オール電化 裏目に・・・

2011/03/23 21:00
投稿者: kammera 

普及の著しいオール電化ですが、原発が使えなくてかえって電力不足に拍車がかかってるようです。

読売オンラインより

東京電力が、給湯や調理などすべてを電気でまかなう「オール電化住宅」の普及を推進してきたことが、今回の電力不足に拍車をかけている。

 この3年間で戸数が倍増し、最大で原子力発電プラント2基分にあたる約200万キロ・ワット分の電力消費能力が増えた可能性がある。東電は、東日本巨大地震後、計画停電をせざるをえない状態で、オール電化の普及策は抜本的な見直しを迫られている。

 東電によると、管内9都県のオール電化戸数は2002年3月末時点で1万3000戸だったのが、08年3月末に45万6000戸になった。10年末には85万5000戸に倍増した。「原子力は発電時に二酸化炭素を排出せず、地球温暖化の防止につながる。省エネにもなる」とアピールし、電気料金の割引を適用してきたが、急速な普及策が裏目に出た形だ。

最終更新:3月23日(水)14時42分

読売新聞


かつてガス関係の仕事をしていた時、オール電化を阻止する部隊にいました。

当時はIHの電磁波や設置スペースなどネガティブな部分をキャンペーンにしてましたが、実際には簡単に止めることができない原子力発電所の余剰電力を消費するために深夜電力を安くしてるって話も聞いたことがあります。

ともあれリスク分散という観点からはなんでも一元化するのはよくないですよね・・・。



マイレット事業部 久保









 

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。