上に戻る

凡十郎オフィース

凡十郎オフィース-rss 凡十郎オフィース



「コンセプト」・「アイデア」・「心」のデザイン。
 《クリエイティブワーク》
・ブランドコンセプトメイキング
・ウェブプランニング
・照明アート

《取組み企画》
・2012: 大阪府御堂筋イルミネーション撮影スポットデザイン"幸せのフラワーメッセージ"入選決定! 《画像》
・2010~2011: 大阪府御堂筋イルミネーション撮影スポットデザイン"LOVE LOVE OSAKA"
 (odona淀屋橋に展示:2011.12.14~2012.1.22 17:30~23:00 / 2010.12.10~2011.1.16 17:30~23:00)
・2010.8.24~29: 東京個展:銀座ギャラリー《凡十郎照明アート展》
・2010~2011: 染め生地や伝統工芸とのコラボ照明アート 《琉球びんがた・ウージ染めコラボ照明》
・商品開発及び関連するデザイン、総合プロデュース
大阪府デザインセンターBMB会員itemコンペWithYou賞受賞
大阪市都市型産業振興センター支援:クリエイティブクラスター会員

凡十郎オフィース
〒543-0021 大阪市中央区高津1-3-6JDCビル505号
TEL06-6767-2116
照明アートhttp://bonjyuro.com  ウエブ製作http://bonjyuro.com/web.html
メールbonjyuro@wcm.ne.jp
face book http://www.facebook.com/bonjyuro
twitter  http://twitter.com/bonjyuroad
 

凡十郎 「光のメッセージ」
2013/06/10 16:00
投稿者: bonjyuro カテゴリ:照明アート

LEDを使って「光のメッセージを!」こんなことも出来るんですよ!

 


続きを読む…
2012御堂筋イルミネーション・撮影スポットデザイン入選
2012/09/17 12:00
投稿者: bonjyuro 
2012堂筋イルミネーション・撮影スポットデザイン入選しました~!
続きを読む…
ヴァージンに習う。
2011/05/17 14:00
投稿者: bonjyuro 


ヴァージンは私にとって、憧れの企業です。

本当はヴァージングループよりも、創設者”リチャード・ブランソン”にあこがれています。

共通点もあるんですよ。それは凡十郎のカラーコンセプト:白、赤、黒、ライトグレー(白、赤、黒はヴァージングループのテーマカラーでもあります。ライトグレーはリチャードのスーツの色)*マネ?ではありません。高校時代からなので私の方が先。。



私もグレーのスーツが好きですね。。



ブランソンは、約20年前日本の長島温泉から気球で太平洋を渡った冒険家。今も宇宙や海底を冒険し、ユーザーにも提供しようとしています。



私もバイクでメキシコを走った冒険家?(規模が大分違いますが…)

そして何よりも、憧れ見習いたいのは「ビジネスにも冒険し続ける」ということです。
ヴァージングループは主導権が移らない程度の株を売却し、低迷しているように見えますが、常にビジョンを持ち、恐れないで夢を現実化し続ける姿勢が素晴らしですね。

凡十郎も頑張ります!BMBのメンバーの皆さんこれからも宜しくお願いいたします。

怪しく飛ぶ⇒デザイン
2011/05/13 11:00
投稿者: bonjyuro 


あなたは円盤を見たことがありますか?
私は27歳の時、兵庫県の氷ノ山で、夕焼けに染まった空に浮かぶ”オレンジ色の巨大な母船”を見たことがあります…

怪しく、空を飛んだり浮かんだりしている物に人間は興味を持ちますよね。。そんな、怪しい・空に浮かぶ照明を考えています。

デザイン素材(ある公開資料より)
怪しく空に浮かぶ未確認飛行物体…円盤はポピュラーな存在。また、逆に確認出来ていても、空に飛ぶ怪しさを感じるのは、私の場合”ステルス”なんですね。ステルスを訳すと:隠密(おんみつ)=「忍びの者」すなわち忍者。。怪しくないですか?そんな怪しいステルスは第二次世界大戦中のナチスにも存在していたそうです…

↓ 65年経ってもデザインはあまり変わらない=はぼ一緒!


特に初期のステルス戦闘機の外部は平面で構成されて、プロダクトデザインの観点から空気抵抗値に問題無いのか?とか思ってしまう。特に下の面は完全に平面である……?怪しい。。

しかし、その優れた空気抵抗低値を証明する商品がありました。この通称ステルスアンブレラと言われている傘がそうですね。100km/hの速度でもアサガオにならなかったビデオを見ました。



私が考えている空を飛ぶ怪しい照明を実現してくれる人が出てきました。先月”日韓クリスチャンビジネスセミナー”に同行したメンバー(大笑い集団”よろこび”組)の一人なんですが、その人が開発している空飛ぶ〇〇に照明を積んでもらえそうな話が出てきました。是非その”怪しく空に浮かぶ照明”を実現したいと思います! 期待せずに…待ってて下さい! 

一番怪しいのは凡十郎=本人?そうかもしれません (^_^)//

募集!
俺も空に飛ばせるぞ!というアイデアがある方ご連絡ください。是非コラボしましよう!
宜しくお願いします。連絡先はこちらへ:bonjyuro@yahoo.co.jp
いっそイタリア人に…
2011/05/12 22:00
投稿者: bonjyuro 



好きな食材はスパゲッティ、ルッコラ、チーズ、トマト、エスプレッソ、ジェラート…。 性格はラテン系。 顔は最近”ロバート・デニーロ”に似てると言われる? インテリアを含め「デザインはイタリアでしょう」とオフ会で産業技術センターの中西さんが言われてた。 上を目指すならいっそ、イタリア人になろうかな? いや越えたい…。

 

老後をすごすならこの街が人気!温泉で有名な ”メラーノ”の石畳
yahooトラベルより⇒http://community.travel.yahoo.co.jp/mymemo/euro-Urlaub/blog/16891.html

古き良き北イタリアの城壁に囲まれた村 ”グロレンツァ”
みつえもんさんの旅ブログから⇒http://4travel.jp/traveler/kusamakura/album/10163195/



アルプスからイタリアの山々を眺める
イタリア・アルプス絶景の旅から⇒http://www.bs-j.co.jp/italy/

イタリアのアルプス?いや…デザインを越えるぞ~!

谷町イタリア話:谷六にある日本初のジェラート屋さん”チルコロード”にはシシリー出身のLEONのチョイ悪オヤジモデル”フランコ”さんが遊びに来るらしい。。

凡十郎の新オフィースに皆さん是非、遊びに来て下さい。何もないですが、コーヒーでもお入れします。m(_!_)m
ご連絡はメールで…bonjyuro@willcom.com (アクセス・予定等をご返信致します)

連休最終日、梅田三越伊勢丹をリサーチ!
2011/05/05 16:00
投稿者: bonjyuro 

一昨日のあべのキユーズモールに続き。連休最終日は梅田三越伊勢丹をリサーチして来ました!といっても、商品より集客・導引の様子を観察に行ったんですが…



梅田三越伊勢丹は外も中も人でいっぱい!入口は長蛇の列。入るまでに時間が掛かりました。。



世界一の激戦区?大阪の陣に参戦した三越伊勢丹の初年度売上高目標550億円! あべのキューズモールの初年度売上高目標は400億円!ですから合わせると950億。約1兆円! 大阪の低迷している景気を、是非取り戻してほしいものです。私も微力ながら頑張りたいと思います。

凡十郎の収穫
梅田三越伊勢丹の6Fの着物売り場で、依然、上六の近鉄デパートにお勤めの方と偶然お会いしまして、「おたくお見かけしたことありますな~」と言われ暫く立ち話…。「西陣御召」の織物や染生地について、色々と教えて頂きました。
さらに、友禅染は沖縄のびんがた等の染を本に「宮崎友禅」が333年前に染技法を発案したと言うことです。。沖縄では逆の説を聞いたことがあるので目からうろこでした。 

混雑していても色々と発見のあるリサーチでした。明日から激務が待っている…(>_<;)凡十郎でした。

新大阪で経営者セミナー最終回!
2011/04/19 21:00
投稿者: bonjyuro 


 

ソウルでの日韓クリスチャン経営者セミナーに続き、4月18日に新大阪のチャペルで「クリスチャン経営者セミナー」の最終回がありました。


 

11月から約5か月間、月2回、29項を学びました。(私は入院していたので4ヶ月参加です)

凡十郎が学び身に着いたポイント (聖書の項目)
成功することを信じて疑わない (へブル人への手紙11章1節)
勝利の武具を身に着ける (エペソ人への手紙6章13~18節)
愛で経営を行え (コリント人への第一の手紙16章14節)
人間尊重の経営 (イザヤ書43章4節)
勤勉と誠実 (箴言13章4節)
等々…。感謝です。




主催者の玄代表と奥村さんに、シン牧師さんから記念品贈呈。パチパチ。。



参加者は経営顧問、インテリア会社経営者、ファッションメーカー代表、発明マネージャー、クリスチャンサイトオーナー、カウンセラー、デザインコンセプターと様々。10月に第2回が開催されるそうですが、それまで待ち遠しいので、近々「打ち上げ会」をすることになりました。MKタクシーの青木副会長をお呼びするそうです…セミナーは次回もつづく?。。韓国で結成された大笑い集団「よろこび組」も参加しま~す。

主催者の皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。また、お会いしましょう!成功しましょう!  (^o^)//  オー! 凡十郎

ソウルの日韓経営者セミナー(3日目)「よろこび組」結成!
2011/04/15 23:00
投稿者: bonjyuro 


ソウルの日韓経営者セミナーも3日目となりました。今回のツアーで一番楽しかったのは「よろこび組」の結成?です。。北朝鮮の美人ダンサー集団ではありません。日本の経営者のおじさんたちが、移動車の中で冗談をいいあって爆笑の連続。。これを「よろこび」と言わずして何というのだろう…!(^o^)//



セミナーの前に、モーニングバイキングを頂きます。朝から、満腹です!



クリスチャンのセミナーは祈りから始まり、祈りに終わります。



午前のセミナーの講師は、韓国でも有名なファッションブランドE-landの会長バン・ソンギ氏です。凄い人ばかりです。 会長、安藤忠雄に似てます…



E-landの成功のカギは、徹底した教育と、50%の利益を社員に還元するという、普通では考えられないクリスチャン理念にあります。この話は世界でも話題となりました。



昨日、ゴスペル創作日本舞踊を披露して下さった、新宅さんが積極的に質問されていました。



クリスチャンは集合写真が好きですね~!何枚撮るの。。



最終セミナー会場の韓国のトップメーカー「ユナイテッド製薬」に移動。



ゲストハウスの最上階でランチ・バイキング!一度では食べきるのは無理です。ご馳走は何度かに分けて楽しみましょう。 (o^_^o)



食事・セミナー・食事・セミナー…という感じで「日韓クリスチャン経営者セミナー」が続いております。



最後のセミナー講師は「ユナイテッド製薬」の「ガンドン・ヨウン会長」グローバルな観点で日本の性質を生かした経営方法について教えて頂きました。



セミナーや交わりが終わったら、ナント出発1時間前? 時間も忘れて色々と吸収しておりました。。いざ、金浦空港へ!



慣れてきたソウルの街ともお別れです! 自由時間最後まで無かった…



帰路もアシアナ航空。日韓をつなぐ人気の航空会社。。遅く空港に到着した我々は、席がバラバラ…「よろこび組」の本領は発揮できません…でしたが、ためになった、楽しかった、霊肉共に恵みを受けた…「よろこび組」?いや「日韓クリスチャン経営者セミナー」でした。 (^o^)// 韓国でお世話になった皆さんありがとうございました!感謝で~す。 (写真協力:LOJEA・道下氏

まだ終わらない…18日に最終セミナーが新大阪であります。 凡十郎でした~!


ソウルの経営者セミナー(2日目)
2011/04/15 09:00
投稿者: bonjyuro 


ソウルの経営者セミナー、2日目です。 宿舎南山ユースホステルにて…
朝9時1Fの喫茶店でミーティング。同時に日本のメンバー:元大手建築会社社長・イスラエル大使・都市環境デザイナーの三宗司郎さんの経営者セミナーがありました。凄い人が同行しています。。



韓国北部に移動2時間、CBS-TVに関係のある「聖なる光クァンソン教会」(プロテスタント)の礼拝に参加しました。凄いビルです~!午後0時到着。



「聖なる光クァンソン教会」は1万人の信徒がいます。一度に2000名入れる礼拝堂で5回礼拝があります。0時半の礼拝に参加しました。1万人教会は韓国ではごく普通…(^_^)



礼拝後地下にあるゲストルームで昼食を頂きました。ここでも野菜いっぱいの焼かないビビンパを頂きました~。昨日のビビンパとは、また違う内容でこれも美味しかったです!(左端が私)



昼食後は、同ビル内で行われていたカルチャースクールを見学。20以上もあるそうです。。



また別の部屋で交流会がありました。牧師さんから、教会の行っている事業の経営について説明して頂きました。学校や病院、銀行も経営されて貧しい、困った人達を助けているそうです。理想的な運営ですね。 牧師さん、二郎さんに似ている…(^_^)



午後5時半 ソウル近郊に戻り、カモの肉料理を頂きました。めずらしい料理でしたが、美味しかったですね!(これも韓国のメンバーからの接待です。:韓国のクリスチャンは必ず接待して下さいます。)



ソウル北部の「エルジョン教会」の夕拝に参加しました。



日本のメンバー新谷さんが、ゴスペル演歌の曲で創作日本舞踊を披露!



日本から同行しているシン牧師のメッセージ。通訳はキム牧師。シン牧師のメッセージは聖書の内容がスーッと頭に入り、しっかり記憶に残ります。素晴らしい!



素人から4年で教会建築のスペシャリストになった「ソンさんの証」。貧しい生活から教会や宣教師に助けてもらい今日があるというものでした。3年で100建の教会を建築、韓国一の教会を建築し、大賞を受賞されました。参加者一同、涙と感動で胸が熱くなりました。通訳さんも通訳する前に泣いてしまうんです。もう~中谷さん!(;_;)  気が付くと午後11時過ぎ?今日中に宿舎の戻れるのか?……このつづきはまた明日。。凡十郎でした