上に戻る

「このひとに聞く『我が社に欲しい人材』」シリーズ~連載を終えて~

2012/07/12 15:00
投稿者: kitaguchi 
ずい分久しぶりのブログ更新となりました!

昨年夏ごろから、女性のキャリア・転職情報サイト「フォーダブルキャリア」(http://www.fourw.jp/)の中で、「このひとに聞く『我が社に欲しい人材』」シリーズというコーナーを担当し、毎月一社、一年間で12社のインタビュー記事を掲載させていただきました。

今月で一応最終回となり、ホっとするところもありますが、約1年間、毎月の連載ということ、インタビュー相手(企業)を見つけないといけないことなど、たいへん勉強になることがたくさんありました。



これまで連載は4ヶ月(4回)くらいしか経験がなく、しかも自分自身で記事が書ける内容だったので、
ターゲット企業の選定→アポ取り→インタビュー訪問→原稿起こし(→確認→修正)→納品のサイクルを、(他の仕事の合間を縫って)毎月繰り返すことは、なかなかハードで、いつも締切ギリギリ、インタビューに協力いただいた企業さまや関係者の皆さまには、ずい分ご迷惑をおかけしました。
女性経営者の登場の機会を増やそうという思いから、女性経営者と男性経営者とを毎月交互のご紹介することをポリシーにし、女性経営者の方々には快く引き受けていただきました。
また、ほとんど初対面の経営者も数名おられたのですが、皆さん快くお引き受けいただき、長時間のインタビューや社内の見学に対応いただきました。改めて、感謝とお礼を申し上げます。

インタビュー記事の執筆・掲載に当たっては、シリーズとしての主旨や一貫性を保ちつつ、毎月の各社さまのアピールポイントを紹介させていただくように、工夫したつもりです。当然のことですが、WEB掲載という
ことで、ターゲット層は(女性、キャリア、転職というキーワードはあるものの)不特定多数であり、コンテンツの提供者にとって、デメリットが生じないように気をつけながら、このコーナーの主旨を理解し納得・共感していただける記事を目指して努力してきました。


ここでは、毎月の記事ついて、企業名とアピールポイントのごく一部だけをご紹介させていただきます。
(奇数番号が女性経営者、偶数番号が男性経営者。業種は、製造業からITベンチャー、医療・介護まで様々です。)

⑫ハグルマ封筒株式会社
  女性には「感性+経営知識」の両面を磨き、お飾りではなく「稼げる人材」になって欲しい

⑪株式会社ディプロム
  自分の会社だと思って、自分の能力を高める環境を 自分で創り出せる社員であってほしい

⑩石堂硝子株式会社
  会社の価値観と自分の価値観の両方を持って行動する自立した社員を求めます
  for my lifeプロジェクトで、人生を濃く生きる ワーク・ライフ・シナジーを考えています

⑨司法書士事務所ともえみ
  経営者の思いに共感できる人、同じ価値観を共有できる人を求めます

⑧株式会社万福
  資格取得応援制度で、社員の資格取得を応援しています。 社長もチャレンジしています。

⑦日本電子工業株式会社
  職場での自分、家族と過ごす自分、プライベートな自分、女性の人生を3倍楽しんで欲しい!

⑥クリロン化成株式会社
  女性には、男性のように働くのではなく「女性として」働く存在であってほしい!

⑤株式会社プロアシスト
  働き方の「多様化特許」を持った会社で力を発揮して欲しい

④株式会社ナビバード
  何をすべきか、前向きで先を読む情報力、判断力をもっていて欲しい

③株式会社メルキュール
  会社の成長と個人の目標のベクトルが合っている幸せを感じて

②医療法人三宝会 南港病院
  自分が属している社会・組織を大切にし、愛してくれる人材が欲しい

①株式会社ユミコーポレーション
  資格や専門知識だけでなく、人間としての魅力を磨いておいて欲しい

記事の詳細、全文は、このひとに聞く『我が社に欲しい人材』シリーズ(http://www.fourw.jp/srs/2/)をぜひご覧ください。

シリーズを通じて、「人間力」「ベクトル」「あいさつ」「価値観」などが、複数の企業から共通してお聞きしたキーワードです。さらに、最終回には、共通ポイントとして、次の3つを挙げさせていただきました。

 ・企業の目指す方向や価値観を共有できる人
 ・自分の人生や家族を大事にできる人
 ・女性であることに甘えず驕らず、誠実で向上心のある人


人材をうまく育成し活用している企業が、どんな考え方をしているか、経営者や管理者の方々にも、そして、求職中の方や自分のキャリアに悩んでいる方々にも、一片の参考になれば嬉しく思います。
 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。