ステンレス鋼の低温特性

2011/07/15 09:00
投稿者: nozaki カテゴリ:ばね用材料
 

ステンレス鋼の低温特性

多くの鉄鋼材料は低温で脆性を示しますが、面心立方晶金属であるニッケル、銅、アルミニウム等は
低温で脆性を示す事は無いです。

ステンレス鋼では低温で靱性が保たれるか、脆性を示すかは金属組織によります。
例えば13クロムステンレス鋼や18クロムステンレス鋼等のフェライト系・マルテンサイト系では
低温脆性を示しますが、18-8ステンレス鋼のオーステナイト系ステンレスやニッケル基合金は
脆性を示す事は無いです。

下図は各種鋼材と非鉄金属の常温・低温における衝撃靱性を示したものです。

 

各種金属の常温及び低温の衝撃波



 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。