上に戻る

和紙商 小野商店

和紙商小野商店-rss 和紙商小野商店

和紙商小野商店の新ロゴと新タイポグラフィー


「和紙商小野商店は、創業69年の大阪市内にある
和紙と小間紙専門の卸売商です。」

「企業のブランディングを和紙で彩る」を事業のコンセプトととし、
和紙や小間紙、紙漉きの表現技法を活用した紙製品作りを通じて、

企業のブランディングをを支援いたします。

和紙を使用素材として、興味があるものの、接点の無い方々へ。

和紙や小間紙、別注やOEMの紙製品作りのことなら、
和紙商小野商店へご気軽にお問い合わせください。

 

●お問合せ、ご質問、マスコミの取材などは
和紙商小野商店のお問合せフォームから又は下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

和紙や紙製品好きの方のためのオンラインショップ「finepaper.jp」の運営を開始しました。

梅田のNU茶屋町で開催のアートピクニックに継続展示中のコンガラ作品

2013/05/14 18:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
大阪・梅田のNU茶屋町界隈で
ゴールデンウィーク中に開催された「ART PICNIC(アートピクニック)
このアートイベントに大判和紙のタペストリー型作品「kon-gara」を初出展しました。

期間中は様々なクリエイターやアーティストの作品も出展され、
同時にライブペインティングやワークショップも開催され賑わっていました。

6日までイベントが開催された後は
引き続き31日までkon-garaをはじめ様々な作品展示と
WEB上でアート作品のコンテスト投票が開催中。【CHAYAMACHI ART AWARD
こちらも是非ご参加ください。

NU茶屋町で開催のアートピクニックに出展中の大判和紙のkon-gara作品

続きを読む…

33年に1度のご開帳でお披露目される寺院御本尊の空間を彩る大判和紙

2013/03/15 11:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
先日、ある寺院のご本尊と本堂の空間を演出する
kon-garaを大判和紙で作製し、納めるため尾道まで伺ってきました。

瀬戸内海を一望できる尾道千光寺からの眺め

瀬戸内海を一望でき、山頂に位置する風光明媚な大宝山千光寺

今回、33年に1度ご開帳される御本尊千手観世音菩薩と
それに先駆けて行われた法要の空間演出を
同寺の石碑に刻まれている曼荼羅と梵字をアレンジし、
切り込みを入れた別注のkon-garaをタペストリー型で作製。

続きを読む…

国内外の現代アートが集結したトランスナショナルアート2013のkon-gara出展作品

2013/02/09 18:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
先日、大阪府立江之子島文化芸術創造センターで開催の
現代アート展「Transnational Art(トランスナショナルアート)2013」に
大判和紙のアート作品「kon-gara」を出展させていただきました。

国内外のアーティストが出展する現代アート展「トランスナショナルアート2013」に大判和紙のアート作品「kon-gara」を出展

国内外の現代アートが多数出展され、
様々な表現方法知ることができ、
またアーティストとの交流でいい刺激になりました。

続きを読む…

心斎橋の大丸百貨店北館14階で開催のアートストリームに出展した新作のコンガラ作品

2012/11/22 11:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
事前選考を経て、先月アートストリーム2012に
坤柄紙(こんがらし/kon-gara)の新作を出展、
3日間の会期が無事終了しました。

多数のご来場、誠にありがとうございました。

会場は大阪心斎橋にある、
大丸百貨店心斎橋店北館14階のイベントホール。

眺望も良く、申し分ない出展場所でした。
場所柄か、来場者も比較的多かったように思いました。

アートストリーム2012、NO.59のkon-garaブース

続きを読む…

坤柄紙(こんがらし)の新デザインの確認する伊勢紙漉きの旅

2012/06/04 20:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
先日、新しい坤柄紙(こんがらし)の表現を確認するために
知人のデザイナーと伊勢の紙漉き現場へ伺ってきました。

早速、紙漉き現場に職人さんを尋ね、
新坤柄紙のアイデアやデザインが手漉きで
作製可能かどうかの打ち合わせ。

新しい坤柄紙(こんがらし)を手漉きで試作する紙漉き職人

続きを読む…

料亭「相生楼」で開催の伊豆の踊り子朗読会を飾る坤柄紙(こんがらし)の様子

2012/03/19 20:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
先日、大阪天満宮表門近くにある料亭「相生楼」で開催、
花伝サロンが主催のイベント「伊豆の踊り子朗読会」が無事終了。

渡辺えりさんの朗読する姿、そのバックに流れる高本一郎さんの演奏するリュートの調べ、
そして、相生楼が醸し出す日本建築の雰囲気と見事にマッチしていました。



大判和紙で作製した坤柄紙(こんがらし)で演出させていただきましたが、
主催者や参加者の方々の反応も概ね良好で良かったです。

当日の開場の様子はこのような感じになりました。
(朗読会が終わってから、撤収時に撮影した映像です。)


続きを読む…

伊豆の踊子の朗読会に坤柄紙(こんがらし)、大阪天満宮近く「相生楼」の空間を彩る

2012/03/03 21:00
投稿者: kawate カテゴリ:坤柄紙(こんがらし)
3月7日(水)に大阪天満宮近くの老舗料亭「相生楼」で開催の
あるイベントに坤柄紙(こんがらし)で空間演出することに。

先日、ロケハンに伺い、展示場所などを確認してきましたが、
まさか、この場所が故・川端康成さんの生家跡とは思いもしませんでした・・・。

大阪天満宮表門近く老舗料亭の相生楼外観

今回のイベントはゲストに劇作家であり、女優の渡辺えりさんが出演。
川端康成さんの「伊豆の踊子」の朗読とご自身の講演会とのこと。
彼女の背景に坤柄紙(こんがらし)で展示させていただいます。

しかし、市内のこんな歴史のある素敵な空間があったとは。
室礼も素晴らしかったです。

相生楼の空間と大判和紙の坤柄紙が上手くマッチすればいいな。
ご興味ある方はご参加下さい。

※このブログの続きは下記のリンク先をご覧下さい。

続きを読む…