教育・医療・介護に広がるアクアリウムの可能性

2008/08/19 11:27
投稿者: kinoshitaH カテゴリ:新サービス

フグがペットフィッシュとして最適である事はずいぶん前にここに書かせていただきました。書かせていただいてからずいぶん時間が立っていてびっくり!!フグの事を書かせていただいていた当時からずいぶん私たちの魚に対する理念を色んな方々にお話する機会がありました。賛同していただける方も増えて、新しい魚の為の商品開発も進んでいます。もっともっとアクアセラピーを身近に感じていただきたい!!魚という小さな生き物がアクアリウムセラピーとして実際どのように精神的・心理的・社会的に良い効果を生み出しているのかを知っていただく為に少しづつまたここに書かせていただきたいと思っています。



 アクアリウムには”水槽を眺めていると落ち着く””魚の世話をしていると没頭できる”などのストレスの軽減をはじめ、精神的・心理的・社会的にも様々な効果のある事が分かっています。

 
あなたにとって熱帯魚とはアンケート
 

現在飼育している購買者と言う事から、特に”癒し”と答えている%が高い。

飼育に関してのリラクゼーション効果については、94年の3月〜6月にかけて観賞魚用飼料・関連器具の発売元、ワーナー・ランバート株式会社テトラ事業本部が日本医科大学心理学教室助教授・杉浦京子氏と佼成病院小児科医長・近喰ふじ子氏と共同で熱帯魚を一定期間飼育することによる精神療法上の効用を研究するための実験を行なった際のデータでも魚を飼育していない人よりは、飼育している人の方が後頭部のアルファ波の平均振幅値が左脳右脳共に増大し、リラックス効果が現れている事が証明されています。また、前頭部と後頭部のアルファ波の平均ずれ時間から見たところ、集中力を増す効果があることも分かっています。

 

次回飼育モニターさんのお話をしたいと思います。

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:Re:教育・医療・介護に広がるアクアリウムの可能性

kinoshitaHさん 知っていました。

「ペットフィッシュ-淡水フグ」という昨年9月に投稿された記事が
コンスタントに検索され、いまだに読まれていているようですよ。
皆さんの関心の強さが分かりますね。

事務局でも話題になり調べたところ、外部検索サイトから来ているようです。

今週の「週間BMB記事TOP50」では、なんと4位(2時現在)にランクイン。
右側の便利なサービスから、この1週間で最も読まれた記事ランキング
が分かりますよ。

投稿者: nishimura(oidc) on 2008/08/19 14:09
コメント:Re:Re:教育・医療・介護に広がるアクアリウムの可能性

とてもうれしいコメントをいただきましてありがとうございます!! 小さな魚にも命がある事を忘れている方がまだまだ沢山いらっしゃる事を知り、魚を飼育する喜びやそれによってもたらされるとても素晴らしい効能をもっもっと知っていただきたいと日々頑張っています!!これからもどんどん書かせていただきたいと思います!!よろしくお願いいたします!!

投稿者: kinoshitaH on 2008/08/19 14:44