弊社の圧縮バネ

2011/11/02 16:00
投稿者: nozaki カテゴリ:圧縮バネ(押しばね)
 圧縮ばね|押しばね一見したところなんの
特徴も無いように見られますが、巻き始め・巻き終わりの
コイル径が微妙に変わったり、コイル部中間径は少しですが、
細くなったりしますが、そのような事を予め予測して寸法通りに
仕上げます。

直角精度はJISの規定でも決められているほど重要なバネの要素ですが、
それには座付き方やピッチの微妙な変化・研磨処理を克服しなければなりません。
そのように出来たばねが精度の高いバネの特性を持つバネです。

例えばこのように「スット」立ち姿が弊社ユーザー様より
好評を得ています。

SUSφ2×内18×有11×座各1×高110 研有(金型部品)

圧縮バネ(スピンドル部品)

座付き研磨部
座付き

ピッチの均一性
ピッチの均一性


タグ:圧縮バネ 直角度 荷重

 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。