飽和感の否めない背景

2009/07/30 11:00
投稿者: iwata 
今日の産経新聞で「モノがあふれる現代社会 物欲そのものが減退」とあった。
そう、ある程度お金は要るが、必要なものは殆ど手に入る。
次、同じようなものを買うためには、壊れたり、持っているものより有利になる条件が揃う必要がある。

消費者が買うためのアクションには、大きく3つに分けることで商品戦略を組み立てやすくします。

1「知る」という人間の五感のうちのいずれかに訴えかける必要がある。
2「欲求」そこで手に入れたい、使いたいという何らかの背中を押してやるキッカケが必要。
3「行動」いよいよ実物を確認しに行ったり、即、購入したりすことである。

続きはこちら → adoria company / デザイン事務所 ブログへ


タグ:プロダクト 物欲 減退
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。