上に戻る

西谷経営技術研究所

西谷経営技術研究所-rss 西谷経営技術研究所
西谷経営技術研究所

「会社力」=「集客力」+「改善力」+「開発力」

西谷経営技術研究所は製造業の会社力アップの仕組みを設計し、提案します。
  1. 営業に不得手な製造業・お客集めはこう進める
  2. 生産能力以上の注文を取っても受注残が増えるだけ。「工場は出荷してナンボ」。出荷しなければ売りが立ちません。「サッサと作ってサッサと出荷」する仕組みを設計・提案します。
  3. 自社の資産を生かした新製品のテーマ設定と開発をご支援します。


【改善が全然進んでないんです】
2016/12/10 07:00
投稿者: nishitani カテゴリ:実践! 工場改善

「前に先生に計画を作ってもらったんですが、ほとんど進んでないんです。 やろうと思ったら飛び込みの仕事が入ったりして先送り。いつもその繰り返しです」

「ヤレ! ヤレ! だけでは進まないですよ。 具体的に何をするのかを教えて上げないと」

「前に作っていただいた計画は非常に具体的なものだったので、やり方が分からないはずがありません。 ヤル気の問題でしょうね。 ヤル気を出させるのに、いい方法はありませんか?」

 


続きを読む…
【マーケットイン・プロダクトアウト】
2016/10/27 14:00
投稿者: nishitani カテゴリ:実践! 工場改善

昔TQCで覚えた懐かしい言葉を最近聞きました。

「TQC」:Total Quality Control(全社的品質管理)
バブル時代に大流行した改善手法です。

Q7(QC七つ道具)・N7(新QC七つ道具)
どれも以前からあった手法をまとめただけのものだが、多くの経営者から
すごく斬新に捉えられた。
大学の先生方を審査員に迎えて権威づけをして、企業規模の大小を問わず、
「何が何でもTQC」という風潮を国内全域に広げていった。

このマーケティング手法は素晴らしい。
TQCそのものよりも大いに学ぶところがあります。

 


続きを読む…
【教育していますか?】
2013/10/17 13:00
投稿者: nishitani カテゴリ:実践! 工場改善
 
旋盤の使い方を教えないで、いきなり旋盤加工をさせようとしても
うまくいくはずがありません。
 
旋盤の熟練工に指導させるか、社内にいなければ、社外訓練に出せば
いいのです。
 
機械の「故障停止」が多くて、生産が進まないからといって、
 
「故障停止を半分に減らせ!」
 
と指示しても、やり方を知らなければ何もできない。
 
指示された側は、やり方を知らないからと言って放っておくわけに
いかないので、「手探り改善」を始めることになるわけですが、
手探りで効率的な改善ができるわけがない。
 
工場改善をするならするで、実践できる要員を育てなければならない。
 
これが上位者の責任です。

続きを読む…