「JIDA連続知財学習会(1)」のご案内


公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)の関西ブロックで

職能委員会におりまして、私がこの学習会のプロデュースを行いました。

 

一方的なセミナーでは、その時覚えていても使わなければ忘れてしまいます。

今回は、皆さんのPCやタブレットを使用して実際に検索練習して覚えて頂くよう

連続学習いたします。

 

第1回目は、【特許・実用新案】の入門編です。

 

2018/6/22(金) 19:00〜21:00
地下鉄本町駅徒歩4分、難波神社近くです。

 

 

 

そして下記が、今年度連続6回の全予定です。

 

 

 

───────────────────────────────────────
JIDA連続知財学習会?【特許・実用新案】検索 ワークショップ 入門編
〜入門編から応用編まで計6回の学習会をシリーズで開催します〜

───────────────────────────────────────

 

ノートPCまたはタブレットをご持参ください!(Wi-Fi接続)
Webの特許情報プラットフォーム【J-PlatPat】を使用して具体的に学習します。

 

せっかくアイデアや商品、ブランド名などを考え出しても、既に他人が考えたものだったら?そんなリスクを回避したり、登録されていない事を確認して自身が登録するために使用する・・・そのような実務を学習して皆さんのお仕事にお役立てください。

 

対象者:商品・ブランドの企画、開発、運営に携わる担当者さま

講 師:大澤 真一氏 (一般社団法人 大阪発明協会/知財支援アドバイザー)
開催日:2018年6月22日(金)19:00〜21:00
会 場:大阪市中央区南久宝寺町4-3-2 Iビル4F会場 (リンク先クリックで地図が開きます)
    ※エレベーターで直接4Fまでおこしください
ご持参:ノートPCやタブレット(Wi-Fi接続可能な端末)
会 費:1,000円(資料代)
定 員:先着25名
申 込:イベント名、お名前、会社名(部署)、TEL、Emailをご記入頂き、
    「JIDA関西ブロック事務局」 までご連絡ください
    →Email jida-ka@jida.or.jp
    →F A X 06-6615-5573
主 催:公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会 関西ブロック 職能委員会
協 力:一般社団法人 大阪発明協会

───────────────────────────────────────

 

それでは、お申込みをお待ちしております。

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、家具、雑貨などの プロダクトデザイン と ブランドづくり




謹賀新年 2018年


 

明けましておめでとうございます。

お正月は年末年始の掃除やご挨拶などでゆっくりできませんよね。

あっという間に5日経ってしまいました。

 

事務所は昨日から稼働しており、

事務所に来た年賀状を見たり連絡業務で半日使いました。

 

いよいよ来週12日には、大阪府よろず支援拠点より私がオファーされて

泉大津商工会議所で「デザイン×マーケーティングセミナー」を開催いたします。

そのスライド作りに入りました。デザインは得意ですが、

どうもスライドをまとめたりするのは時間がかかってなかなか完成しません。

 

 

写真は元旦に行きました金岡神社です。

推定樹齢900年の楠が迎えてくれます。

毎年、こちらにご挨拶させて頂きます。

 

さて、昨年は海外進出をした記念の年で、初めての事が多く不慣れで大変でした。

今年はそれらを軌道に乗せる事ができるように頑張りたいと思います。

様々な人達に支えられてここまで来れました。

ありがとうございます。

 

今年もマイペースにブログを更新していきたいと思います。

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり

 

 




Surface Book2 使っています




ほぼ発売日に購入して、使い慣れて来ました。

元々、タッチパネル式のノートがそろそろ欲しかった事と、何処でもレンダリングを作成する必要が出てきたのが購入理由です。

今までは手描きスケッチをスキャンして、レタッチソフトでコントラストを上げてデジタル化保存が面倒くさく合理性に欠けていました。




ノートを購入のため選ぶ中で外せなかったのは、ペンで直接デジタルスケッチできる事でした。

売り場で描き心地を確かめて、鉛筆感やペン感がそのまま表現できていたのは驚きで、結局一択になってしまいました。

バッテリーの持ちも良いので、1日中充電なしで使っていられます(^^)。

クリエイティブ系のお仕事の方は特にオススメです。

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり




「関西デザイン学生シンポジウム2017」のコメンテーターをしました


 

先週の金曜日、シンポジウムのコメンテーターをしてきました!

毎年この時期に開催されているデザイン学生のイベントで、他校の前で毎年出題されるテーマに沿ってデザインを考え、プレゼンテーションするというデザイン学生にとっては他校とレベルなど比較できるとても有意義なイベントです。

 

 

 

 

そして今年のテーマは「GLOBAL」。

広くてあいまいなこのテーマにそれぞれの解釈でプレゼンが展開されました。

つづいて、私を含む4人のコメンテーターがそのプレゼンに対して批評やアドバイスを行います。

私はマイルドだけど内容は辛口でそれぞれアドバイスいたしました。…5校10プレゼンを行い、会場は熱気で暑かったです。

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関西デザイン学生シンポジウム2017

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

JID、KIPA、JCD、JIDA、デザイン4団体共催によるデザイン学生シンポジウムです。
今回のテーマは、『GLOBAL(グローバル)』。
地球的な、世界的な、などを意味する言葉です。

最近では当たり前のように使われており、世界全体・地球規模という
「グローバル」な視野が、人々に求められるようになってきました。
そこで、アートやデザインなど、クリエイティブな側面から、
『GLOBAL(グローバル)』について皆さんと共に自由な発想で考えたいと思います!

【テーマ】グローバル
【日 時】2017年10月20日(金) 18:30〜21:00(開場 18:00)
【会 場】高麗橋BLACK BOX
【プレゼンテーション参加学生】

            JID:摂南大学 理工学部住環境デザイン学科有志
            KIPA:神戸女子大学 家政学部 家政学科チーム
               第一工業大学 建築デザイン学科チーム
            JCD:大阪モード学園 インテリア学科チーム
            JIDA:大阪芸術大学チーム

 

【コメンテーター】
            JID:景山 隆司
            (JID 西日本エリア広報委員会、AYAデザインポケット代表)
            KIPA:小梶 吉隆
            (関西インテリアプランナー協会、会長)
            TeamJCD::東潤一郎
            (JCD関西支部副支部長、JA laboratory代表)
            JIDA:岩田浩司
            (JIDA 関西ブロック運営委員、adoria company 代表)

 

【司会】
            安藤眞代(JID西日本エリア長、StudioMa)
            酒井コウジ(JID理事、siesta-international-associates所長)

 

【参加費】学生無料/一般500円
     (プレゼンテーション参加学生へのデザイン活動支援金に充当)

 

【問合せ】JID西日本エリア事務局 MAIL:jidwestjapan@gmail.com
     TEL:06-6615-5572 FAX:06-6615-5573

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり

 




「Living & Design 2017」見学




インテリア業界の情報をキャッチするため毎年この展示会に行っています。
今年は3日間開催している中日に見学となりました。

独立して14年目となりますが、独立前にいた家具メーカーの外部ブレーン(当時)が3社も出展されているのでその情報交換も結構重要です。

 





展示として毎回楽しみなのは「Design Arc」さん。
今年はインクジェットプリントできる壁紙とソファーの提案が光っていました。



壁天井のフルカラープリントはインテリアの制約を解放してくれます。

他の製品メーカーはお洒落に展示はしているけども、何かもの足らなさを感じつつ展示会を背にしました。

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり

 




「MOBIO × メビック扇町 クリエイターによるシーズ発表会」に出場します


毎年、何かしらのプレゼンテーションを行っておりますが、「ものづくり」の町、東大阪にて地元ものづくり関連の企業様に向けた発表を、今年は2団体合同発表会というかたちで2017年10月2日(月)18:00〜 MOBIOで開催、私も発表いたします。

 

今回、5事務所が発表して、私が一番目です。

1事務所の発表は、およそ15分で短いですので2点程の事例を発表させて頂きます。

 

adoria company
プレゼンテーション【製品デザインの力】
問題・課題に気付き、解決に至るデザインを行うプロセスと事例をご紹介いたします。また、同じデザイナーが企画、デザイン、マーケティングに至るご提案をワンストップで行える重要さも解説いたします。

本イベント詳細は下記をご覧ください。

 

 

【MOBIO-Cafe】案内ページ

 

 

 

メビック扇町「クリエイティブビジネスマッチング Vol.47」ページ

 

 


 

【MOBIO-Cafe】からの転載


MOBIO × メビック扇町 クリエイターによるシーズ発表会
〜自社のサービスや製品をユーザーに伝えたいものづくり企業向け〜
自社のサービスや製品のデザイン、PR、ブランディングのためのクリエイターのプレゼンテーション

 



今や中小企業でも、自社のサービスや商品をユーザーに伝えるために、クリエイティブの活用は必須。
しかし、「誰に、どのように相談、依頼すればよいのか分からない」といった声を聞くことも多いのが実状です。
そこで、クリエイティブの活用に関心のあるものづくり企業とクリエイターとが出会う機会をつくるため、企業の展示・広告宣伝、プロダクトデザイン、ブランディングに関わるクリエイターのプレゼンテーションを開催します。

 

【日 時】平成29年10月2日(月曜日) 18:00〜21:00
     プレゼン発表:18:00〜20:00

     交流会   :20:00〜21:00(希望者のみ)

 

【場 所】クリエイション・コア東大阪 北館3階 309号室

     (東大阪市荒本北1-4-17 近鉄けいはんな線「荒本駅」下車徒歩5分)

 

【対 象】ものづくり企業、産業支援機関、大学、行政機関関係者など

     ・展示会の効果的なPRの手法がわからない

     ・自社の得意な技術で新製品を作りたい

     ・マーケティングなど必要なのはわかるが

      そもそも何をすればいいのか、

      誰にどう頼めばいいのかわからない・・・・・・などなど

 

【発表者】(詳細はチラシ参照)

    1.adoria company 岩田浩司氏

        製品デザインの力(プロダクトデザイン)

    2.Breath.Design 鈴木康祐氏

        商品開発から売れ続けるブランド戦略、しくみをトータルサポート

    3.イデアール・スタディオ 原田知子氏

        効果的な展示ブースのススメ

    4.パラボラデザイン 吉永幸善氏

        みんなでやるからこそ楽しい空間作り

    5.田中有史オフィス 田中有史氏

        田中有史オフィスの仕事

 

 【定 員】50名(先着順)

 【費 用】無料(※交流会は有料 1,000円)

 【主 催】MOBIO(ものづくりビジネスセンターおおさか)メビック扇町

 【協 力】大阪府産業デザインセンター

 【申込先】こちら

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり

 




週末農業/唐辛子完成




今月は畑での作業はほぼお休みです。

まだ暑いので冬野菜植え付けにはまだ早いことと、台風シーズンなので土の水分量が植え付けには適していませんので。

なので、自宅ベランダにて干していた唐辛子が乾燥したので摘んでみました。HSで購入した「韓国唐辛子」と書いていましたが、10センチ位の巨大なものになりました。これが標準?…育ち過ぎではと思いました。

料理に使える事は勿論、来年の菜園での虫除けにも使います。

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり

 




デザインアイデンティティー


 

こんにちは。

adoria companyを設立して今月で13年を超えました!早いものです。

このタイミングに自分のデザインアイデンティティーについて語りたいと思います。

 

私は、幼少の頃から就職するまでの間、母と母方の叔母達の間で過ごしました。

生活の事、食事の事、衣類の事、大きくは「暮らしの事」などの「会話やその行動」をよく見聞きして育ちました。

現在はここが「基盤」となって、デザインしていると最近になって気付きました。

同年代の友達は沢山いましたが、大人と会話したり、教えてもらう事が好きでよく旅行にも連れて行ってもらった記憶があります。

 

高校生になって、美術の他に何やらデザインという学問?のジャンルがある事を知って兎に角吸収のため図書館に通い詰めました。

その頃のクラスメイトはバイクをバイトで稼いで購入したり、早速デコレーションしたりしていました。大学生になれば、友達の多くは車に関心を抱き、カー雑誌やバイク雑誌を開いては何を買う、どこどこの道路で見たなどの話しで沸いていました。私は全く興味がなく、百貨店のキッチン用品や家具、生活用品系の商品を見たり、ヤマギワという照明器具の百貨店など行って生活に関わる商品をしっかり見てた楽しんでいた記憶があります。そんな中から、デザインはビジネスにとって必要な手段なんだと悟りました。

 

よく男子が好きだった車や玩具から大人になって自動車メーカーやガジェットメーカーに就く事はよくあります。デザイン事務所として独立してそのようなジャンルをされている方もいます。私は冒頭の説明でもあるように、生活用品、家具、家電、雑貨などの「生活に関わる用品」のデザインジャンルをそのような流れから自然に行うようになりました。

 

いろいろな商品が販売される中、自分のデザイン的思考をしっかり持ち、Twitterでは批評もしています。

それを語れないデザイナーは仕事をしている本当のデザイナーではないと思っています。

…これも自分が育った女系家族からの伝統でしょう(笑)。

 

※挿絵写真:コスメメーカーに提案したワンカット

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり

 




週末農業/リセット後




ここの契約農園では、毎年この時期にトラクターが土を耕してくれます。
なので9月は一から土作り畝作りです。

本日は待避していた道具を持ってきて、側溝のバリケード作りと畝分けをしました。暑さがマシになったのでめちゃくちゃ楽でした(^^)。

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり

 




八角形ラグをインテリア観点から


adoria company が、ラグ カーペットのオリジナルブランドの商品デザイン、Web店舗での販売を行っております。

新カテゴリーとして今後ご紹介を行い、定期的に更新いたします。

 

まず、第一弾としまして「八角形」ラグ カーペット をピックアップいたしました。

 

 

 

インテリアとして、お部屋の大きな部分を占める ラグ カーペット。
床に設置して「ふかふかを踏む上質感」「直に寝転がってくつろぐ」など基本ご使用するものですが、マンションなら「階下の騒音防止効果」だったり、「ペットの歩きやすさ」だったり、機能としても重要なアイテムだと思います。

もちろん、白々とした一般のお部屋を彩り良いインテリアとして、お部屋を引き締める「アクセント効果」や、足の冷えから守る「温かさ」も無くてはならない機能かも知れません。

今回、ご紹介するアイデアは、「円形 ラグ カーペット」もかわいくセンターラグとして良いのですが、「八角形 ラグ カーペット」でセンターラグ的にお使い頂き、更に「縁起」と「運気」を呼び寄せようという贅沢なご提案です。

「八」は日本では「末広がり」と言い、縁起の良い数字として昔から伝わっています。
「風水」で「八角形」は、全方角からの運気を守り、上げると言われています。

迷信は信じないと言われる方もいらっしゃるでしょう。
でも、それでも良いのかも知れません。
あくまでも多くのカラーからご自由に選んでお好みのインテリアとして設置する…センターラグとして。

 


当店は「八角形 ラグ カーペット」を大阪の堺市で企画・製造しており、1点1点お作りする方法で出荷しております。しかも良質な商品を販売されている大手某インテリアアショップさんなどと同じ工場ラインでお作りしていて、品質や手ごろな価格も魅力です。

サイズオーダーでも、?単価は市販のものと同じでお作りできます。
ハート形やリーフ形、だ円形など多くのカタチも取り揃えている唯一のショップです♪

ラグ カーペットの選択肢に「adoria ラグ カーペット」もぜひご検討ください。

 

 

───────────────────────────────────────

 

プロダクトデザイン事務所 / adoria company(アドリアカンパニー)

生活用品、雑貨、家具などのデザインとブランドづくり