南海トラフ地震、大阪府内の94%断水 政府試算の2倍

2014/01/24 13:00
投稿者: kammera 


(朝日新聞デジタルより引用)


 東日本大震災を受け、南海トラフ巨大地震による被害想定を検討している大阪府は24日、府内の給水人口の94%が被災直後に断水するとの試算を公表した。自宅に戻れない帰宅困難者は最大146万人にのぼり、建物やライフラインなどの経済被害は28兆8千億円との見通しを示した。

  府庁で開かれた南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会(部会長=河田恵昭・関西大教授)で示した。

  前提は、東海沖から九州沖まで続く南海トラフを震源域とする、東日本並みのマグニチュード9・0~9・1の巨大地震だ。

94%で断水 

ほぼ全域といってもよいぐらいの断水が起こります。

飲み水はペットボトルでの備蓄などで対応できますが、
生活用水までは確保できません。

そんなときのために用意しておかなければならないのが
水がなくても使えるトイレです。

「マイレット」 は抗菌性凝固剤をふりかけて
汚物を固め可燃ごみで捨てるだけの簡単トイレ
処理セットです。

飲食物はまわりにあるもので代用できますが、
トイレ(水洗)は流せなければ全く使い物になりません。

仮設トイレも限りがあり、トイレで困るのは明らかです。

ぜひこの機会に、災害用トイレ「マイレット」を
ご検討ください。



企画営業部 久保



 

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。