上に戻る

西谷経営技術研究所

西谷経営技術研究所-rss 西谷経営技術研究所
西谷経営技術研究所

「会社力」=「集客力」+「改善力」+「開発力」

西谷経営技術研究所は製造業の会社力アップの仕組みを設計し、提案します。
  1. 営業に不得手な製造業・お客集めはこう進める
  2. 生産能力以上の注文を取っても受注残が増えるだけ。「工場は出荷してナンボ」。出荷しなければ売りが立ちません。「サッサと作ってサッサと出荷」する仕組みを設計・提案します。
  3. 自社の資産を生かした新製品のテーマ設定と開発をご支援します。


【中小規模製造業の工場長限定セミナーです】
2017/05/21 11:00
投稿者: nishitani カテゴリ:実践的工場改善

を中小規模製造業の工場長限定セミナーです。

『工場改善戦略マップ』を作って、

一段高い次元から問題点を見つめ、解決していく進め方が手に入ります。


複雑な方法を覚えていただく必要はありません。


「ワークシート」を順に埋めて行っていただけば、自然に改善発想ができていきます。

こちらからお申し込みください。
  ↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pag…/view/kojokaizensenryakumap

【ISO更新は済みましたか?】
2017/05/20 10:00
投稿者: nishitani カテゴリ:実践的工場改善

ISO9001の更新審査を済ませた会社が増えています。


これまでの審査は、定められた文書類がきちんと作成さ

れていて、運用されているかにポイントが置かれていた

のですが、
経営効果が上がっているかどうかが重視される傾向にな

っています。


事実、2015年版では、品質マニュアルの作成も要求

されていません。

経営レベルでは、売上・収益が上がっているか、


工場では、生産性が継続的に向上しているか、


新製品開発が進んでいるか、


実質的なマネジメントシステムが構築され、運用され

、成果を出しているか、ということになります。

皆さんの会社では、部門目標がきちんと設定され、計画化

されていますか?


そしてその計画が実行され、成果が出ていますか?

日常業務に追われていては、現状維持でしかありません。


「現状維持、これすなわち退歩」

管理職の仕事は、半分は改善業務に充てていただきたいものです。

【こんな管理職要らない】
2017/05/17 01:00
投稿者: nishitani カテゴリ:工場マネジメント

部下に企画を考えさせて、それを見て難癖を付ける上司。

ゼロから生み出すのは大変な苦労が要るのですが、あと

から批評するのはいともたやすい。

 

評論家上司は不要な存在です 。

【Pは緻密に具体的に】
2017/05/14 07:00
投稿者: nishitani カテゴリ:実践的工場改善

 

PDCAのPは「Plan:計画」だが、「目標を効率的に

達成するためには、どのような行動を起こすか」を十分練り

に練るステップです。

「何を」「どんな方法で」やって、どんな「成果物(アウト

プット)」を作り上げるか。

具体的に書き出すことです。

「アウトプット」が書類の場合だったら、フォーマットまで

設計しておくことです。

Dでは、計画通りに行動するだけ。

「次はどうしよう」と考えるのは、Pが不完全だからです。

シナリオが雑だと、アドリブばかりの行動になってしまいます。

【即断速攻】
2017/04/29 08:00
投稿者: nishitani カテゴリ:工場マネジメント

計画書が出来上がったら、実行に間を空けてはならない。

実行責任者を決めて、直ぐに行動を起こさせることです。

行動すれば机上では見えなかった情報が入ってくる。


その情報に基づいて行動計画を練り直す。

これを繰り返すことによって、マネジメントの制度が向上していくのです。

【進捗管理】
2017/04/28 08:00
投稿者: nishitani カテゴリ:工場マネジメント

顧問先の会社では、必ずマネジメントレビューに同席させていただく
ことにしています。

PDCAはマネジメントの基本であるにもかかわらず、言葉では理解
していても、行動面で生かし切れていないトップマネジメントの方が
実に多い。

何も行動しなくても、成果の出る場合もあります。

計画通りに行動した結果の成果なのか、偶然生まれた成果なのか、
その区別を明確に判断しないと、実行責任者の能力評価を見誤る
ことになってしまいます。

【品質目標】
2017/04/27 15:00

西谷:ISOの「品質目標」に、売上目標が掛かれていませんね。

社長:売上目標でしたら、経営計画書に書いています。

西谷:でも工場改善目標は「品質目標」に挙げられていますね。

   だったら、売上目標も工場改善目標も、経営計画書に統合されたらどうですか?

社長:そうすると、品質目標が無くなってしまいます。

西谷:経営計画書に経営指針が掛かれているのなら品質目標は無くても構いません。

   計画書が二本立てになっているほうが不自然です。

【ISO改訂はもう済みましたか?】
2017/04/21 07:00

3年以内に改訂すればいいとのんびり構えていた会社も、ここにきてそろそろ慌て始めたようです。

事務的に、審査をパスするだけの改訂だったら、それほどむずかしいことはありません。

でもどうせなら、日常業務とISOが二重帳簿化している会社は、この際メスを入れるべきです。

ISOを取得した分、余分な仕事が増えた。と担当者が嘆いている会社がほとんど。

余分な仕事はどんどん除去していかないと。

それが改善ですからね。

わが師、社会教育家田中真澄先生の言葉
2017/04/18 08:00
投稿者: nishitani 

 

「余生」とは「余りの人生」。
「余り」は小学生の時割り算で出てきた言葉。ふつう一桁です。
今時、60歳過ぎで定年を迎えて10年以内に亡くなるなんてことはあり得ない。

「簡易生命表(平成27年版)」によると、平均寿命は男女それぞれ80.79歳、87.05歳。
60歳のあわて者の男性は「オレの人生はあと20年」と考える人がいますが、
平均寿命とは実は0歳児の平均余命のこと。
60歳児(?)の平均余命は23.55歳。つまり83歳まで生きるのです。
83歳になったら平均余命は7.26歳。90歳まで生きることになります。
90歳の平均予定は4.38歳。

キリがないのでここまでにしますが、要するに自分が寿命と考えていた年齢になった時の平均寿命は、

もっと先なのです。
(アキレスと亀みたいですね)
100歳まで生きると考えておいていいでしょう。

学校を出て社会人としてのスタートを切るのが20歳前後。
定年まで40年。
それからさらに40年の人生が残っているのです。

この40年を毎日ゲートボールで暮らしますか?
だったら定年時点を本番人生のスタートと考えて、充実した本番人生を生きるために、今からどんな

準備をしておけばいいのか、真剣に考えて実行を始めないと、きっと後悔することは間違いありません。