映画「神戸在住」撮影報告

2014/07/15 07:00
投稿者: kurataS カテゴリ:映画/TV

阪神・淡路大震災から来年1月17日で20年。そんな震災を直接知らない女子大生の日常を通し、「神戸のいま」を描く漫画「神戸在住」が、開局45年を迎 えた地元放送局サンテレビで制作、神戸在住の白羽弥仁監督(50)がメガフォンをとり、テレビ版が来年1月17日に同局でオンエアされ、また映画化し来年公開される。この撮影にIDCの代表でカメラマンの豊浦律子が撮影を担当した。メインスタッフは関西在住で行った。



原作は98年から06年まで月刊アフタヌーン(講談社)で連載された木村紺の同名漫画。

「神戸在住」主演の藤本泉(22/神様のカルテ2で注目を浴びている女優)他にファッションショー「神戸コレクション」でも活躍するモデル浦浜アリサ(24)、震災をテーマにした詩の朗読コンサートを行うなど神戸にゆかりの深い竹下景子(60)らが出演する。撮影は地元神戸でのオールロケーション、ロケセットで行われた。

辰木桂役:藤本泉
日和洋次役:菅原永二
泉海洋子役:浦浜アリサ
合田役:田中美里
水井芳江役:竹下景子
早坂兵衛役:仁科貴
小西健役:松尾貴史

TV版ではHDで充分なのだが、4Kでまたシネログ撮影をしていた方が映画上映での画質が数段いいので、撮影機材はpanasonic、SHARP、京都造形芸術大学映画学科の協力で4Kでの撮影を試みた。カメラはLUMIX GH4とプロユース仕様に変身させ仕様しました。

◆藤本泉コメント 震災の当時、私は3歳でした。出演が決まった時、「どうしよう、よく知らない…」という不安が頭をよぎりました。しかし、「神戸在住」 は震災を知らない女の子達が神戸の街で生きていくという物語でした。辰木桂を等身大で演じることができましたし、若い世代の方にも共感していただけると思 います。撮影では、リアルな神戸の空気や雰囲気を感じながらお芝居が出来たのがよかったです。撮影後に中華街で食べた小籠包はおいしかったし、六甲山から の見晴らしは最高でした!

◆竹下景子コメント 私が演じたのは、神戸市内で被災した女性。東遊園地は今回のロケで初めて訪れることができました。この公園も震災の前とは表情を変 え、今は慰霊とともに人が出会い明日をつなぐ場所になっています。桂さんのように、ふと隣り合った人を通して19年前の震災やそこに生きる人に思いを馳せ て、明日への力にして頂けたなら嬉しいです。

(日刊スポーツ/6月25日から抜粋)

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。