高付加価値だけでは製品は売れない

2010/08/10 17:00
投稿者: kakigi 
高付加価値だけでは製品は売れない

 日本の企業は、技術的に優れた高付加価値の製品であれば、必ず売れると思っている企業が多くあります。
確かに、高付加価値の製品は、日本のように豊かな国では、それなりに売れてきたかもしれません。
しかし、よく考えてみると、日本の製品はかなり過剰な性能を有する製品が多くはないでしょうか。
もう少し、製品性能を抑えて、製品単価を低くするとの発想があってもよいような気がします。

そこで、製品性能もさることながら、もう少しマーケティングというか、製品の需要者への見せ方などについて工夫する必要があるように思われます。日本国内でも、単に高付加価値の製品であるだけでは、売れる時代は去り、需要者のココロの琴線に触れる製品、例えば、その製品を購入することにより需要者の気持ちがより高まるような製品を作り出すことが必要な時代となっているように思われます。ベンツを購入される方は、自分は成功者だとの自己満足があるというようなイメージです。

その需要者に認知される上で、重要なものとして、会社名や製品名のネーミングがあります。
このネーミングについては、特定の商品又はサービスとの関係で商標権というその所有者だけが独占的に使用できる権利を取得することができます。

特に、会社名の他に、イメージのよいネーミングを考えて商標権を取得した上で、周知をしていくと意外に需要者の認知度が高くなる可能性がありますので、重要な商品又はサービスについては商標権を取得されることをお勧め致します。

垣木 晴彦
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。