機械装置用電源は効率で選ぶ時代

2018/07/13 08:00
投稿者: jibu カテゴリ:三相アモルファス変圧器

 21世紀は環境の世紀と呼ばれたのは90年代後半からだ。

国が進める主要電源の方針にも再生エネルギーの活用が明記された。

これからの設備投資において電源は省エネ-高効率を追求したほうがお得です。

低圧配電用省エネ型変圧器



配電用変圧器の市場でも新トップランナー指令が導入されて久しいが、より高効率化とより広範囲な品揃えが求められています。

高圧配電用変圧器は、十分に知れ渡っていますが、低圧配電用変圧器の高効率化は遅れていました。

しかし、業界全体の活性化に伴う技術革新で低圧配電用変圧器でも、省エネ-高効率化が実現しています。

アモルファストランスと呼ばれる商品が一段と普及しています。

低圧配電用変圧器 アモルファストランス

低電圧用配電用変圧器も、省エネ-高効率で選ぶ時代になってきた。

 

今日も元気に参りましょう!

 

[コメントを投稿する]
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。