上に戻る

株式会社ビー・ゼン

株式会社ビー・ゼン-rss 株式会社ビー・ゼン
株式会社ビー・ゼン

 1986年の創業以来、20年以上にわたって機械イラストを中心に各種コンテンツを制作してまいりました。
機械製品になくてはならない取扱説明書・施工説明書や部品展開図、技術者向け資料に利用される線画をはじめ、動きや質感を表現することによって効果的に説明・販促するツールとして注目を集めている3Dや動画コンテンツ、CDカタログ、パネルデザイン、各種カタログまで、お客様の予算・用途・目的に合わせたコンテンツをご提案・制作しております。
機械イラスト制作会社ならではの確かな技術と、数多くの実績で得たノウハウで、今後も皆様のご要望にお応えしてまいります。  

ホームページ:http://www.b-zen.org


 

機械イラスト日記vol.46

2009/09/18 16:00
投稿者: ビー・ゼン 

最近の行った業務の一つに、線画トレースがあります。
機械をテーマに数々のイラストを描いていますが、部品展開図等で見られる決められた角度で描かれたイラストではなく、取材等で撮影した写真やキャプチャしたビデオを線画としてなぞって描き起こす作業です。


続きを読む…

機械イラスト日記vol.45

2009/09/16 16:00
投稿者: ビー・ゼン 
2003年はビー・ゼンが大きく動き始めた年でした。
時代の流れに対応し新体制に向けて構造改革プロジェクト始動、コンテンツ制作の技術やノウハウはそのままに、様々な改革に着手しました。
続きを読む…

機械イラスト日記vol.44

2009/09/15 17:00
投稿者: ビー・ゼン 
株式会社ビー・ゼンのウェブページの創設は1998年の年末のことです。
社内の動きでは、今までアナログな部分もあった制作物を完全にデジタルデータへの移行を終え、さらに動画への可能性を追求しながら積極的にコンテンツをアピールしようとしていたときのことでした。
続きを読む…

機械イラスト日記vol.43

2009/09/14 16:00
投稿者: ビー・ゼン 
2000年から始まったビー・ゼンオリジナルカレンダーは好評で引き続き翌年も制作することになりました。
前年の果物や野菜をキャラクターにしたイラストに変わり、翌年からはビー・ゼンのメインキャラクターである「ビーバード」が誕生することになります。
続きを読む…

機械イラスト日記vol.42

2009/09/11 11:00
投稿者: ビー・ゼン 
ビー・ゼンでは2000年から2004年の間、日ごろよりお世話になっているお客様に対しオリジナルカレンダーを年末にお配りしていたことがありました。
5年間という期間でしたが、機械イラストという少々硬めのイメージからは少し離れて、やわらかく暖かいイメージを大切にした描きおろしイラストを使用したカレンダーです。
続きを読む…

機械イラスト日記vol.41

2009/09/10 15:00
投稿者: ビー・ゼン 
その日の業務がない時や手があいた時、みなさんはどのような事をしていますでしょうか。
弊社では空いた時間を使って普段日々の業務におされてできなかったことを行っておりますが、だいたいがウェブページのメンテナンス、データのバックアップ、社内パソコンのメンテナンス、3Dモデリングの練習、他には事務所の掃除といったところでしょうか。
続きを読む…

機械イラスト日記vol.40

2009/09/09 10:00
投稿者: ビー・ゼン 
弊社は創業以来、機械イラストをメインに制作してまいりましたが、出来上がるコンテンツが全て機械がらみであるかというとそうではありません。

機械をテーマにしながら、線画イラストやカラーカット図、3Dや映像、インタラクティブなコンテンツまで様々な形態のコンテンツを制作するうえで、お客様の要望に応えられるように様々な形で納めるために数々のアプリケーションを習得する必要が出てまいりました。
続きを読む…

機械イラスト日記vol.39

2009/09/07 15:00
投稿者: ビー・ゼン 

弊社ウェブページのコンテンツに新たに特集ページを追加しました。

http://www.b-zen.org/technical/technical1.html

以前より機械イラストを全面に出してご案内しておりますが、ここではテクニカルイラストという、機械を扱う方には必要不可欠な部品展開図、パーツリストについてあらためてまとめております。


続きを読む…

ビー・ゼン社長日記 vol.9(機械以外のイラスト)

2009/09/04 10:00
投稿者: ビー・ゼン 
教育や解説等の表現で専門知識や正確さが必要なイラストについては、テクニカルイラストで培った技術で分かりやすく伝えることができる。
続きを読む…