上に戻る
ちょっとした変革 その7(意識編)
2013/05/21 17:00
投稿者: yonezawa 

5月も後半。
新緑がまぶしい季節です。
穏やかな季節の中、青々とした新緑に包まれるだけで、
自然と心も癒やされパワーがみなぎってくる気がします。
たまには京都など新緑散策はいかがですか?

また京都では、鴨の河原(鴨川)で
“京の夏の風物詩 ― 納涼床”が始まっています。
歴史も古く、桃山時代に始まったとのこと。
さすが歴史の町、京都ですな。
鴨川西岸の二条から五条の間で料亭・旅館など
約100軒近くの店があります。
5月と9月はお昼も営業しているところがありますので
リーズナブルに楽しめますよ。
また大阪でも数年前から「川床」が出来ています。
土佐堀川に面する「北浜テラス」。
中之島を望む絶好のロケーションで、
川の風を感じながらの飲食も乙なもの。

春と夏の間の短い季節「初夏」を楽しみましょう。


さて意識編の4回目。
日ごろの気持ちの持ちようや考え方のヒントのようなお話を
させていただきます。
 



今回は、「カラーバス効果」について。
カラーバス。聞いたことがありますか?
バスはBATH。色を浴びる、ということです。

例えば、「今日のラッキーカラーは赤」といわれると
普段はあまり意識することのなかった、
看板や車、洋服、ポストなど街中に存在するあらゆる赤いものが
眼に飛び込んでくるようになります
街でその色ばかりに目が行くなども、カラーバス効果です。

色に限らず、例えば自分の好きなものとか気になっていることに
関係する情報って、なぜか勝手に目に飛び込んでくる気がしませんか?

自分の好きな歌手の名前、
自分が応援している野球チーム・サッカーチーム名、
今ハマっていること、趣味等など
新聞や雑誌を読んでいても、勝手に目に飛び込んできますよね。

テレビのニュースで「大阪府東大阪市で・・・」って聞こえてきたら、
東大阪市在住の方は「何や?」って見てしまいますよね。

意識していることほど関係する情報が
自分のところに舞い込んでくるようになる、飛び込んでくるということです。
(私も京都が好きなので、京都情報が多くなっています。悪しからず。<(_ _)>)

人間という生き物は、視界に入ったものを、
「目」で見ているのではなく、「脳」で見ているのです。
だから、”意識”していないと
視界に入ってはいても“見えて”はいない。
意識するようになったとたんに
見えるようになるということであって、
決して今までになかったものが、
急に出てきたり出来たりしたわけではないのです。

普段から意識していれば、自ずと情報が飛び込んでくる。
通勤時ぼーっとしているあなた、暇つぶしにカラーバスをやってみて下さい。
企画に困ったときなど、ビジネス情報収集に意外と使えますよ。

てなことを言いながら、
変革のお手伝いさせていただいております。

・経営理念
・組織改革
・運用改善
・省エネ
・IT化
・社員の意識改革、育成
etc
お手伝いさせていただきます。

CCS-West@cec-ltd.co.jp

 

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。