コマーシャライザーの方は、どっちかというとディレクターもシステム側が用意して、利用者はクライアントの立場で素材だけ提供するようなカタチになってしまっていて、思考停止状態に陥りやすいようです.
言い換えるとアップルのソフトは、「クリエィティブなことをする手助けを丁寧にしてくれる」のに対して、コマーシャライザーは「パッと見のいいものを自動販売機的に提供する」事に終わっています.
二つのソフトを見比べて、そういうソフトの思想の違いを感じました.



 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:Re:コマーシャライザー
 木下です。

BMBでもコマーシャライザーを色々利用しています。
TOPページでは GLTMatrixの長田さんが作成してくれたBMBのCMが(^^

仕上がりに細かな拘りを考えなければCM動画の取っ掛かりとしては
妥当なサービスだと思います。

---
TKTools
木下敏夫
http://www.tktools.jp/

投稿者: kino on 2009/03/29 01:50
コメント:Re:Re:コマーシャライザー

Item-s design 様

コマーシャライザー、iLifeについてのご指摘、全くその通りだと思いました。

BMBでコマーシャライザーが話題に上りはじめたのは、私の相談ごとがきっかけかも知れません(;^_^A ・・・

→ http://bmb.oidc.jp/article.php/20090301204350559

結果的には、相談内容のムービー制作はiMovieで別の方にお願いすることにし、私はご紹介いただいたコマーシャライザーで別途CMを作ってみることにしてみました。

→ http://bmb.oidc.jp/article.php/20090318021937178

その差はまったくご指摘の通りだと思います。

ただ、プロに依頼する予算や必要性もなく、MACを所持しているわけでもなく、ディレクター的な素養もない場合も多いと思いますので、CM動画の取っ掛かりとしてコマーシャライザーの無料サービスを活用してみるのも、イメージダウンにさえならなければ良いのではないかなぁと思いました(o^-^o)

オフィス戸部

投稿者: tobe on 2009/03/29 03:55
コメント:Re:コマーシャライザー
 こんにちは.BMBでも使っている人も多かったのですね.
 
コマーシャライザーは、本文でも述べている通り、CMの訴えたいこと、クライアントの特徴などをヌキにして外観(スタイリング)部分のみをつくる仕様になっています.
ですので、そういうコンセプト部分を練り込んだ上で制作をしないと、一見良くできているけど中身がスカスカのCMになってしまいます.
 
たとえ表現は稚拙でも製作者の意図が伝わるツールの方がお客に与えるインパクトは大きいし、商店の手描きのポップなど例は多くあります.
 
ちょっと意地の悪い見方ですが、コマーシャライザーは個人的にはジョークソフトとして良くできていると思っています.
その理由として、
・クライアントの問題:とにかく、自分が何を伝えたいのかよく分かっていない.CM会社に発注すればなんとかなると思っているので取りあえず発注してみた.出来たものは、とうぜんそいうい事を伝えていないのでどこにでもある様な内容だけど、さすがプロなので映像はしっかり出来ていて、なんとなくカッコよく見えているので良いかと思っている.高かったけど.
・製作者側の問題:クライアントにインタビューしても何をしたいのかよく解らないし、金額も安いのでそれほど時間もかけられない.しょうがないので、内容は無いけど以前の手法を組み合わせてハデな画像を持っていくと案外と喜んでくれた.こんなので良いのかと思いつつ、時間も予算もないので早くケリをつけたい.
という、ありがちなパターンをパロディ化してみせる、ジョークとしては面白いと思います.
サイトにも個人の宣伝など、その辺を理解して作っているジョーク系のものは意外と見れるものが多く有り笑えます.
 
どちらにせよこの手のソフト類はツールなので、ツールに振り回されてアウトプットの出力が変わるのは本末転倒です.どのソフトを使おうがしっかりと中身を考えてあるものでしたら、相手に効果的に伝わるCMになるとおもいます.
ですのでどれをとっても「このソフトを使えば「良い」CM動画が作れる」ということはあり得ないと思います.
一番危険なのはこのソフトの出来栄えを見て、「こんなものか」と満足してしまうことで、これは、クライアントは自分たちの仕事を貶めてしまうことになるし、CMディレクターは自分たちの仕事をキチンと説明できていないことになります.
投稿者: hojo on 2009/03/29 10:58
コメント:Re:Re:コマーシャライザー
 木下です。

商品の手書きのPOPでも最近はパソコンにサンプルがあり
画像やコピーを少し弄るだけでも間に合う場合もあります。

コマーシャライザーもそうのようなCM動画の入門用ではありますが
その動画を利用する場合に動画自体はFlushによりクライアント上で
作成され利用される画像も複数のサーバーに分散され配置されているなど
レンタルサーバー等で容量制限がある場合にも
サーバーの負荷が最小に為る様に工夫されており、
それを無料で使用できると言う所に意義があると思っています。

BMBの勉強会で話している時も
「デザイナーが一から作成したものには叶わないが簡単に作成できる」
「簡単だけどデザインをやれる人が使うと仕上がりが違う」ということで、
とりあえず簡単に作成でき、他の動きのないサイトよりは
サイトに訪れた人の滞在時間が延び他のページに移動する率が多少でも
上がるのであれば設置した方がいだろう。
ということで、便利ですよと紹介しています。

---
TKTools
木下敏夫
http://www.tktools.jp/

投稿者: kino on 2009/03/29 21:17
コメント:Re:コマーシャライザー
 すみません.議論として、明示的に書けていませんでした.
 
>CM動画の取っ掛かりとしてコマーシャライザーの無料サービスを活用してみるのも、イメージダウンにさえならなければ良いのではないかなぁと思いました
 
>とりあえず簡単に作成でき、他の動きのないサイトよりはサイトに訪れた人の滞在時間が延び他のページに移動する率が多少でも上がるのであれば設置した方がいだろう。
 
あまり慣れていない人が制作した場合、表現が表層的なCM動画しか出来ない場合が多いのは前に述べた通りだと思っています.
 
本質的に「デザイン」の意味、役割として大きいのは、そういう表層的な部分ではなくそれ以前のコンセプトの部分をどう作るかになります.
BMBは「デザイナー」と「メーカー」が協同で何か出来ないかを模索する場だと思っています.
そのような場で、このようなソフトが「気軽に取っ掛かりとして使える」ものとして捉えられるのは、デザイナー側からのデザインの本質について他の方々に説明できていない証拠だと思いましたので、気になってコメントした次第です.
投稿者: hojo on 2009/03/30 10:26
コメント:Re:Re:コマーシャライザー

item-s design 様

コメントいただき有難うございました。

とても貴重なご意見を伺うことができ、たいへん勉強になりました。
これからもデザインの本質について、デザイナーの皆様からのご意見を伺えると有難く存じます。

軽率なコメントをしてしまい誠に申し訳ありませんでした。

オフィス戸部

投稿者: tobe on 2009/03/30 13:10
コメント:Re:コマーシャライザー
 重ね重ね気分を害するような書き込みをしてスミマセン.

今回の話は、キチンと説明責任を果たしていなかったデザイナー側やコーディネーター側に非があると思って書きました.

デザイン畑じゃない方が、デザインの本質に関してデザイナーより詳しいはずはなく、自分の仕事は自分で説明するのがスジだと思っています.
この手のソフトは、コンセプトの部分が解っている方が使えばかなり楽にそこそこのCM動画が作れるので、存在意義はあるかと思っています.だけど、このソフトがデザインをしてくれるわけでもなく、当然「安いデザイナー」としての機能もない(あるのはテンプレート化したオペレートの代行)ので、そういうCM制作業者に頼まなくても「意味のある」CM動画が出来るわけではないことを、デザイナー側から説明する必要があると思っています.

このソフトを紹介されてからBMBでも話題になっていたことを知り、そのことに関してデザイナー側やコーディネーター側からあまり説明がなかったので、そちらの方が気になってコメントを返していました.
投稿者: hojo on 2009/03/31 00:41
コメント:Re:Re:コマーシャライザー

item-s design様

とんでもないです。おっしゃる意味はとてもよく理解できますので、デザイナーさんの率直なご意見を伺うことが出来てとても良い機会をいただいたと思っております。

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

オフィス戸部

投稿者: tobe on 2009/03/31 01:25