『知ってるようで知らない、焼き芋事情。』 連載コラム3月号

2015/03/23 21:00
投稿者: ash-argent カテゴリ:コラム連載中

人間なんでも過去の経験に囚われると
損をしてしまうことってありますよね。

皆さんは、そんな経験ってありますか?

今回はちょっとティーブレイクな話題ですが、
私は最近、過去のイメージを払拭した経験があります。
それは、「焼き芋」です。

「えー、焼き芋やろ~?」ってよく笑われますが、
そんなイメージを一変させた「最近の焼き芋」事情。

スーパーへ行くと必ずキョロキョロと探す機械があります。
ご存知でしょうか?最近の「焼き芋製造マシン」。


野菜コーナーあたりに、
その場で焼き上げる機械が並んでいて、

外見は“のぼり”が立っていたり、焼き上がり時刻が
表記されていたり、台に石を引いて、その上に
紙に包まれたホクホクのお芋が並んでいます。


そこで焼けるお芋は、すごく“しっとり・滑らか~・甘くて”、
ケーキやスイートポテトを食べている位
「野菜ではなく、もはやお菓子の領域の甘さ」で、
大体 200~250円位で買えます。


一昔前の焼き芋って 軽トラで売りに来たり
新聞紙で包んだり、ホイルに巻いて枯葉と焼いたり…
絵で描くとなんだかそんなイメージでしたが、

難点だったのは、家で蒸かしても
どうもホクホク・バサバサとして 
飲料がないと喉がつまりそうで、どうも苦手でした。


最近出回っている、この「お菓子の領域の 焼き芋」

昔と違う原因に、使われる芋の種類が変わったのも1つですが、
何よりうれしいのが 
蜜が多いお芋のため、お菓子と違い砂糖など加えずに
本来の甘みを加熱で最大限に引き出していることです。

そのため最近 家でちょっとケーキを食べたい気分のときは
まずこの焼き芋マシンを探しに行きます。


(※焼きあがるお芋は、「安納芋」「紅天使」「甘太郎」など
お店によっても種類が違います)


ただこの「お菓子の領域の 焼き芋」の難点は、

皮の表面に「蜜」が溢れて付着している場合があるのですが、
気をつけないとこの蜜、接着剤か糊みたいに案外、強粘着!

お湯と石鹸で落とさないと落ちない事もあるので、
パソコンをしながら食べたり、外で食べる際は要注意ですよ。笑

しっとり・滑らかで、十分な甘味があるので 
今度はペースととしてトーストに塗ってみようかな~とか
考えたりもしていますが、

今日のおやつに一度探してみませんか?

----------------------------------------
ash-argent DESIGNSTUDIO (アッシュ・アージェントデザインスタジオ)

☆春コーデにおすすめのファッション雑貨色々掲載中!

◎(新作・納品情報も更新中)https://twitter.com/ash_argent
◎ホームページ http://ash-argent.hacca.jp/trish_trion/ashargent_designstore_trishtrion.html

新商品のご提案や、お仕事もお気軽にお問合せ下さい!

▼【神戸栄町カモメビルTRISH-TRION】 さんでお取扱い中!
神戸カモメビルTRISH-TRION

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。