上に戻る

三元ラセン管工業(株)

振動で困っている方に最適なベローズ
2017/03/13 08:00
投稿者: takashima 

ベローズ内径162mm 面間350mm JIS10K(150A)フランジ 片側ルーズ
内筒付

ベローズ板厚0.25mmx2層 バネ定数37.1N/mm
使用圧力0.3Mpa

関連記事がこちらに >>>>> http://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=2161

 

ベローズ案内人

社長の日記

NCネットワーク

マイナビニュース

大阪城リレーマラソンに三元チームが走ります。
2017/03/10 14:00
投稿者: takashima カテゴリ:企業情報

ホームページの新着情報 >>>>>  http://www.mitsumoto-bellows.co.jp/topics/cat75/001199.html

 

昨年の大阪城リレーマラソン >>>>> http://www.mitsumoto-bellows.co.jp/topics/cat75/001082.html

 

 

ベローズ案内人

社長の日記

NCネットワーク

マイナビニュース

 

帽子ではありません、ベローズです。
知らないところでわが社のホームページがセミナーで使われていました。
2017/03/03 13:00
投稿者: takashima カテゴリ:セミナー

ある商工会議所主催のITセミナーでホームページ活用事例 成功のポイントが紹介されたそうです。

そのホームページが我社のホームページだったそうです。

セミナーに参加した方から高嶋さんのところのホームページが紹介されていましたよと教えて頂いて驚きました。

無断で使ったからではなく、知らないところでも会社を知っていただきありがたいと思いましたが、どのように紹介されたのかちょっと知りたくなりました。

 

すると参加した方が講師の方に伝えたところこのように返事が返ってきたそうです。

無断で使用したことは申し訳ないという事だったそうですが、三元ラセン管工業のホームページは製品説明が詳細で、写真も美しく、見込顧客の買うための理論づけがうまくできるサイトであると感じましたので、紹介させていただきました。

このように返事をもらったそうです。

 

 

 

 

ベローズ案内人

社長の日記

NCネットワーク

マイナビニュース

 

今年も大学からの出講依頼が来ています。
2017/02/27 15:00
投稿者: takashima カテゴリ:出講

6年前から毎年大学からの出講依頼を頂いています。

もう歳も年なのでと、今年は辞退したんですが今年度もという事で学生さんにお話をさせて頂きます。それと今年は初めての大学から、最近できたばかりの大学だそうですが6月に出講の声がかかってきています。

 

 

ベローズ案内人

社長の日記

NCネットワーク

マイナビニュース

ウズベスキタンの方からプレゼント
キルギスとウズベスキタンから会社見学に
汚泥処理プラントに使われるジャバラ
6本のフレキシブルチューブが1枚のフランジに溶接されたホース
2017/02/16 10:00
投稿者: takashima カテゴリ:フレキシブルチューブ
断熱材セラミックファイバーを使った耐熱用ベローズ
2017/02/15 12:00
投稿者: takashima カテゴリ:ベローズ

 

600℃の排熱の配管に使われるベローズ伸縮管

ベローズに600℃の排熱が直接当たらないように、ベローズの内面にセラミックファイバーを入れ耐熱材料のSUS310S材の金網で保護し、その中にSUS310Sの内筒を付けています。

ベローズ内径262mm 面間350mm JIS10K(250A)フランジ付

中間に短管を入れることで軸直角の変位を取れるようにしています。

 

 

製作方法は、こちらで紹介しています >>>>>> http://mitsumoto-bellows.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=10010151#trackback

 

 

 

ベローズ案内人

社長の日記

NCネットワーク

マイナビニュース

 




メディアギャラリー

It appears you do not have the Flash Plugin installed, or the version you have is out of date and cannot play the requested content.

Get Adobe Flash player


今週の注目キーワード