上に戻る

和紙商 小野商店

和紙商小野商店-rss 和紙商小野商店

和紙商小野商店の新ロゴと新タイポグラフィー


「和紙商小野商店は、創業69年の大阪市内にある
和紙と小間紙専門の卸売商です。」

「企業のブランディングを和紙で彩る」を事業のコンセプトととし、
和紙や小間紙、紙漉きの表現技法を活用した紙製品作りを通じて、

企業のブランディングをを支援いたします。

和紙を使用素材として、興味があるものの、接点の無い方々へ。

和紙や小間紙、別注やOEMの紙製品作りのことなら、
和紙商小野商店へご気軽にお問い合わせください。

 

●お問合せ、ご質問、マスコミの取材などは
和紙商小野商店のお問合せフォームから又は下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

和紙や紙製品好きの方のためのオンラインショップ「finepaper.jp」の運営を開始しました。

様々な和紙を漉くを現場の職人の凄さを再確認した越前工場見学の旅

2015/08/05 19:00
投稿者: kawate カテゴリ:工場見学・会社訪問

先日、別件で打ち合わせも兼ねて、福井県・越前和紙の産地を訪問、

工場見学させていただきました。

越前和紙を漉く工場を見学してきました

産地では様々な種類と用途の和紙が漉かれていて、

どんな工場にも独自の紙を漉く技法や特徴的な表現技法があり、

いつも見ているだけでも新たな発見があります。


続きを読む…

真のクリエイターは和紙現場にあり。

2010/04/03 22:00
投稿者: kawate カテゴリ:工場見学・会社訪問
和紙現場の続きから…【前回のブログ】

襖紙の絵付け職人さんの工房を後にして、
次に和紙職人さんの所へお邪魔しました。

夕方前だったので、もう紙漉きは終わりかけ。
その時は清酒用で四方耳(繊維)付きラベルを漉いておられました。



続きを読む…

絵付け職人が襖紙に金色の命を吹き込む。

2010/03/21 23:00
投稿者: kawate カテゴリ:工場見学・会社訪問
先日、一年ぶりでしょうか?
久しぶりに和紙の産地へ行ってきました。

今回の訪問は知人のデザイナーが
近々、大阪市内で『間仕切り』の展示会に出展予定で、
自身のグラフィックデザインを襖紙に表現するためです。



『続きは和紙商小野商店のブログページをご覧下さい。』

和紙商小野商店 河手

続きを読む…

『銅版画の深き世界。』

2009/12/24 23:00
投稿者: kawate カテゴリ:工場見学・会社訪問
先日、扇町マテリアル会議メンバー・村上さんの紹介で
【アトリエ凹凸(オウトツ)】という銅版画の工房へ…

甲子園の次の駅を降り、すぐ前のマンションへ。。。
(この駅は初めて居りました…。)

少し古い感じですが、吹き抜けになっていて、
まるでフランスのアパルトマンのような雰囲気…。

アトリエ凹凸工房の入り口銅版画作製の道具

続きを読む…

『抜き加工の要。』

2009/11/10 23:00
投稿者: kawate カテゴリ:工場見学・会社訪問
先日、『中野木型さん』の工場へお邪魔しましてきました。
 
この工場では、パッケージ主にトムソン箱を
作製する際に使う木型(抜き型)を作っておられます。
今回の和紙展示会でも展示物作製でお世話になっております。 

巻きの和紙をデザインで抜く。

続きを読む…

『提灯工房へ・・・。』

2009/10/15 23:00
投稿者: kawate カテゴリ:工場見学・会社訪問
先日、交流会で知り合いになった
『提灯職人』 かわいさんの工房へお邪魔してきました。

かわいさんの提灯工房。
 
提灯作製の現場は初体験でしたが、
江戸末期から続く、モノづくりの奥深さに
触れることができて、良かったです。大変参考になりました。 
続きを読む…
コメント(2件)

『ある唐紙工房の船出。』

2009/08/14 00:00
投稿者: kawate カテゴリ:工場見学・会社訪問
 先日、知人のプロダクトデザイナーの方から
【唐紙職人】さんをご紹介いただきました。
 
職人として、独立したての方で、
これから独自の唐紙を作っていかれるとのこと。

工事中の唐紙工房1工事中の唐紙工房2工事中の唐紙工房3
 
先日、工房にもお邪魔してきました。
まだ工事の途中でしたが、あともう少しで完成です。

続きを読む…