株式会社大木組

大阪市交通局 1年経ちました!

2011/04/24 14:00
投稿者: ooki 


昨年落札しまして、昨年4月から始まった大阪市交通局文書等逓送業務(本局より地下鉄の駅、バスの営業所等を回り、局内の信書、又は地下鉄内の吊るし広告を運ぶ仕事)も、あっという間に1年経ちました!

右手前が、大阪市消防局、その奥のヘリポートがあるのが大阪市交通局、1番奥に少し見えるのが京セラドームです。

ここで、信書、局内の文書を受け取り、配達します。

広告も受け取り、車に積込み、いざ出発!

あと2年、大阪市民の皆様、又大阪市の地下鉄、バスをご利用の方のために頑張ります!

たなびけ 社旗!

2011/04/21 21:00
投稿者: ooki 

突然、思い立って、約2週間前に社旗を注文いたしました。先週、出来上がってきましたので、早速掲げました。

想像ですが、従業員は、うちの社長、気が狂ったのではと思っているのではないでしょうか?

大丈夫ですよ!

私共の会社の事務所、書類棚には、昔の物が結構たくさん保管されています。私には、分からないものだらけです!

これは、バスガイドが観光客を引率するくらいの大きさの旗です。何に使ってたのでしょうか?たぶん、会社の慰安旅行に使っていたのでしょうか?

また、これは、親睦会と描いてあります。こういう団体が、あったのでしょうか?素材は、絹です。

 

swotセミナー@ほの字の里

2011/04/11 23:00
投稿者: ooki 

ほの字の里

林業・農業体験と”ゆ”の施設

昔、この施設の前を車で通ったことはあるのですが、その時に、変わった名前と思っていまして、てっきり「ほ」は、「惚れた」の「ほ」と思っていました。

パンフレットを見ると、「ほ」は、「ほっこり」、「ほのぼの」の「ほ」と。

今回は、ここの研修室を利用し、1泊2日の研修会でした。

朝風呂に入りながら、贅沢にもお花見。

swotセミナーとは、企業等の「強み」、「弱み」、「機会」、「脅威」を分析し、今後の企業の目標・目的等を導き、企業戦略を考えていくものです。
今回、自分で自社のことを振り返り、考え、書いてみるだけでもよい勉強になりました。
今後、これを生かし、役立ていきます!

研修室の私の席からは、レースのカーテン越しに庭がよく見え、よい気候の中、家族連れが楽しそうに遊び、桜は今を見てくれとばかりに、美しく花を咲かせていました。なのに、私は勉強、その家族連れとその桜をうらめしく思ってしまった次第です。

この桜、研修室から、ずっつと気になっていました。

 

お問い合わせ 

ほの字の里

大阪府貝塚市蕎原2114番地

072-478-8777

http:///www.honojinosato.com

期日前投票

2011/04/03 20:00
投稿者: ooki 


来週の選挙投票日には、泊まりの研修会のため、つい先程期日前投票
に区役所まで行って参りました。

以前は、不在者投票と言われていたと思うのですが、いつから名称が変
わったのでしょうか?

過去にも、何度か利用した記憶はあります。

堺市では、市議会議員・府会議員選挙です。有権者の権利を、清き1票で
果して参りました!

選挙当日なら分かるのですが、期日前投票は1週間、立会人・管理人さ
ん、朝から~晩までご苦労様です!

堺ブランド「堺技衆」認証

2011/04/02 10:00
投稿者: ooki カテゴリ:認証

堺ブランド「堺技衆」とは、堺商工会議所が、堺の優れた企業が、全国のみならず、全世界に広く認知されることによって、堺という地域全体のイメージアップと経済発展が促され、その結果として幅広く堺市民に地域愛を醸成することを目的として地域企業に対し堺ブランド「堺技衆」の企業認証を行っているものです。

先月3月24日、堺商工会議所において、「堺技衆」認証式があり、私共も認証No.0081で賜りました。4月1日から2年間有効で、、その後2年毎に更新していく制度です。私共、新規認証16社含め、78社が認証されています。

認証の基準は、堺技衆審査会委員長の関西大学大学院教授、宮本勝浩先生の講評によれば、

1.先進、独自的な競争力

2.具体的な経営理念

3.マーケティング活動、情報発信

4.地域貢献

ただ、私共の、この認証に対する技は、ここではひとまず秘密としてお許しください!

出し惜しみしながら、下記をご覧ください!

http://www.sakaicci.or.jp/wazasyu/html/

 

緊急通行車両

2011/03/17 12:00
投稿者: ooki 


私共の会社は運送会社で、貨物の中に清掃工場でダイオキシンの発生を抑制する活性炭があります。以前は、全国輸送していましたが、最近は関東に積込基地ができたのでしょう?、現在は東海地方より西側の輸送を担っています。

ここにきて、理由は分かりません、その積込基地が被災したのか?荷主様より、岩手県盛岡市の清掃工場への輸送依頼がありまして、出発いたします。

当初、東北自動車道が緊急車両しか利用できないため、日本海側を這っていくしかと考えていましたが、情報が入り、ライフラインに関するものであれが緊急車両通行許可を発行するとのこと。早速、最寄の警察署に参りまして、申請、許可を頂きました。

お問い合わせは、

http://www.pref.osaka.jp/life/list2.php?ctg02_id=7L

ただし、現在、関東地方でさえ、関東へ運送している運転手によれば、ガソリンスタンドでの1回いの給油量が制限されているとのこと。東北ではなおさら、帰ってこれない恐れありますので、往路よりこまめに給油補給していくなど、研究したいと思います。

先週の土曜日、私共のお客様で福島県に事業所をお持ちで被災されております。飲料水の手配の要請がありまして協力させて頂いております。先週、手配したものがもう到着しているものと思ってましたが、東北道の入り口で緊急車両でないということで、昨日大阪に戻ってきているようです。また、出直しです。

この緊急車両通行許可の威力は、すごいようです。

しかし、あまり連発してはいけません。

災害救援に支障が出ますから!

初午祭 開催

2011/03/15 11:00
投稿者: ooki 


私共の会社では、毎年この時期に、初午祭(お稲荷さん)を開催いたします。住吉大社 宿院頓宮より神主さんにお越し頂き、会社の繁栄と安全を祈願、お祓いをして頂きます。

今年は、昨日の良き日に開催、東日本大震災の被災が少しでも小さいことも祈念致しました。

倉庫から、お手洗いに至るまでお祓いをしていただきました。

今回、教えていただいたのですが、

 神社でよく見るひらひらした紙がついた棒=大麻(おおぬさ)

 写真の木の箱より、撒いている紙=切麻(きりぬさ)

悪いことを祓いのけて、吸いとるというお祓いの道具ということです。

 

 

 

 

 

災害復旧支援 西から東へ!

2011/03/15 00:00
投稿者: ooki 

東日本大震災、時間が経つにつれ、被害の大きさが分かってきます。まず、被害にあわれた方に、お見舞い申し上げます。

昨日の日曜日、息子の学校の関係で、山口まで日帰りでひとっ走りいたしました。朝、山陽道を西へ向いて走っていると、対向の東向きの車線は、自衛隊の車両が次から次へと東へ向って走っていきます。これは、地震の関係とすぐに察知いたしました。

そう言えば、阪神大震災の直後、京都か滋賀県の高速道路で、東から西に向かって自衛隊の車両が走っていたのを思い出しました。

帰阪時は、自衛隊の車両と共に走りながら、久留米市の復旧隊、鹿児島市水道局の給水車と行政の車両も加わっています。

日本の皆さんが、ひとつになって助け合っているのは、頼もしいことです。

高速道路のサービスエリアの駐車場は、有事があったかのようにたくさんの自衛隊の車両が止っていました。異様な感じでした。サービスエリアのお手洗いにおられた、自衛官の方に「どちらまでと?」聞けば、「宮城まで」と。「ご苦労様です。」と、おねぎらいの言葉をかけました。

私共のお客様も、福島県に事業所をお持ちで被災されております。飲料水の手配の要請がありまして協力させて頂いております。

私も、阪神大震災の時は職業柄、緊急物資の輸送にボランティアとして携わりました。この度の東日本大震災に対しても、何かお役に立てるように考えてまいります!

帆船「あこがれ」で、ワッチ

2011/03/11 04:00
投稿者: ooki 


先週日曜日、まずまずの天候の中、南港オズ岸壁を出港致しました。帰港時は、小雨になっていました。

帆船「あこがれ」ホームページより

「ワッチ」

トレーニーは乗船時に『ワッチ』と呼ばれるグループに分けられます。そして操帆作業など乗船中のすべての活動はこのワッチ単位で行われます。それぞれのワッチには『ワッチ・オフィサー』と呼ばれる既にセイル・トレーニングを経験したリーダーがつき、帆船「あこがれ」でのセイル・トレーニングのお手伝いをします。

今回、私が、そのワッチ・オフィサー役です。

出航前のミーティング

今回、5つのワッチがあり、私は3班の担当、5つのワッチの内、3つのワッチは名古屋から来たボーイスカウトでした。

 

今回の、展帆予定のセイルです。

セイルの展帆(セイルを張る)、畳帆(セイルを畳む)には、皆に力を合わせて、ロープを引っ張ります。その掛け声が、下記の「ツー・シックス・ヒーブ」です。

これが、「ジブセール」

これが、「メインセール」

ロープの後始末にも、ちゃんと約束があります。

写真には、見ずらいのですが明石海峡大橋を確認いたしました。

マスト上からの、映像。

今回、私が担当したのは、先程申しましたように、名古屋よりやって来ました小5~中2のかわいい男・女の子でした。

最後に、訊ねました。「新しい自分発見は、出来ましたか?」 答は、「し~ん」

ただ、私の問い掛け「名古屋から来て、価値ありましたか?」に対しては、皆「価値ありました」と。

次の再会を信じて、お別れいたしました。

皆様も、機会があれば是非、帆船あこがれへの乗船をお待ち申し上げております!

 

お問い合わせ (社)大阪港振興協会 セイル大阪

          06-6615-6070

          http://www.akogare.or.jp

 

現地説明会?=考古学

2011/03/03 06:00
投稿者: ooki カテゴリ:くらす

 

先週の土曜日、三輪さん(大神神社)に月参りに行きましたら、参道の途中に「現地見学会」の看板、住宅の説明会かな?と、通り過ぎようと思いましたが、確認のためにそばに案内の女性がいて、よく見るとその女性桜井市の腕章をしており、聞いてみると遺跡から日本最古の人間の顔をした、はにわ」が発掘され、今日だけ、その展示、説明会がされているとのこと。めったにないチャンス、考古学に興味の全くない私、足が動いてました!

はにわの見学には、30分の渋滞、実際それ以上時間かかったと思います。最後尾に、「最後尾」の看板も。まるで、百貨店のセールのようです。

これが、「日本最古の人間の顔をした、はにわ」

まるで、ジクソーパズル。これ以上の破片は、残っていないということでした。

これから、このような機会があれば行ってみます。考古学に、はまってしまいそうです。



上に戻る