9月のパリデザインウィーク2015出展で得た大判和紙の反応について

2015/10/23 19:00
投稿者: kawate カテゴリ:展示会情報

9月上旬にパリで開催された展示会「PARIS DESIGN WEEK 2015
自身も渡仏し、会場で6日間、アテンドしてきました。

パリデザインウィーク2015の展示会場はパリ3区マレ地区のギャラリーでした

フランスで最大の展示会「MAISON & OBJET(メゾン・エ・オブジェ)」と
ほぼ同時期に市内各所で開催されるデザインやアート関連のイベント。

パリのほぼ中心地に位置する3区マレ地区が展示会場で、
周辺には色々なカテゴリーのデザインやアートのギャラリーや美術館が多数点在する
落ち着いた雰囲気の場所でした。



パリ3区のマレ地区は様々なカテゴリーのデザインやアートのギャラリーが多数点在

日本のデザインの今(四季-うつろい-)」をテーマに
国内11社でプロダクト、インスタレーションなどの作品を展示、
パリはもとよりヨーロッパ各国にご覧いただきました。

当社の出展品は別注の手漉きで作製した大判和紙のタペストリー。
襖を漉く際の表現技法を生かし、紙全体に穴があいたのが特徴です。

原料である三椏の素材感、光が透過する際の透け感や陰影を
企業の店舗やショールーム、飲食店などの商空間や
個人のインテリアを演出する和紙素材として想定。

パリデザインウィーク2015に出展した別注の手漉きで作製した大判和紙のタペストリー

来場者の反応は概ね好評、日本の手仕事の良さや
伝統的な素材や加工方法に興味がおありに方々が多かったように思いました

12月上旬には京都にて帰国展を開催予定です。
今回のパリ出展の様子を再現することになります。

会期や日時など詳細は後日、お知らせします。
ご都合宜しければ、是非お立ち寄りください。

大判和紙のタペストリーを出展したパリデザインウィーク2015会場の様子

※このブログの続きは下記のリンク先よりご覧いただけます。

・・・・・
[⇒]大判和紙のタペストリーを出展のパリデザインウィーク2015で得た感触とある気づき

では、また今度。 和紙商小野商店 河手


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

▼和紙や小間紙、別注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
和紙商小野商店のお問合せフォームから又は下の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに移動します。

タグ:パリ 展示会 PARIS_DESIGN_WEEK マレ地区 別注 手漉き 大判和紙 タペストリー 商空間 インテリア

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。